2005.12.30

嗚呼、家畜国...の巻


 インターネット上のヘッドラインニュースで久々に面白い記事を読むことができた。

 http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/job.html?d=30mainichiF1231m016&cat=2&typ=t

「毎日新聞」配信の記事(12月30日・紙面では31日づけ)は、派遣労働者の置かれている状況を体験すべく、記者自らが現場に潜り込んだ取材場面からはじまる。「軽作業」を申し込んだハズが、派遣会社によって送り込まれたのは25キロを超す荷物をコンテナから降ろすという「重労働」。1日働いて6700円にしかならない“職場”には20〜30代の男たちが同じようにして派遣会社から送り込まれていた……。

 詳しくは当該の記事をお読みいただきたいが(リンク切れの場合は図書館等で検索なさることをお勧めします)、ここで報道されている内容が派遣労働者のごく一面にすぎないことを加味したうえでも、この国が進みつつある将来が暗澹たるものであるように感じられてくる。同記事によれば、厚生労働省が27日に公表した有効求人数に占める非正社員の比率は56.7%。正社員を大幅に上回っているという。回復傾向にあるらしい日本経済の陰には、こうした実態がある。

 年末におよんで罵詈雑言というのも気がひけないわけでもないけれど、八王子市(東京都)で起きたアメリカ合州国兵によるひき逃げ事件に関してはひとことぐらい触れておく必要があるだろう。事件の概要についてはご存じの方がほとんどだと思うので省略するが、一方的な相手の言い分によって「公務」中と判定され、裁判にすら持ち込めないことの意味を、日本国民はあらためて考え直すべきではないか。仮に“過失”レベルで事故を起こしたとしても、その後の適切な処置を怠ったとすればこれは立派な犯罪である。こんなことが許されるのであれば、一般市民に銃を向けることさえ許されるであろう。経過を監視していきたいと思う。
 ところで、これは単なる思いつきにすぎないのだが、刑事で立件できないのであれば、民事で思いっきり責任を問うことはできないのだろうか? アメリカ合州国の慣例(?)となっている莫大な賠償金裁判を容疑者本人と管理者としての米軍、アメリカ合州国政府、そして植民地的扱いに甘んじている日本政府に求めればいいのだ。法的な根拠はさておくとして、大いに怒りの声をあげるべきであろう。

 一方で、こんなニュースも目にした。

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-12-30/2005123001_02_1.html

 嗚呼、家畜国ジャパン!


 話は飛んで……、年末ということでちょっとした大掃除を試みた。まぁ、ノタクタと作業していたのでたいした成果はなかったのだが、比較的暖かだったこともあって布団を干せたのがうれしい。
 で、ネコどもも気持ちよさそうな午後であった。


bonntanunbo2113

bon2118

tanunbo2117

tyobi2114


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.28

ネコベッド・・・の巻

tyobis2092

 以前このコーナーで紹介したカンガルー型ネコベッドで「ちょび」がのんびり。


tyobis2091

 新潟県関川村の名産品に猫ちぐらというものがある。むかしから農家が子守りの手間を省くために使っていたという「稚ぐら」を民芸品に発展させたもので、稲ワラで編みあげてある。たいていのネコがこのなかで寝るようになるといい、発売から20年前後経っていることから、愛用者(ネコ?)はそれなりの数にのぼるのではないだろうか。ウチにふたつあるネコベッドもこの猫ちぐらに近いもので、置いておけば不思議とネコがくつろぐようになる。
 2〜3日前、表から帰ってきた「ぼん」がもうひとつのネコベッドに入ろうとしたらすでに「ちょび」が寝ていて、ちょっとした騒ぎになった。こういう穴蔵に入るっていうのは、イエネコに残る野性の名残りなのだろうかねぇ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.22

ちょびのあれこれ。。。の巻

tyobi2066

「ちょび」もだいぶ成長してきた(ちょっと痩せているようにも思うが)。寝ているか遊んでいるかといった日々で、それなりにシアワセなのではないかと思うけれど、その様子をみているこちらもシアワセな気分になってくる。


tyobi2061

 わが家にきて、早くも2カ月半が過ぎた。ストーブの前でくつろいでいる姿などをみると、ほんの一瞬の出会いが運命を変えたものだとつくづく思う。「ちょび」を保護できたのは、いくつかの偶然が重なっていたからだ。


tyobi2071

 しかしなんにせよ、無事に育ってくれているようで、飼い主としてもうれしい。


tyobi2073

 食べものの好き嫌いはあるようで、カンヅメをあげると喜んでガツガツ食べるときもあれば、あまりうれしそうじゃないときもある。無難なのはカリカリ。そのほか「ぼん」のニボシを失敬して、転がして遊んでいることがよくある。最後は食べるようなのだが、ときどき廊下にニボシのアタマが転がっていたりするのが困りもの。
 ご覧のとおり、シッポがやや長め。リスとかネズミとか、別の小動物のようにもみえる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.18

アメリカおもちゃ・・・の巻


 17日の夕刊やらテレビニュースやらで、品のない薄笑い浮かべたオヤジがアメリカ合州国製のオモチャに乗ってうれしがっている姿が“報道”(これをタレ流しにしたすべてのメディアに聞きたいが、あんたら、まっさかこんなのを報道だとは思ってないよな?)があった。オレの場合、夕飯直前に「朝日新聞」の夕刊を開いてタマタマこんなのを見せられてしまったがために、せっかくのメシがクッソマズくなった。どうしてくれるんだ!?
 まぁ、この件についてはいずれ本館の「アトリエ猫池」で触れるかもしれないのでここではいったん置いておくとして、こんなぢうしようもない(字注意)ニュースが氾濫するテレビや新聞なんぞをみているよりは、ネコと戯れているほうがよほど人生のためになるというものだ。


taninbotyobi1819

 このところ冬らしい気候が続いているなか、それを反映していると思われるのがネコどもの寝姿。


taninbotyobi1813

 外出から帰宅したときに、ネコが暖かな部屋で寛いでいるのをみるととてもホっとする。「ぼん」だけはわりと表で遊んでいていないときも多いけれど、それでも夜の帰宅はいくぶん早めになった。日中は3日に2日は出ずっぱりで、いったいなにをやっているのかと思うが、ネコはネコなりになにかやることがあるのであろう。寒いのにご苦労なことである。


tyobi1804

 メディアも、あんなお下劣パフォーマンスもどきなんか無視して、そのぶんネコの寝姿でも流すなり載せるなりするほうが世の中のためになるんじゃないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.14

ティータイム...の巻

tea2043

tea2042

 ネコの個性というのもいろいろで、それぞれの性格や行動のクセを観察しているととても面白い。
 このごろ「ちょび」が覚えたのがお茶飲み。
 湯のみに手を突っ込むと、指先あたりの毛にお茶が染み込む。で、それを舐めるのである。よほど美味しいのか、わりといつまでもやっていたりする。
 家のなかに慣れてきたころ、ひとがコーヒーなどをいれていると近くに寄ってきてポットやカップのあたりをウロウロしていたものだが、実際に口にするとは思ってもみなかった……という話。


 あとはこういう遊びか……。


bontyobi2044

bontyobi2045

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.06

ぬくぬく...の巻

tanunbotyobi2038

 師走の声を聞いたと思ったら、すっかりと寒くなりMASITA。


tanunbotyobi2040

 ネコをみていてうらやましいにゃぁと思うのがこうしたワンシーン。
 昼間、ネコ部屋をのぞいてみたらイスの座布団で「ちょび」が寝ていたのだけど、ひとの気配で目覚めちゃったのはいとして、「にゃー」と妙に甘ったれた声を出して起き上がるや、そのまま「たぬんぼ」が寝ている箱(温熱シートつき)のなかに乱入。ちょうどこんな格好で寝てしまったのでした。


tanunbotyobi2041

「ぼん」がせめて1メートルぐらいあれば布団がわりにできるのだけど・・・。
 ワケあって昨日から声がガラガラ。ついでながら……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.20

温か...の巻

tanunbotyobi1875

 「ちょび」と「たぬんぼ」が箱のなか。。。

 小型のダンボール箱を利用したネコ箱にはペット用の電気カーペットが敷いてあるのでいくらか温かいようだ。日中の「たぬんぼ」はもっぱらこの箱のなか。ときどき「ちょび」が乱入して一緒に温まっていたりする。同じような箱はもうひとつ出してあるのだけど……。


tanunbotyobi1876


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.17

サッカー観戦...の巻

soccer1881

 サッカー、日本代表対アンゴラ代表戦。
 ネコ部屋(なんとエアコンとテレビつきなのである。ネコの部屋なんだけど)でテレビ観戦してたら、「ちょび」がじゃれてMASITA・・・。


soccer1883

 このあと、庭で「ぼん」と追いかけっこに興じていたのは、サッカー観戦の興奮の余韻ゆえか???


soccer1884

 でも「手」は使っちゃダメだよ。ちょび。えっ? 前足だ? そりゃ失敬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.12

取っ組み合い...の巻

bontyobi1834

 なんだか「ぼん」と「ちょび」がなかよしである。
 ネコは親子関係を大切にする傾向があって、実際の親子での子育てを観察するのも楽しいのだが、この場合はオス同士の他人である。でも、年長者がオヤの代わりを務めているようで微笑ましい。
「ぼんちょび」と続けて発音すると、「ボンジョヴィ」を思い出しますにゃ。ついでながら。


bontyobi1837

 しかしこんなものを撮っているほうもほうなのだが……。


bontyobi1838

 あーあ...。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.09

逆転?・・・の巻


 深夜。居間のソファーをみたら、「ぼん」と「ちょび」がこんな具合。


bontyobi1825



 昨夜の「ぼん」はオフクロのベッドにもぐり込んで、枕の半分以上を占拠して明け方までぐーぐー寝ていたらしい。甘えんぼうなのである。で、今夜の相手が「ちょび」なのだが・・・


bontyobi1827

 この場合、子ネコの「ちょび」が甘えているんじゃなくて、「ぼん」が「ちょび」にしがみついているところがミソ。

 ↓「なんだかにゃぁ・・・」(ちょび)

bontyobi1830

 で、最後は「ちょび」が逃げ出したのだけど、かなり強い力でしがみつかれていたらしい。


bontyobi1831

 じつは、この直前はもっといい雰囲気だったのだが、カメラを構えたとたんに目を覚ました「ちょび」、ブラブラしているカメラのストラップに目がいってキョロキョロしたのはいいとして、タイミング悪く小さな羽虫まで目の前を飛んでいく始末。それで「ぼん」の至福のひとときが破られちゃったんだよねぇ……。


tyobi1811

 平和な夜の一幕でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)