2016.11.04

嗚呼、ショパン散歩・・・の巻

Chopin_0671

  憧れの逸品……。

Chopin_0630

  という次第で、ショパンの生家にやってきた。わが憧れの地である。やってきてしまえばなんということはないが、ともあれあの家が目の前にある。

Chopin_0661

  左からフレデリックショパンの姉ルドビカ、母ユスチナ、父ニコラス、妹イザベラ。ほかに14歳で早逝した妹エミリアがいた。

Chopin_0666

  たぶん全ピアニストにとって羨望の1台なのに違いない。

Chopin_0714

  庭園は後世に設えられたのであろうが、こんな小川のほとりで釣り糸でもたれて1日をすごしてみたいような気もする。もっとも当日は10度あるかないかで寒空に震えあがっていたが(笑)。

Chopin_0728

  昼食も生家のある公園内で。

Chopin_0716

  夏場の週末は、生家前で野外コンサートも開かれているという。この日は土曜日。残念ながら季節外でひっそりとしていたが、この寒さではピアノを弾く手もかじかむだろうと妙なところで納得してしまった。しかし、この季節のおかげで色彩があでやかなのである。

Chopin_0611

  バス停にはショパンのイラスト。

Chopinm_1003

  ワルシャワに戻って、こちらはショパン博物館である。あいにく日曜日の訪問になってしまったが、おかげで無料で観覧できた(日曜日のみ無料解放)。ただ、入ろうとしたら入口のおとっつぁんが「チケットを」と宣告。無料のハズだがと要領を得ないままレセプションを訪れたらカード式の観覧券を無料で手渡してくれた。ようは、これが館内での楽曲や解説ビデオの再生などに用いられているワケである。

Chopinm_0885

  もちろんこちらにもショパンのピアノが。ご覧のとおり、現代のピアノと比べて音域が狭い。鍵盤幅もやや狭く、9度であれば楽々、10度もどうにか指が届くほどであった。鍵盤のタッチが軽く、ペダルの効果も現代のピアノとはだいぶ異なるらしい。残念ながら手を触れることはできないが、ショパンの自筆や原典版の楽譜をもとに、その音色を直に味わってみたいとも思う。

Chopinm_0899

  展示内容は充実しており、時間が経つのを忘れてしまうほどであった。

Chopinm_0890

  自筆譜の展示も多数(コレは、大好きな曲のひとつ「幻想ポロネーズ」)。じつはこれら自筆譜も目的のひとつで、生家にしろ博物館にしろ、自筆譜のファクシミリの販売があるのではないかと密かに期待していたのである。もしあるのであればほしい曲はいくらでもあって、いちいち挙げればキリはないし相場の想像すらつかないままやってきたが、10万、15万円の散財は散財にあらずといった程度の予算を立ててはいたのであった(“爆買い”といえるかどうかはいざ知らず)。が〜……。残念ながら「くったんごおぷそ(そんなものはないわ)」。では、古典的なマズルカやポロネーズなどポーランドの民族音楽のCDでも……と思ってはみたが、こちらも残念な状況であった。

Chopinm_0871

  一方で驚いたのがコレ。何カ所かで楽譜を見ながら楽曲をヘッドホンなどを使って楽しむことができるのだが、その曲目がイカしていたのだ。この楽譜をひと目見て曲名がわかるひとはちょっとしたショパン通といえるかもしれない。オレ自身、その存在をすっかり忘れていたどころか、耳にしたのはたぶん30年ぶりぐらいである(「3つのセコセーズ」OP.72〈遺作=死後に出版。16歳のときの作品といわれる〉)。あえて“王道”を避けるのがポーランドふうということなのだろうか(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Chopinm_0905

  イラストレーター・ショパンо(^ヮ^)о

Chopinm_0902

  デスマスクと毛髪。ショパンにしろモーツァルトにしろ、あまりに短い生涯であった。仮にもしもっともっと長命だったら、どんな曲が生まれた……どころか音楽史すら異なるものになっていたかもしれない。もしショパンが生まれなかったらという仮定でもまた然りではあろうが。

Warszawa_7099

  ショパンが洗礼を受けたというワルシャワの聖十字架教会。ショパンの心臓が安置されているという。
  この日は日曜日。賛美歌の澄み切ったハーモニーに耳を澄ませつつ、カトリックの礼拝情景を垣間見るのも悪くないと思った。

Lazienki_0701

  ワルシャワのワジェンキ公園にあるショパン像。さすがに観光客が大勢。リスト像もあるのだが、カメラを向けているひとを見かけることはなかった。単に知られてないだけなのかもしれないが……。

Chopinm_0862

  街角にもショパンの楽曲が。
  つづくо(^ヮ^)о

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.04

庭模様...の巻


 ただいま大韓散歩中でございますo(^ヮ^)o ちなみに、今回のメインディッシュは楽しいミュージカル観劇(別画面で話題沸騰のミュージカルが!?)。ソウル大学路の「トンスンアートセンター」で7月30日まで上演中という情報を偶然キャッチしてしまい、「じゃぁしょうがない。行くしかないや」。でも切符が入手できるのか否か?
 しかしコレ、つくり手の意図とは別のところで抱腹絶倒してしまいそうな予感もあるんだよねぇ……。
환상의 커플公式サイト
 ついでながら、「ファンタスティックカップル」とはいっても、イェスルが出るワケじゃないので念のため。

Mogura0384

 で、わが家の玄関前にナゾの地割れが?

Mogura0385

 正体はコレ。できれば掘ってる現場に遭遇したかった。
 そんな写真を撮っていると...。

Mogura0387

 ちょび参上(>_<)!

Jagaimo4833

 一方、庭のジャガイモがちょっとした豊作。

Jagaimo4834

 掘って2〜3日は陰干しをするのだが、思いきり陽を受けてますにゃぁ。

Jagaimo4835

 現場。

Yasai4836

 まだイロイロなるのだ。

Dangomusi3979

 そんな庭だが、目をこらしてみれば小さな生き物たちが大勢いる。

Dangomusi3983

 このクソ暑いときになにやってんでしょうね(笑)。

Leesoomi0099

 前回アップのオマケ。うなぎやとはあいやいやいやい。そういや土用のころあいでありMASITA。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.17

“原典”の愉しみ(予)...の巻

Tyobi3941

 じつは、ただいま大韓におります(笑)。予報によればソウルは快晴つづき。さぞや快適にすごせていれば・・・ええにゃぁ……。

Balletsrusses

 さて、つい先日、音楽家デラTのところに行ったところ、「これみた?」とNHK番組の録画をみせられた。モノはストラビンスキーのバレエ「春の祭典」ほかである。とても好きな作品で、かつてベジャール演出のステージを鑑賞したときにも心底シビレまくったものだったが、ヤツの録画のもすごかった。もちろんそのスジでは有名なのだけれど、パリでの初演(1913年5月)時の復元公演なのである。振付や衣装、舞台美術を再現、もちろんオーケストラもライブだ(とあえて記すのは、なんでか録音公演ってのが幅を利かせてるからねぇ。ベジャールのときもご同類でさ、せっかくホールに脚を運んでも「おけ こらじはごぬん」だから。「そりゃ予算の問題だよ」とデラT)。
 で、そんなのをみせられたらイテモタテモイラレズ、さっそくネットで検索してコイツを入手したのでありMASITA。曲やらバレエやらの解説をすると長くなっちゃうので一切を省略するけど、なんつうか「春の祭典」とはなんぞやとあらためてビリビリしてしまったものだ。マズイよねぇ。でも現地ライブでみたいなぁo(^ヮ^)o

Potemkin

 踵を接して買ったのが「戦艦ポチョムキン」の同じく復元版。
 ご存じのとおり、一般にはショスタコービッチ♪のシンフォニーが用いられている同映画だが、こちらは往時のマイゼル作曲による劇伴。フィルムも検閲などで四散した部分を含め復元されたといい、もっとも原型に迫った内容というふれ込みである。
 じつはこのマイゼル版、記憶が間違いなければだが二十数年前に東京の草月ホールで再現されたハズで、そのテレビニュースの数十秒で飛び込んできた音楽に、その瞬間完全に持っていかれてしまったのだった。その後、ふと気がついてビデオの販売などをネットで調べてみたところ、商品そのものは存在していたのだがすでにほとんど流通しておらず、「取り寄せ」条件で購入手続きをしても結局は入手できなかったのである。今回の入手はそれとは異なる盤だが、たぶん同じ版のハズ。が〜。草月ホールのときの(ほんのちょっと聞くことができた)曲は、もっとアバンギャルドというか、たとえばヒンデミットのある種の作品に近い音色(おといろ)を持っていたような気がしないでもない。それはそれで気になるが、久々にみてみれば、映画そのものにもシビレたのでございます。

Malcomx01

 という流れで、今回は「原典版ウンチク」でもやろうかと思い、2〜3年前に買った「マルコムXスピーチ集」なんかをCDプレイヤーに載せてみたりしていた(たしか500円でゲット。購入場所は知るひとぞ知るィ横浜の「スージー・ウォン」である)。
 というのは、かつて原典解読に凝った時期があって、ふとそんなことを思いだしたのである。なかでも凝ったのがクラシック音楽の解読だったが、研究者にしろモノ書きにしろ、音楽にかぎらず可能な範囲で原典にあたるというのは基本中の基本。まっ、あーもっと外国語の勉強を真面目にやっときゃよかったとしみじみしみしじみしみじみするほかはないのだが……。しかも、少し前に取材の下準備のためRに借りた「春のワルツ」のDVDをみていてにわかにショパンのスケルツォを弾きたくなった(弾けませんがね)。ところが「そうだ原典版だ!」とばかりにはりきって書棚を覗いてみてもスケルツォはおろかあるハズの原典版楽譜の類がみあたらず、代わりにジョンケージのなんだかが発掘されたりもしたけど、そうこうしているうちにそんなヒマもなくなってきちゃったしということで、ウンチク話はまたいずれ(笑)。あまりマニアックになっちゃってもアレだしねぇ……?

Youkaisong01

 原典版のあれこれは発掘されなかったけど、足立倫行さんにいただいたCDがひょっこりこんにちは。
「いやぁ、ナカナカイイヨ」と手渡されたそのまんまの内容。しばらく脚を運んでないけど、境港も大賑わいのようだ。

Naminara01

 同じところにあったキーホルダー。コレ、ナミソム(あの「冬のソナタ」のロケ地ですにゃ)を取材したさいに「こりゃぁ……」と思いつつSにでもくれてやるかと買ったのをすっかり忘れていたのであった。が〜。件の地震のとき、最初の揺れで十数時間の停電に遭ったのだが、ふと気づいたら真っ暗なかなでコイツが光ってたんですよ。最初は「なんだ、こりゃ?」と訝ったのだけど、「ぁあ、すっかり忘れてたたヨ。でも明るいねぇ、アンタ」ってなふうで。そんなワケでSにプレゼントするのをやめて部屋に飾ってあるのであった(カメラで撮るのが面倒だからスキャンで手抜き)。
 それにしても。なぜサソリなんだろ???

Tyobi3940

 ネコどもはこんな具合。基本的には寝てばっかだからねぇ……。

Tyobi3942

 ちなみに、デラTに「きゃわゆいでしょ?」と「ファンタスティックカップル」をつき合わせたら、わが愛しのサンシルを指して「だって、もう見た目からしてキライだもん」だってさ。なんかキライな女に似てるからという主張なんだが、とても似てるとは思えないですがねぇ。まっ、S曰く「ヤツは目が腐ってる」(7〜8年前の感想)からいいんだけど(笑)。そうそう。ヤツは「イサン」のちょっとした名脇役「カン尚宮」の大ファン。ドラマをみながらきっとそうだ、「こんど会ったら真っ先に確かめよう」と思っていたとおりだったのが「長いつきあいだからねぇ……」。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.03.16

ちょこっと音楽の話、...の巻

20part1

 唐突ですが本の紹介。
 裏方の仕事はあまり公開しない主義なんだけれど紹介しておきます。本書『二十歳の原点ノート』(高野悦子著。カンゼン刊)はベストセラーかつロングセラーのリバイバル版。ちょっとねぇ……。あれこれ感じさせられるところのある内容なので、ぜひお手にとってくださいませ。この続編になる『二十歳の原点序章』と『二十歳の原点』も近日発売予定であります。

Kalkbrenner

 話はかわって。
 だいぶ前に、当ブログ「嗚呼、カルクブレンナーの巻」でカルクブレンナーのピアノコンチェルトについて情報を求めたところ、コメントでありがたい情報をいただいた。紹介していただいたのは「HMSLP」というサイトだが、おかげさまでスコアを入手することができMASITAo(^ヮ^)o あらためましてありがとうございます。
 で、ついでに調べてみたら、近年になって注目度ががぜんアップしてきたらしく、この曲の日本初演(?)もあったとかなかったとか。しかし、ショパンに影響を与えた作曲家としては知られている人物であるし、このコンチェルトもそうした豆知識的に流布されてきたハズ。曲も親しみやすい内容であり、逆にいえば、いままでコンサートのプログラムに載ってこなかったことのほうが不思議に思えてくる。ご興味のある方は、ぜひCDを探して聞いてみてほしい。

Shostakovich_4

 初演といえば、かつてショスタコービッチのシンフォニー第4番のを聞きに行ったことがある。こちらはちょこっと難解なふうでもあってなかなかオススメはしづらいのだけど、久々にカルクブレンナーのCDを取り出すさいにゴソゴソやっていたら、このシンフォニーのピアノソロ版が出てきた。
 じつは、ひところオーケストラ曲のピアノアレンジに凝ってた時期があって、この曲や同じショスタコービッチの13番や15番などを2手ないし4手用に編曲しては遊びで弾いたりしていたのだった(うち13番の第1楽章はMIDI化してあるので、版権などの問題がなければアップしてもいいのだが……)。
 ちなみに、4番のほかに10番のピアノ版のCDを入手しているが、タマに聞くと同じ曲なのにだいぶ新鮮な感じがして面白い。ついでながら、この4番では第1楽章再現部がメリメリ(feat.横山剣)っときMASU。

Shostakovich_15

 そういや、15番をピアノとバイオリン、チェロ、チェレスタ、パーカッションにアレンジしたこんなCDも出てきた。大好きな1曲。とくに最後のcis音がイヤ〜ンな響き。

Field

 こちらは、カルクブレンナーとならんでショパンが影響を受けたとされるジョン フィールドのノクターン集。正直なところさほどの感銘は受けなかったので研究用(?)か……。

Bennygoodman

 あと、今週買った1枚がコレ。なんか突然聞きたくなったんです。「そうだ、ベニー グッドマンがいい!」ってな感じで。名高い「sing,sing,sing」あたりに、ごく幼いころ「メリッ」ときていたような気もするのだが、こういうフラッシュバック的になにかを聞きたくなることはよくありますよね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.04.06

嗚呼、カルクブレンナー...の巻

Nanohana_2481

 都心ではすでに桜も終わりのようだが、暖かいとよく誤解されているわが家の近所ではここ2〜3日ぐらいで満開を迎えそうな気配だ。大平洋に近いし確かに都心よりは南なんだけれど、背後(といっても5〜6キロ以上あるが)に台地を控えていて、盆地のような要素があるのかもしれない。この冬、千葉市あたりで最低気温が0度ぐらいだと、家のあたりでは氷点下5度ぐらいまで下がっているときがあったようだ。
 で、桜もいいのだけど、千葉といえばやはり菜の花である。毎年、「今年こそは庭中を菜の花に……」と思うのだが、単に思いつくだけなので今年もまた来年のお楽しみである。


Hanohana_2480

 春になって心地いいのか、「ぼん」と「ちょび」が家の外の物置きで昼寝をしているのをよくみかける。最初に寝床をみつけたのは「ぼん」。そのうち「ちょび」も便乗するようになった。せっかくせいせいしていたと思うのだがねぇ……。


Bons2548

 ところでまったく関係のない話。
 カルクブレンナー(Friedrich Kalkbrenner.1785-1849)という作曲家がいる。一部の愛好家か研究家ぐらいにしか知られていないような作曲家だが、ピアノコンチェルト(Op61,d-moll)はその後のショパンに影響を与えたという説もあり、かねてから興味を抱いていた音楽家のひとりである。CDはアメリカ合州国のあまりみかけない会社から出ているのが確認されていて、だいぶ前にわけあって2セット(ほかにショパンやフンメルのコンチェルトが入っている2枚組)買ってしまい、ひとつは音楽家Sにプレゼントしたことがある。このカルクブレンナーのコンチェルト、なかなかいい曲なんだけれど、なぜか楽譜が手に入らない。日本一の蔵書といわれる某音楽大学の図書館で検索したり、Sが海外に渡航するたびに託してみたりしているが、じつにあしかけ20年以上も入手を渇望しているというシロモノなのだった。その譜面が、このたび入荷したという知らせが某販売店からあり(昨年末、ふと思い立って注文してみたのだが)、店に出向いてみた。パリから取り寄せてくれたというその譜面は1103円(愚税込み)。なんだかずいぶんと安い。開いてみれば、1楽章の提示部のみピアノソロ部分を抽出したような案配で、まだ試弾はしてないけれど、いや〜〜な予感のする雰囲気なのだった。1楽章だけでもいいから最後まで入れてよん。展開部がなかなかイイんだから……。まぁ、文句を言ってもはじまらないし、完全な形ではないにしても譜面(の一部)が手に入ったということでよしとするかねぇ。
 ・・・というわけで、まだまだ捜索が続くのであった。カルクブレンナー。。。情報求む!


Tyobis2546

 それにしても、ネコの寝姿とはまるっきり関係のない話題でしたにゃ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.04

アルジャーノンとナミィ・・・の巻

 
 2日、ミュージカル「アルジャーノンに花束を」の上演と、映画「ナミィと唄えば」の試写会を楽しむ。

「ナミィ〜」は、齢85歳にして現役の歌三線演者「ナミィ」こと新城浪さんの姿を描き出すドキュメンタリーで、『ナミィ! 八重山おばあの歌物語』(姜信子著・岩波書店)を映像化したもの。わずか9歳で座敷に売り飛ばされたナミィの半生と現在とを追う。「安里屋ユンタ」や「桑港のチャイナタウン」など多数の挿入曲とともに語られる物語はあくまでも暖かさに満ち、客席の自分も自然と頬がほころぶ。オススメの1本です!

 一方の「アルジャーノン〜」は、いまや日本一有名なSF小説なのではないかと思われる同名の原作(ダニエル=キイス著)を、はじめてミュージカル化した作品。舞台作品としては三百人劇場での上演があり、十数年前に観劇して涙腺をにじませたことがあるうえに、その後テレビドラマ化されたときも同様、いわんや原作ならなおさらという案配なので、自室でコッソリと鑑賞するのならともかく劇場に繰り出すのは多少のためらいがあった。が、今回は友人の音楽家・斎藤恒芳が音楽を担当しており、どのような作品に昇華させたのかという好奇心が抑えられずに博品館劇場(東京・新橋)に乗り込んだのだった。
 およそ350人収容という同劇場はほぼ満員。ざっとみたところ、観客の9割以上が女性のようだ。
 3時間近くにおよぶ長篇の舞台は(2幕)、原作にちりばめられているエピソードを忠実に再現。しかし一方では原作に対して一定の距離感を保ち、ややもすると甘く解釈されかねない同作品を、背後に漂うある種無機質な一面をもきちんと捉えていたのではないかと思った。
 演出の荻田浩一氏は宝塚歌劇団に所属する演出家で、斎藤ともたびたび組んできている。もともとSFに対する造詣もあるようで、今回の演出(脚本.作詞を含む)からは彼の持つオリジンのようなものを感じ取ることができた。主人公のチャーリー=ゴードンをめぐる科学者たちの理不尽ともいえる葛藤を省略することなく露出させたあたりは、まさに彼がこの原作をどのように捉えているのかの証明であろう。また、時間の動きをたくみによろめかせているのもうまく、とりわけチャーリーが生き別れた肉親たちと再会を果たす場面でのストレッタ的な手法は、ミュージカルという音楽作品ゆえの緊張感を盛り上げるのにきわめて効果的だったのではないだろうか(斎藤によれば、宝塚の舞台で荻田氏がときおり使う手法らしいが)。……しかし、ラストはどうだっただろう? 涙腺ははじめて留まった。それもまた荻田演出の狙いらしいのだが。
 斎藤の音楽は、荻田氏の脚本にピッタリと合致していたように感じられた。マニア的にみると、ところどころ彼自身の“遊び”がちりばめられていたのだが、さておいても楽しめる作品に仕上がっていたのではないかと思う。主演の浦井健治氏をはじめとする役者たちの熱気もよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)