2017.10.18

嗚呼、Dという世界! 大韓本小咄(ほか)・・・の巻

Gdk02

  え〜、ただいま大韓散歩中でありますо(^ヮ^)о
  で、数ある大韓関連本──というよりあまたの旅行記のなかで傑作中の傑作だと長年にわたり確信しているのが一連の『ディープ・コリア』(DK)でありまッスムニダ。青林堂版(定本DK)からの愛読書なので、かれこれ20年以上のつきあいであることは間違いないが、その愛着ぶりを記すならばこんなこんな感じになる。

  ある年の大晦日のィ夜、盟友Sより電話アリラン……。
「なにやってた?」
「ディープコリア読んでた」

  オレからすれば事実をそのまま述べただけにすぎないが、ことのほかSがウレシがってくれたので、以来、「大晦日といえばDK」となって今日に至る(さすがに旅行先にまでは持参しないが……、荷物になるし・笑)。

  それにしても二十余年。当時は韓国語はおろかハングルの読み方でさえさっぱりわからなかったが、そのあたりが“解読”できるようになると、あれこれ見えてくることも少なくない。そのうち、ちょっとばかりギョっとしたのが、湖南線を往く満員の「ムグンファ号」の車内で著者らが出会った赤シャツのチョンユンギ青年、その彼が書き記した自らの住所である。いわく、「大韓民国全羅北道益山郡`*金馬面新龍里私書箱11号通信隊」(*益山郡=現・益山市)。益山市金馬面はあれこれ史跡のあることで日本人にも知られているが、ふと思って調べてみると、彼の記した連絡先ってのは、どうやら徴兵中の彼が勤務する軍隊の駐屯地のようであった……。

  ところで。最近になってこの傑作シリーズの意外ともいえる見落としを発見した(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Gdk02b

  表紙カバー(より厳密にはカバー裏だが)は、本来こうするべきだったのではアルマイトの弁当箱?

  それにして、も。
  なかには真面目すぎる悪評やとんでもない勘違いを受けている面もあるらしい本書であるけれど、大韓通いをはじめる数年前、大韓ツウの同業者Yさんと大韓話になったところ、彼はこう言い切ったものだ。
「わはは、そっちできましたか。でも、あの本(DK)に書かれてあることは本当ですよ」

  残念なことに、往時からすればかなり薄味になってしまったようではあるが、それでもDK世界にある種のやすらぎを覚えつつ、なんのと言い訳を弄して繰り出したくなってしまうのが大韓なのでありMASU。

  しかし、この最新版である『元祖〜』(K&Bパブリッシャーズ刊)ではちょっとしたショックも……。
  片隅につけくわれられたつぎの記述。

>著者の意向により、この目次は一部を除いて、実際のページ数、ページ内容と違います。(P367。『豪定本〜』ブルース・インターアクションズ刊の採録部分)
>P575〜P600のノンブルに整合性が無いのは、著者の意向によるもので落丁ではありません。(奥付)

  ンなこたぁ、いちいち断られなくても、本書を買うような読者がヤボなことを騒ぎ立てるとは思えないのだが、だれの「意向」による“おことわり”の類なのだろうか……?  たしかに、前者では「もくじ」と本文との内容はその大半が異なっているし、後者ではノンブルの一部が飛んでいる(もっとも、本文を読んでいて件の個所で「落丁」なんぞと思うとしたら、よほどの前衛的読者であろう)。
  この最新版の“おことわり”が著者の「意向」なのであればケチをつける筋合いのモノではないけれど、できることなら、世間の目を気にしたにすぎないなんていう事情でないことを祈る。

  いまひとつは『豪定本〜』から登場した薬山温泉のつぎのくだり……。

>ザブザブっと湯をあびてドボンとつかって、ここに泊まったら夜はやたらに長くて長くて、ここに泊まったら夜はやたらに長くて長くて、どうしようもなかろうと思われる。(『豪定本〜』2002年)
>ザブザブっと湯をあびてドボンとつかって、ここに泊まったら夜はやたらに長くて長くて、どうしようもなかろうと思われる。(『元祖〜』2013年)

  オレが当地を訪れたときは、件の薬山温泉ホテル(宿はココだけ)が改装なのか廃業なのか、半ばガレキ状態だったためその夜をすごすことがかなわなかった。しかし、そのときの直感からすれば「ここに泊まったら夜はやたらに長くて長くて、ここに泊まったら夜はやたらに長くて長くて」はまさにそのとおりだったに違いない。

  なにがいいたいか?  それこそヤボなのかもしれないと自らを戒めながらも、ココに“イイ顔”もポンチャックもブタの運搬もじいさんの亡骸もインドと有明のイヌもケンチャナヨすら汚物のごとく排除されたわが祖国(ついでに大韓もか?)の情けなさを勝手に重ね見てしまったのである……。ほんの蛇足ではありますが。

Kankokunotabi

  もうひとつのDK的存在として、この『誰も歩かなかった韓国の旅』(宮原誠也・昭文社・1997年)も愛読している。
  昨今でこそ一般の旅行案内書にも大韓の地方や地方中の地方、あるいは著名観光地とは無縁な土地や物件が取り上げられることも珍しくなくなったが、かつて大韓のそんな土地やひとびとに目を向けていたメディアはDKなどごく限られた存在にすぎず、そんななかにさりげなく現われたのが本書であったようだ。愉快なのは、ガイドブックの体裁を整えておきながら著者の主観や思いが随所にちりばめられていることで、あたかも大韓の食堂で大衆的なメシをごちそうになりながらざっくばらんな大韓話をうかがっているような楽しさに満ちているのである。もちろん参考になる記述も満載。本書を読みながら、再訪への興味がわく土地も数多いのであった。

Jeondongyangha

  そういえば、『全東洋街道』(藤原新也・集英社文庫)を開いてみれば、その大韓の巻(下巻)にひとも羨むようなDK体験が綴られていて、何度読み返してもグっときてしまう。

  DKにあれこれ紹介(?)されているが、日本やほかのあまたの国々でそうであるように、大韓にも有名無名の遊廓街というものがある。そのうちもっとも著名だと思われるのがソウル東大門区にある清凉里588であろう。あるとき、友人Tの反応を面白がるべく見学に連れ出したところ、「いやぁ、(店先に立っている女の)みんながみんながモデル級ばかりだねぇ」と妙な感心をしていたものだったが、「行ってきていいYO」とそそのかしたところ、「お前が見てるから行かない」と一笑に付されてしまいMASITA(突撃モードになられても困ったのであろうが・笑)。本稿を記すにあたって調べてみたところ、すでに撤去が進み、現在はまったくなくなったか、わずかに細々と火が灯っているだかといった状況らしいが、DKにもあるとおり、かつては相当に現実離れした世界が繰り広げられていたようだ。

  で、そうと知ってか知らずか、無防備にも紛れ込んでしまったのが若き畸人・藤原新也であった。
  清凉里界隈のとある暗がりの路地を歩いていた藤原、いきなり闇のなかから飛び出した腕に抱え込まれてしまったのである。咄嗟にはなにごとが起きたのかわからず、しかしやがてそれがいささか強引な女郎部屋の呼び込みであることを理解したのだが、なんにしてもそんな“買い物”なんぞするつもりがないのだから迷惑な話だ。ところが、その女──還暦ごろと思われる──が肥満した大柄のガタイを武器に、怯む気配をみせずに力一杯挑みかかってくるのだからタマラナイ*。服を掴まれて引っぱられるわ、体当たりを喰らわされて部屋に投げ込まれるわで大騒ぎの明け暮れですといっとところだが、
>部屋はひどく狭かった。化粧品とニンニクと醤油の混じり合ったような匂いがした。狭い床いっぱいに蒲団が敷きっぱなしになっていて、その上にトイレットペーパーが二つころがっていた。(同書244ページ)
  という描写には戦慄が走る(笑)。

  そんな格闘を繰り広げつつ、おばはんが娼婦を呼びに行っている間に逃げればいいと気づいた藤原、観念したフリをして「女どこよ?」とおばはんに問いかけた。それに対するおばはんの返事──。
「わしじゃわ!」

  でまぁ、そのあとも平手打ちを喰らうやらで往生したようだが、笑いを誘われつつも同時に悲しげな感情もわき出してくる。そんな情景やココロのやりとりを垣間見つつ、「ぁあ、DKだなァ……」との思いがジワジワと心身を包み込んでゆくのであった。

*たぶんこんな感じであったのであろうо(^ヮ^)о
「ノー、ノー!  ナヌン、イルボンサラムカンガンゲ、アンデヨ、アンデヨ!」
「아니〜〜괜찮아〜(アニ〜〜、ケンチャナ〜^^)」

Jeondongyang

  もっともっとジックリと藤原新也の大韓話を読んでみたいと常々思いつづけているけれど、それでも前掲書のほか『逍遥游記』(朝日文庫)などで少しずつ語られているので、同じ文章を幾度となく読むこととなる。
  そんななか、写真中心にまとめられたのが本書『全東洋写真』(新潮社)である。いうまでもなく、ここで写真を通じて綴られているのは大韓だけではないが、東洋の西の果てから旅立ち、次第に東へと歩んでゆく道ゆきにあって、大韓の描写にふと目が止るとともに、ある種の懐かしさが込み上げてくるのであった。それは、『逍遥游記』で語られているオンドルにも通ずる安心感であり、温もりでもある。どうやら、そういう時空こそが、オレがあれこれ歩き回りつつ探し求めているものなのかもしれないなどと思いつつ……。

Thaitetudosanpo

  ところで、大韓から東南アジアへのプチ浮気をしている昨今ではあるが、某編集部のMさんから「参考にどうぞ」とプレゼントされたのが『タイ鉄道散歩』(藤井伸二・イカロス出版)であった。
  いやぁ、面白い!  単純にタイの鉄道の旅を網羅した旅行案内書なのだが、読んで楽しく、しかも大いに参考になっている。

「すごい本をいただきましてね。大袈裟かもしれませんが、究極の鉄道ガイド本というか、少なくとも汽車旅ガイド本の“あるべき形”として完成しているように思うんです」
  これは、“師匠”でもある故・野口冬人に本書を見せたときの話だが、事務所でひととおり見たあと、食事の席でもふと気になったのか、「あの本、もう一度見せてくれ」と熱心に内容を検分していたのを思い出す。

  欲をいえばもう少し文章による説明を深めたり表組を用いてもいいような気がしないでもないけれど、明解な内容は細部にわたり目が行き届いている。くわえて、繰り返し読めるガイド本であるというその一点だけでも、本書がお気に入りかつオススメの一冊となっているのであった。オレもがんばらねば!

Thaitetudouryokou

  残念なことに、DKに匹敵するディープな旅本というのは、じつはあるようでなかなかないものだ。貴重な例外として『インドでわしも考えた』(椎名誠・集英社)からはDI(ディープインド)を感じる。同行の編集者や写真家まで登場させながらもあんなに面白い紀行文に仕上がるとは……というのはついでの感想だが、ようはああいう話でもある。

  そんななか、本書『タイ鉄道旅行』(岡本和之・めこん)は、決してDT(ディープタイランド)ではないものの、タイという国やそこで暮らすひとびとと密着した一冊として、ところどころではあるけれど深めの世界を提示してくれている。しかし、自分自身もまた好きなように歩き回っているけれど、そうそうはハマリ込めないものなのだといまさらながらに思う。いうまでもなく「D」という世界にである。

Pollini01

  おまけ。マウリツィオポリーニは大リスペクトするピアニストのひとり。とりわけ、かれこれ35年以上にわたり愛聴してきたショパンの前奏曲集や練習曲集などを聞くたびに、そうそうはああいう演奏はできないとの思いを新たにする。で、あるときなんの気なしにネット通販を検索していたらこのインタビューDVDが目に入ったのでさっそく購入。ここにももちろん「D」の世界が満載ではあったが、音楽の話とは異なるところでドキっとさせられたところがある。

  じつはまったく知らなかったのだが、ポリーニはイタリア共産党の党員なのだという。ただしイデオロギーからの参画ではなく、当時のソ連よるプラハ侵攻に対してイタリア共産党が真っ向から批判を繰り広げたことなどから「リベラル」の受け皿として党員となったことが語られている。こうしたエンタテイメントに関するインタビューで、そうした政治的な問いをぶつけるインタビュアーも立派だが、正面から答えるポリーニからもまた学ぶべき点が多いと思う。とりわけ、権力側におもねっていないという点で。

  その話の流れのなかで、(イタリアにおける)右翼への批判が展開されている。具体的な言及はないものの、相当に酷いありさまらしく、当時をして最大級の罵倒をぶつけたかったようだ。ところが、昨今の状況はさらなる悪化の一途を辿っており、ポリーニいわく「最低」をしのぐ形容詞が必要だという。
  う〜む。いっそのことポリーニの“リクエスト”に対し、「ABE」というのを輸出したらいいのではないかと思ったものだが(なんか、大韓ではそのテの用語が裁判沙汰にすらなったそうですなぁ。「お前はABEみたいだ!」とかそういうのが「名誉毀損」──ネタにされた側にではなく、「みたいだ」と罵られた側に対して──とされたとかされないとか。イイ話ですな)、世界のあちらこちらで不穏なよどみが拡大しているのがなんともおそろしい……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.12

ヒコーキ本も楽しからずや・・・の巻

Cf01_2

  近ごろ凝っていることのひとつにヒコーキ本がある。長年にわたり「汽車旅愛好家」を自称してきたし、仕事でもなにかと鉄道モノに関わっているけれど、大韓をはじめとする外国取材が多くなれば、必然的に飛行機のお世話になる機会が増える。すると、鉄道趣味と同様に、座席や室内設備のバリエーションや航空会社ごとのサービス、航空運賃といったヒコーキ旅に直結する分野はもちろん、運航ダイヤや航空機の運用、危機管理対策など裏方的な面にも興味がわいてくるものだ。

  あくまで個人的なものだが、不思議なことに鉄道におけるそれと航空におけるそれとの違いがある。鉄道ではメカニックの分野にはさほどの興味はなく、「電車好き」であればいちどは憧れるであろう鉄道車両の運転にも、子どものころを含めてソソられた覚えがない(運転室後方などから前面展望を楽しむのは好きだが)。ところが、これが飛行機になると自ら操縦したくなってしまうのだから始末が悪い。クルマで、自宅車庫から大通りに出るまでを「タキシング」と呼んでみたり、直線道路でついついセンターライン上を“名古屋走り”しながら思いきり加速したくなったり(してませんよ・笑)、操縦桿と化したハンドルを引上げたくなったりというのは童心に返った中年男のお遊びではあるが、たとえば効率的な揚力を得るための翼の仕組みなど、鉄道ではほとんど関心がないハズのメカニックについても、そのひとつひとつが面白く感じられるのだからわからない。

  ヒコーキ本にもさまざまな分野があり、それぞれに個性的な著者が活躍している。そんななかでシンパシーを感じるのが本書の著者・チャーリィ古庄である*。詳しくは次項で述べるが、ある種「でもやるんだよっ!」を体現した航空写真家であり著述家だ。どの著作も面白いが、この『旅客機の一生物語』(イカロス出版・2013年)はとりわけ傑作のひとつだと思う。

  内容は表題のとおり。各章の大見出しを列挙すると、
>旅客機の開発>旅客機の誕生>デリバリー・フェリーフライトと就航準備>旅客機の運航>旅客機の終末
  となる。飛行機の設計から商談、誕生、エアラインへの引き渡しなどが詳細なルポなどとともにわかりやすく解説されてゆく。2大メーカーであるボーイングとエアバス両社の組み立て工場のルポや購入された飛行機が本拠地へと引き渡されるフェリーフライトの様子などは、部外者にはなかなかお目にかかれない分野ということもあって読みごたえがあった。

  個人的にソソられたことのひとつに「シップパターン」と呼ばれる航空機の運用がある。簡単にいえば、1機の航空機が、日々どのような行程をこなしているかということで、このブログでも航空時刻表から推理した話をアップしたことがあるが、本書ではそれをじつに面白くまとめている。たとえば、羽田を起点に、富山や米子、高知、鹿児島、神戸、札幌、沖縄……という運用を1週間でこなす例(全日空・B767-300)や、ブエノスアイレス→パリ→ドバイ→パリ→サンパウロ→パリ→成田→パリ→ベイルート……(エールフランス・B777-300ER)といった具合。まぁ、鉄道の「時刻表」が好物なゆえ、こういうのに興味を持つのは自然のなりゆきではあるのだが……。

  終章「旅客機の終末」では、引退後のあれこれが、解体現場などのルポをまじえながら綴られている。本書のほか『ホントにある!! 世界のビックリ空港探訪記』(イカロス出版)でも紹介されているが、B747をまるごと宿泊施設としたストックホルム・アーランダ空港のJumboHostel(誤植を発見・笑)にはぜひ一度訪れてみたいし、『世界おもしろヒコーキ旅』(エイ文庫)で著者が訪れているB727で暮らす米国人おとっつぁんの話もチラリと触れられており、読んでいるほうもまた、ヒコーキの一生、その面白さにのめり込んでしまうのであった。

  ところで、本書によってはじめて知った「トリビア」。とある路線の定期便旅客機には一風変わったモノが用意されているというのだが、搭載されていないものはつぎのうちどれでしょう?
  ・釣り道具
  ・猟銃
  ・投網

  正解は本日アップの末尾にてо(^ヮ^)о

*注:このブログでは原則として著名人──とりわけ著作分野やスポーツを含むエンタテイメント分野など──の敬称は省略することにしている。なぜかといえば、敬称省略こそがある分野で抜きん出た人物に対する本質的な敬称だと考えるからだ。そう考えるようになったのは比較的最近になってからだが、きっかけのひとつとして日々目にするネットのヘッドラインがある。たとえば、現役引退するや「氏」つきになってしまうスポーツ選手。あるいは不祥事を起こした挙げ句に本業ができなくなった芸能人(「引退」などと言われるが理解不能)の動向が「氏」つきで報じられる。なんだか形だけを無難に整えたかのようなそれらの「氏」つきに嫌悪に近い感情をなぜか抱いた。それに、まさか「夏目漱石氏」だの「坂本竜馬氏」などとは言うまい……ですよねぇ?

  もっとも……、「テレビやら新聞やら見とってね、《蝦子逮捕》って呼び捨てで出てんのと、《蝦子さん逮捕》って、さん付けで出てんのがあって、さんが付いていると、まァ、いいんですけどね、《蝦子》って呼び捨てだとね、傷つくんですよね、いかにも犯罪者みたいで、ヘヘヘヘ」(『電氣菩薩・上巻  豚小屋発犬小屋行きの因果宇宙オデッセイ』根本敬・径書房)ってな話もあるワケですが。

Cf02_2

  同じ著者による『ビックリ飛行機でゆく世界紀行』(イカロス出版)は先に触れた『ホントにある!! 世界ビックリ空港探訪記』のいわば姉妹書。この2冊こそが「でもやるんだよっ!」の体現であり、読んでいるこちらとしては、そんなところにまで飛んでいった著者に対しあらビックリといった楽しさに満ちている。

  冒頭には「世界一短いフライトへの長〜い旅路」と銘打って、“飛行時間1分”という定期便フライトとそこに至るまでの「長〜い旅路」を臨場感たっぷりに再現。その現場は大英北部のオークニー諸島<フライト例→flightaware.com(PAPA WESTRAY AIRPORT)>。日本から見ればまさに空の果てといってもよさそうなスタート地点に辿り着くまでの旅人(著者)の労苦は、時間やその手間に加え金銭的な点でもまさに「でもやるんだよっ!」の世界であり、ィ世の中捨てたもんでもないもんだとウレシくなってしまうのだ。

  本書にはそんなヒコーキ旅が満載なのだが、分野や程度の差こそあれ、オレ自身が鉄道の旅という遊びに求めているのは、まさにこういう世界なのである。いうまでもなく、そんな旅を自分なりに本としてまとめたいからこそこのブログでタレ流しているような汽車旅に赴いているのであり、コトあるごとに編集者をけしかけていたりもするのだけど……なんてボヤいている場合ではありませんわな(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Airlinealmanac2011_2

  読み物ではないが、つい仕事のクセでこういう本も手元に置きたくなる。さしあたり最新にこわだるまでもないので、古書で入手したものの、昨今のエアライン業界の慌ただしさといったら……。

Bcguide17_3

  多少なりともヒコーキのお世話になりつつ、鉄道とあれこれ比較したくなるのは汽車旅派の性といえるだろう。ひとつわかったのが、上級設備の座席や付帯サービスは鉄道の敵ではないということ。逆に、ファーストクラスがいかにグレードアップしようと、こと設備に関していえば鉄道にかなわないだろうということである。

  まず、ビジネスクラスとJRのグリーン車とを比べてみると、機体やエアラインにもよるとはいえ、総じて航空機のほうがレベルが高い。昨今のビジネスクラスはかつてのファーストクラスをしのぐレベルであり、フルフラットシートはもちろん、流行のシェル型シートは極めて快適。後者でいえばJR東日本と西日本の一部新幹線車両にお目見えしているものの、「グランクラス」と名づけられた新カテゴリの料金が適用されているし、高速鉄道ゆえ乗車時間が限られていることなどを考えると、コストパフォーマンスの点であえて乗ろうという気にはならない。もちろんビジネスクラスも正規運賃で乗ろうと思えばべらぼうに近く(ただし正規運賃同士だとエコノミークラスとの差は意外なほど小さい)、ふだんエコノミークラスを割引運賃で利用している身からすれば、とてもじゃないがそんな贅沢をする気にはなりようハズもない。

  ところが、エアラインには鉄道にはみられないサービスがあるのだから面白い。エコノミークラスのそれも格安航空券利用者に対してさえ、ときにビジネスクラスをふるまってくれることがある(座席だけの場合と食事サービスなどを含む場合とがある)。また、マイレージを使ってアップグレードをしたり、特典航空券によるビジネスクラスの旅を楽しむこともできるため、意外とささやかな贅沢をできる機会に恵まれるものなのだ。また、空港ラウンジや食事のサービスなどはほとんど航空の独断場である(鉄道でもごく一部にみられるが)。

  一方、ファーストクラスでは個室タイプやシャワー室つきまでが出現。ハイレベルな食事はもちろん、なかには高級車による空港送迎サービスを取り入れたエアラインがあるなどつかの間の「王侯貴族」気分を味わえる。運賃もべらぼうではあるが、一度ぐらいは体験してみたいような気がしないでもない。

  ところが、少し前であればわが国の鉄道には、それをしのぐ設備があった。「トワイライトエクスプレス」や「北斗星」などにあった「スイート」や「ロイヤル」といったA個室寝台にはダブルベッドや専用のシャワーも備えられていたし、「シングルデラックス」やB個室「ソロ」などにしても航空のファーストクラスをしのぐプライベート空間が約束されていた(最後の寝台列車となった「サンライズエクスプレス」の「シングルデラックス」は素晴らしく快適。列車の利便性だって抜群だ!)。さすがに送迎やラウンジこそなかったものの、別料金ながらフランス料理フルコースなども楽しめた快適空間を比較的気軽に体験できたのである(ついでにいえば新幹線にだって個室があった)。が〜。そんなわが国の鉄道が培ってきた極上サービスを自ら放棄したJR。昨今では自社の殻に閉じこもった遊園地の「お猿の電車」のような、そのクセ値段ばかりがべらぼうな上げ底漫遊列車が流行りのようではあるが、そんなカネを払うのであれば外国の高級列車の旅を選ぶよ、オレは(まぁ、車内外で日本語が通じるという点だけはありがたいのでしょうけれども・笑)。

  っと、話がそれてしまいMASITA。本書『ビジネスクラスGUIDE BOOK』(イカロス出版)は、ワンランク(いや、もっとか?)上の飛行機の旅を誌面で楽しめる1冊(日本発着航空会社のフリートやサービスなどを網羅した『エアラインGUIDE BOOK』<同社刊>も資料として重宝している)。
「へぇ〜、飛行機にもいろいろなサービスがあるんだな」
  といったところではあるが、日ごろ愛用している(?)エコノミークラスの座り心地についていえば、フルキャリアもLCCもあったものではなく、鉄道の特急普通車ほうが快適な場合が多いのが残念な航空業界ではある……。

Sugie02_3

「杉江さんって、JAL内部での評価はどうなんでしょうか?」
  質問の相手はかつてJAL国際線で客室乗務員を務めていた先輩である。
  こういう問いを発したのは、この『機長の告白  生還へのマニュアル』(杉江弘・講談社・2000年)をはじめとする一連の著作において、著者がかなり率直な見方や見解を展開しているからである。タイトルからも想像できるとおり、著者は元JALの機長であった人物(本書をはじめ現役時代の著作もある)。もちろん、そうした率直な話こそがオレの求めるもので、こんな問いがアタマに浮かぶことからして不粋なのではあるのだが、まがりなりにもマヌケなニンゲン社会の一員である身としては、筋違いなリアクションをつい想像してしまうのは致し方ない。念のため、とくにヘンな話は耳にしたことがないとのことではあったが……。

  本書は、現役のベテランパイロットが、さまざまな航空事故例などを通じて、パイロットの立場を活かしながら安全への提言をまとめたものだ。
  あの“御巣鷹山事故”を筆頭に、テネリフェ空港で起きたKLMとパンナムとのジャンボ同士の衝突事故(1977年)や名古屋空港における中華航空機事故(1994年)など実際に起きた事故を題材としながら、その経過や原因究明に留まらず、仮に同様の事態に遭遇した場合、いかにして生還を果たすかという至上の問題に取り組んでいる点に本書の価値がある。航空機が事故に陥るさいのさまざま要因を掘り起こし、「どうしたら事故を減らせるか」、「いや事故を絶滅できるか」という問題(「まえがき」)に対し、まさに現場を預かる人物が迫っているわけだ。

  それぞれが難題かつデリケートな問題ではあるものの、オレのようなシロウトにもわかりやすくかつのめり込みやすく綴られてゆく報告や提言にはえもいわれぬ迫力がある。一例を挙げると、第5章「片側二基のエンジンが止ったら」(注:著者は片側2基、両翼で4基のエンジンを持つB747のパイロットだった)で、バードストライクについて触れている。バードストライクとは文字どおり鳥類との衝突事故で、ときにエンジンの致命的な損傷を引き起こすことがある恐ろしい現象だ。とりわけ離陸時の衝突は深刻だが、「最悪のバード・ストライクは現実に起こり得る可能性があるのだ」(140ページ)。

  そこで、著者は同僚らの協力を得ながら、ジャンボジェットの離陸中にバードストライクにより片側2基のエンジンが停止したという条件をテーマに、シミュレーター(「ほしい是!」と思ったら、1台30億円と知って嘆かわしくも断念・笑)を用いてその生還への道を探った。それは、
>何回墜落したことだろう。(中略)いくらシミュレーターでも、地上に衝突する瞬間は気持ちのよいものではない。(142ページ)
  というその繰り返しであったという。そして数知れぬ試行錯誤を経て、ついに生還を果たしたのだが、いうまでもなくこの訓練はこの種の事故を撲滅したいというその一点に収斂するものだ。

  ほんの一例だけを挙げてみたが、本書は航空機の操縦という仕事に留まらず、人間や社会が起こり得るピンチをいかにして乗り越えるべきかという大テーマをも内包しているようにも思える。失敗は成功のもとではないが、成功のもとを紡ぎ出せるだけのセンスを磨き、成就させるための努力を怠ってはならない。そんな提言とも受け取ってみるのだがどうだろうか?

Sugie03_2

  そうした著者の思想は、本書『機長の失敗学』(講談社・2003年)でも濃密にまとめられている。そのまえがきには、
>パイロット(コックピット)の「失敗学」は、一般社会で使われるものと少しニュアンスが異なる(中略)。(パイロットの場合)自らの大きな失敗は絶対に許されないからである。いうまでもなく飛行中の失敗は、重大事故、死を意味し、ゼロからの再出発はありえない。
  とあり、読者はただならぬ感想をここで抱くかもしれない。
  前半では“御巣鷹山事故”を起点に、同様の事態を想定した生還への可能性を探っている。そのほか、前掲書でも取り上げられたいくつかの事故にも触れ、緊急事態に対する提言を展開。乗客たる一般読者にとって手出しのできない世界ではあるが、多くの想定されうる危機にあっても、生還がけっして不可能なことではないとのメッセージを個人的には汲み取った。

  しかし、本書で面白いと思ったのは、そうした事故に対する「失敗学」よりも、むしろそのあとで語られている航空現場における日常的な改善への提言であった。10章ではメキシコ〜バンクーバー〜成田〜香港というコネクション(乗り継ぎ)に起きた遅れとその対応や、つづく11章では、夜間便の出発間際に発生した機体の不具合を受けて、到着地である香港の門限に間に合わせるために試みた著者本人の体験などを紹介。航空に関するあらゆる分野(操縦はもとよりメカニックや気象、発着空港の状態、保安、取り決め、当日の搭乗客の様子などなど)を熟知し、新たに起きた事態に対していかに的確かつ迅速な判断を下してゆくか?  数々の実例や提言を読み込んでゆくのはなんともスリリングであった。

  ついでながら、件の先輩に著者が何度か指摘している宇宙線被爆の問題についても訊いてみた(「うちゅうせん」と質問して当然のごとく「宇宙線」の話だと理解した先輩N女史であった)。
「杉江さんは、宇宙線被爆についてもたびたび問題提起していますね」
「たしかに、パイロットで早くに亡くなるひとは多いです」
  そのときは「やはり……」と思ったものだったが、ではさて、同様に被爆しているハズの客室乗務員はどうなのだろう。ウッカリ訊き忘れてしまった。

Sugie01_2

  ここで取り上げた3冊以外にもいくつかの著作に触れてきたが、興味を引いたことのひとつに航空機のハイテク化がある。さすがに専門的なメカニックを理解できるだけの知識も頭脳も持ち合わせていないものの、航空分野におけるハイテク技術の進歩には、いまさらながら感心させられる。
  ただやはり問題はあるようだ。著者がいくつかの著作で繰り返しているのは、コックピットの設計にあたって、その操縦者たるパイロットの意見や生理がほとんど反映されることなく技術ばかりが進化しているというのである。前掲書でも、たとえばMD-11とB747とを比較し、パイロットとしてMD-11コックピットの不合理ぶりを明らかにしている。ここでは詳細は割愛するが、一例として異常時における操縦をメーカー側がなんら考慮していないと指摘。非常用計器類が極めて目視しづらい位置に配置されているのは、多重装備となったコンピュータ管理のシステムのすべてが故障することはありえないというメーカー側の主張に対し、「過信」であると論破しているのだ(つまり、わが社の航空機では、非常用計器が必要となる事態など訪れるハズがないのだから、そんなものは形だけつけておけばいいというセンス)。

  本書『危ういハイテク機とLCCの真実』(杉江弘・扶桑社・2013年)では、いくつかの事故を例に挙げながら、操縦現場におけるデジタル化に潜む危険性などについて言及している。そのなかでは、速度計の違いなどは門外漢にもわかりやすいだろう。すなわち、従来型の指針型(アナログタイプ)と数字型(デジタルタイプ)である。自動車でもデジタルタイプが導入されたこともあったが、現状ではどうだろうか?  指針によって直感的に速度(加減速を含む)を捉えやすいアナログ型と、画面にある具体的な数字をアタマで理解しなければならないデジタル型……。まぁ、個人的には目覚まし時計に限っていえばデジタルに軍配を挙げるが、それも比較的操作がしやすい携帯電話などに限った話だ。日常的な、たとえば腕時計では絶対にアナログのほうが使いやすい。いわんやチマチマとしたモード切り替え(「複雑化したモードオペレーション」同書126ページ)を要するのでは、ミスが起きる可能性はケタ違いに高いのではないかと思うのだが。

  そんなモード切り替えミスに起因して多数の死者を出した事故のひとつが、1994年に名古屋空港で起きた中華航空機事故なのだという。モード切り替えの失念やその後の対応ミス、さらにそうしたケースにおいて事態を悪化させうる可能性を理解していながら抜本的な対策を取らなかったメーカー(「パイロットも知らなかった自動操縦装置のロジック」同50ページ)。コンマ何秒の世界で生死を決し得ない世界にあって、はたして技術の進歩は十全に応えているのだろうか……?

  また、エアライン機ではないが、きわめて重要と思われるつぎの指摘──。
オスプレイについてアメリカや日本の関係者は、しきりと機体に異常がなく、過去の数件の事故はパイロットの操作ミスや追い風が原因だったとしているが、パイロットの立場からいわせてもらうと、パイロットにとって操縦が難しい機体は、そもそもそれ自体の安全性に問題があるといわざるを得ない。(55ページ)

  ところで、著者は一連の著作のなかで、ハイテク化が進むなかにあって、本来人間が得意としている分野をあえて自動化することに対し疑問を呈しており、やはり興味を引いた。人間(アナログ)の得意分野を自動化する一方で、機械(ハイテク)が不得手な分野を人間が受け持つという逆立ちした世界。航空に限らず、いまいちど人類として考え直してもいいのではないかと思う。

Abunai01_2

  もはや“古典”の部類かもしれないが、『危ない飛行機が今日も飛んでいる』(メアリー・スキアヴォ著/杉浦一機・翻訳監修/杉谷浩子・訳/草思社・1999年)も読んでおきたい一冊だと思った。
  内容はまさに表題のとおりで、著者の仕事上における体験などから、航空会社のみならず、それを監督するハズのFAA(連邦航空局)の怠慢ぶりなどが、ややエキセントリックな口ぶりによって白日のもとにさらされている。危険極まったLCCの代表格として知られるバリュージェット社における安全無視の体質やその結末(創業早々緊急着陸などのインシデントを繰り返した挙げ句に墜落事故を起こして会社もろとも失墜した)などは、背筋に冷たいモノが走るような緊張感をもって語られており、冒頭からどんどん引込まれてしまった(ついでながら、個人的には「バリュー」──格安が売り物──を名乗る製品やサービスは極力避けるようにしている)。が〜……。
  全体を読み終わってみれば、有益な話が多数語られている一方で、この著者はいったいぜんたいなにを訴えたかったのだろうという感想が浮かんでくるのを禁じ得なかった。

  とにかく前半ではFAAをはじめとするアメリカ合州国の役所のいい加減な仕事ぶりが暴露され、驚くとともにその顛末への興味を引いた。ところが、少なくとも本書のなかで、その顛末が語られることもなければ、いわんや一連の怠慢が改善されたかどうかさえ明らかにされないままになってしまっているのである(終章で語られる提言にも一般論の域を出ていない内容が目立つ)。

  驚いたのは11章「どの航空会社が安全か?」をはじめとする読者(航空利用者)向けの提言・アドバイスであった。たとえば、11章中盤では「運航停止などの処分を受けたことのある航空会社」として具体例を挙げている。そのなかでデルタ航空をはじめとするアメリカ合州国の航空会社の問題点を手厳しく指摘。また後段の「結論──常識を働かせて判断しよう」ではアメリカン航空の数多いインシデントを列記している。デルタもアメリカンも、ともに米国屈指の大手だが、自国の大手に対しても遠慮なく問題点を指摘しているともとれる(ユナイテッドやUSエアについても手厳しい)。このほか、自国における空港警備の問題点や実情などなかにはショッキングな報告もされているのだが、そうしておいて「結論」の筆頭が「アメリカの航空会社を利用しよう」となってしまうのはどうしたことだろうか。ここにはこうも記されている。

>仮に事故が起こった場合、アメリカの裁判所なら条約や法律の悪用を積極的に退け、はるかに公平な審判を下してくれるだろう。
  たしか、著者はそのアメリカ合州国の役所や航空会社らの怠慢インチキぶりをざんざん暴露していた思うのだが……?

  いまひとつ挙げておきたいのは、1981年に米国で起きた航空管制官大量解雇事件である。

・イ:このような熟練管制官不足は(中略)1981年には、レーガン大統領がストライキを理由に、1万1000人の航空管制官をレイオフ(解雇)した。組合の弱体化と新規の低賃金管制官の再募集が狙いであった。(『空のプロの仕事術  チームで守る空の安全』(杉江弘・交通新聞社新書)

・ロ:一九八一年に大規模なストライキが行われ、レーガン大統領が一万一千人の管制官を解雇した(『危ない~』182ページ)

・ハ:一九八一年、FAAはとんでもない規模のストライキが近く行われることを知り、それに備えていた。レーガン大統領が違法なストライキの参加者を解雇するつもりであることもわかっていた。(同207ページ)

  引用「ハ」については、「新人を呼び寄せるための餌として」年収の5%をボーナス支給したことなどに言及、それが10年以上経っても廃止されないままに支給され続けている点を指摘しているが、プラス5%の分母については一切触れられていない。

  ;ついでに揚げ足取りをすると、「夜の最終接続便に子どもを乗せるのは絶対にやめよう」との提言もある。ここでは子どもだけの旅を想定しているようだが、途中で足留めとなった場合を慮っての話のようだ。ところが……。

>ノースウエスト航空なら、おそらく子どものためにホテルの部屋を予約し、見張り役として社員をドアの外に立たせるだろう。しかし、サウスウエスト航空なら、子どもをバスに乗せてしまうかもしれない。(162ページ)

  このくだりには、訳者も苦笑したに違いないと想像するが、ノースウエストを何度か利用した友人は「へっ?」と絶句した(笑)。
  ちなみにいえば『航空会社の選びかた[海外旅行編]』(チャーリィ古庄・エイ出版・2007年)のノースウエストの項にはこう記してある。
>何かトラブルがあった際の対応は、「ノースウエスト」ではなく、「ノースワースト」と言われるぐらい良くない。トラブルでは筆者も何度も泣かされている。
  まさか乗客サービスにおいて人種・民族・国籍差別を同社がしていたとは考えたくはないが……?


  揚げ足取りはまだまだ可能な本なのだが、いまひとつ疑念を抱いたのは、この本そのものがある種の政治的プロパガンダとしての狙いも持っていたのではないかということだ。
  文中では連邦議会の議員らの動きも報告されているのだが、問題アリの例として、ことごとく民主党議員が、たいていは所属政党名とともに取り上げられているのである(実際にそのとおりだったのかもしれないが)。所属政党が記されていない人物のひとりにジェームズ・オーバースター(Jim Oberstar)があり、出だしで(著者が)期待して後段で(著者が)失望している。調べてみると、この人物も民主党議員で、2010年11月の選挙で共和党候補に敗北していたことがわかった。
  原著が発売された1997年3月は第2期クリントン政権がスタートした直後であり、この推論を裏づけることにはならないが、著者の思惑が気にかかるところではある(別段、プロパガンダであろうとなかろうと、この場合は本質的にはどうでもいいことではあるが)。

Sugiura01_2

  ところで、LCC。「格安航空会社」とも呼ばれ、フルキャリアと比較して格安ないし割安な運賃を武器にその勢力を伸ばしている。たしかに安価な運賃は魅力だし、使い方によってはかなり便利な乗り物だろう。「ローコスト」だからといっても、少なくともわが国においては大事故は起こしていないなど、一定の評価はできるようにも考えている。しかし、あくまで個人的な見方だが、LCCの普及とともに、航空運賃はむしろ値上がり傾向にあるのではないかという気がしている。

  たとえば、このごろ目立つことのひとつにリゾート地などを結ぶ路線を中心に、フルキャリアが傘下のLCCに運航を移管していることが挙げられるだろう。
  個人的な話になってしまうが、目下ボルネオ島の取材を計画していて航空運賃を調べてみた。東京からの直行便もあるが、運航日限定のため、クアラルンプールやバンコク、シンガポール、あるいはソウルなどでの乗り継ぎが候補に挙がった。LCC路線としてはエアアジアグループ同士をクアラルンプールで乗り継ぐこともできるが、LCCは基本的に連絡運輸(コネクション)をしていないので、遅れなどのさいの不安が拭えないし、手荷物ぶんの運賃付加だってバカにならないから候補としての順位は低い。

  ところが、バンコク経由にせよシンガポール経由にせよソウル経由にせよ、東京とそれらの都市間はともかく、ボルネオ(コタキナバル)への乗り継ぎ便はマレーシア航空を例外としてことごとく大手傘下のLCCなのである。ただし、1冊の航空券として連絡運輸をしているらしく、形としては運航会社が子会社になるだけの話のようにも思える。だが、予約はあくまでフルキャリア(親会社)のそれとなり、LCCの売り物であるハズの格安運賃が適用されるワケではないようなのだ(つまりソウル経由OZ・アシアナとRS・エアソウルとの乗り継ぎとした場合、全行程が「OZ」となり、割引運賃もOZのレートが適用されている)。機内サービスはLCC仕様なのにである。この場合、たとえば成田〜仁川間と仁川〜コタキナバル間とを別途に購入すれば、エアソウルの安価な航空券が利用できるかもしれないけれど、仁川では一旦韓国に入国したうえで改めてチェックインする必要があるなど煩わしい。だからといって、わざわざ高い運賃を払ってLCCに乗りたいとは思わない。

  一方、フルキャリアが正規割引を含む格安運賃を縮小する傾向も見てとれる。ひとつは、プレミアムエコノミーの導入やビジネスクラスの拡大によるエコノミークラスそのものの縮小。いまひとつは正規割引航空券の価格や販売数の見直しである。それをカバーするためか、大都市間であろうと便の一部を傘下LCCに置き換える動きも見られ、フルキャリアにおけるエコノミークラスの扱いが姿を変えつつあるように思えるのだ。現状では、フルキャリアでも格安レベルの運賃が設定されているが、この先ははたしてどうなるだろうか?  くわえて、気がついてみれば旅行代理店の「格安航空券」が姿を消しつつあるし、同種と思われる航空券(予約クラスなどから推測)も軒並み価格が上がっている……。

  さて、本書『激安エアラインの時代  なぜ安いのか、本当に安全なのか』(杉浦一機・平凡社新書・2012年)では、LCCについてのみならず、航空運賃の変遷などについてわかりやすく解説。現在の主流となっているゾーンPEX運賃の成り立ちやその経緯、航空自由化の歴史や航空連合(アライアンス)の流れなど、複雑になりがちな航空業界の仕組みを、利用者目線でまとめた一冊となっている。この分野の変化は刻々と変化しており、本書の発売からわずか5年間でその状況はだいぶ変わってしまった面もあるが、マニアならずとも、ヒコーキ愛用者にとって一読する価値の大きい著作だといえるだろう。

Sugiura02_2

  同様に、この『墜ちない飛行機  安全なエアライン、機種を選ぶ』(杉浦一機・光文社新書・2004年)も、エアラインの基礎知識的な一冊だといえそうだ。発刊から十数年が経っていることもあって情報が古くなっていることは否定できないものの、事故やインシデント、その背景などについてわかりやすく解説されており、一気に読み進めることができた。

1952matumoto_3

  ついでに(?)こんな一冊もо(^ヮ^)о
  本書『一九五二年日航機「撃墜」事件』(松本清張・角川文庫)のモチーフとなった「もく星号墜落事故」(1952年)は、いまだその真相が明らかにされていないナゾに包まれた航空機事故(概略はWikipediaなどをご参照)。詳細については割愛するが(1ウォンにもならないってのにここまで長々と“でまかせ”を書き並べてきてくたびれMASITA・笑)、現実とフィクションとを巧みに紡ぎあげるという著者お得意のストーリー展開はどこまでもスリリングであった。
  そういえば、あの御大・西村京太郎を挙げるまでもなく、「鉄道ミステリー」は数多いが、「航空ミステリー(小説)」はかなり未開拓なような気もする。う〜〜〜む……(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Norimonoguide2017_2

  おまけ。そんなこんなで鉄道モノから航空モノに浮気中な昨今だが、そうすれば“以心伝心”なんてこともある。何度か製作を手伝ってきた「のりもの勝席ガイド」(イカロスMOOK)の最新版(2017ー2018)では、航空ページを担当させていただいた。日本で運航されている国内・国際線定期旅客線全線をフォロー、各フリートの座席表を中心に現状を網羅したものだ。
「最近、ヒコーキがお好きですよね? どうですか、今回はコレで?」
「いいですね^^!」
  と二つ返事で“安請け合い”したはいいものの、そのデータ整理は想像以上に大変なものであった(笑)。
  それはともかく、ぜひぜひ一家に一冊。オススメのシリーズでごぢいますо(^ヮ^)о

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.06

冬眠願望季節が近づいてまいりMASITA・・・の巻

Aki_0898

  秋ですなァ……。

Tyobi_0864

  秋だから、ちょび蒲団。

Tyobi_0869

  年を追うごとに冬眠願望に迫られる昨今、できることなら12月から翌年2月一杯までは(短く見積もって)眠りの床につけたらなァと思う。術はある。『空から恥が降る』(藤原新也・文春文庫)にその実践が綴られていて、オレは密かに“畸人式冬眠法”と呼び研究しているのであった(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)  が〜……。

  冬には冬のよさがある。なにかっていうと、こうしてネコが蒲団に潜り込んできて温かいではないかо(^ヮ^)о

Tyobi_0910

  伸び〜〜〜♪

Tyobi_0903

  スリスリ〜〜♪

Tyobi_0859

  叩いてますねぇ……。枕元でコレをやられるとたまったもんじゃないが(笑)。

Tyobi_0927

  日なたぼっこの図。

Tyobi_0906

  シッポがイイのである。

Tyobi_0900

  ちょっと伸び〜〜♪

Tyobi_0852

  ほんの数日間のできごとではあったが、なぜかトースターのうえがお気に入り。ときおりこんな案配で妙な寝床に居着くことがある。

Tyobi_0853

  どうでもいいが(実際よかぁないけど)このエレファント印、パンを乗せるところをちゃちな網なんかにしているため、たいして使っていないのにこのザマ。買い物にはちょっとした用心が必要だという一例である。

Tyobi_0880

  シアワセな日常は平和であるがゆえ……。

Nongkhai_0540

  タイ・ラオス国境の街・ノンカーイで出会ったシロネコ。

C439_0283

  こちらは名も知れぬ小駅で遊ぶ茶トラ。

Nongkhai_0504

  熱帯のネコは冬がなくてさぞやよかろうと想像するけど、ではさて、熱帯のネコ好きにとって、ネコ蒲団というセンスはあるのだろうか……とふと思った。

Vientiane_0820

  ビエンチャンの仏教寺院にて。

Nongkhai_0598

  しかし冗談でなしに、昨年11月のタイ散歩の巻のさい、バンコクの熱気に包まれた途端に、「ぁあ、地球上にはこんなに暖かいところがあるではないか」とちょっとした安堵を覚えたものであった。もとより、冬の大韓なり北海道なりと、真冬に寒いところに繰り出すのは好きなのだが、えてしてそういうときに訪れる土地っていうのは、(例外はあるけれど)室内はポカポカしているもの。わが郷土・房総はいちおうは温暖な地方とされてはいるけれど、それでも11月中旬から3月中旬ぐらいまでは軒並み寒い。言い換えると、1年の3分の1ほどは寒冷とはいかないまでも寒さを感じるには十分なのであり、とすれば家屋なりの設計にあたって、もっと寒冷地のそれを取り入れて然るべきなのではないかと思うのだが……。

Tuki_1005

  おっと、しゅぽ月(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.26

大韓に行かないで大韓を味わう法・・・の巻


  発売後のお知らせになってしまいましたが、ただいま発売中の雑誌「旅と鉄道・17年9月号」(山と渓谷社)に「世界の鉄道 途中下車の旅14 タイからラオスへの国境越えと寝台列車の旅」ほかを寄稿しております。書店等でお見かけしましたら、お手に取っていただければ幸いですm(__)m

Daikanrock01

  という次第で、東南アジアに浮気しているような昨今ではあるが、そうこうしていると久々に大韓散歩へと繰り出したくもなってくる。ワケあって(?)、今年の11月以降に2度ほど訪れる計画を立ててはいるものの、それまではまだだいぶ間が空いている。そこで、書物だのネットだのを通じて大韓風味を楽しんでいたりするのだが、そうしていればこんなイカした本に巡り会うこともできる。

『大韓ロック探訪記  대한 록 탐방기』(長谷川陽平著・大石始編著/DU BOOKS)
  大韓を舞台に第一線で活躍しているミュージシャン・長谷川陽平については、いちおうは知ってはいたが、こんな楽しい一冊が出ていたとは、迂闊にも気がつかなかった。
  あるィ夜。ネット通販の検索窓に、ほとんど無意識のままに打ち込まれた「大韓ロック」の文字。別段なにを探していたのでもないのだが、経緯はともかくそうしてブチ当たってしまえば仕方がない。

  対談中心で構成された濃密な大韓話の数々。必然的に音楽シーンの話題が多くはなっているが、そこに流れる通奏低音は大韓そのものである。仮に大韓ロックそのものに興味がなくったっていい。大韓という響きにピピっときているとしたら、こんなに楽しく読める本もそうはないのではなかろうか。あの“『ディープコリア』シリーズ”と合わせ、ぜひ日常的に愛玩したい名著といえる。

Wanggwabi93

  大韓ドラマにもあれこれ傑作やら良作やら名作やら佳作やら駄作なんてのもあるが、イブシ銀的名作としてこの「王と妃」はぜひ見ておきたい作品だと考えてきた。といいつつ、全編を通してじっくり鑑賞したことはなく、要所要所をつまみ食いしてきた程度だというのを白状しなければならないが、そういうザマになってしまうのは、ひとえにコレが全186話という大河ドラマ中の大河ドラマであるがゆえ(オープニングでいきなり「대하드라마=大河ドラマ」と画面にドーンとお出ましに。自他ともに認める大河ドラマなのであった)。
  ひとくちに186話というけれど、1話あたりがおよそ60分弱、一睡もせずに見続けたとしても軽々1週間以上を要するのだから、並み大抵の覚悟では臨めませんわなぁ(そもそもそんなことをする意味が?)。ちなみに、わりと中味の濃い次回予告があるのだが(1分間程度)、その全195回ぶんだけをコレクションしても、3時間超。DVD1枚に収まり切らないのではないかというおそるべきボリュームなのであった(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

  で、このたび、唯一流通している“レンタル落ち”全93巻をコンプリート。その長丁場に挑むことになったというワケですо(^ヮ^)о

  話は朝鮮王朝第5代王・文宗の時代からスタート。即位したものの虚弱体質だった文宗は即位からわずか3年ほどで死去してしまうのだが、そのあとを継いだ息子のホンウィ(端宗)が11歳と幼なかったことなどが、一連の騒ぎの発端に。前半の山場は癸酉靖難と呼ばれる叔父・首陽大君による大粛清および王位剥奪事件で(ドラマとしてはショスタコービチの「交響曲8番」第1楽章のような脚本であり演出。癸酉靖難の回をみたあとにこの曲を聞いたら腑に落ちた)、全編にわたり王室や官僚あるいは宦官らによる権力抗争が繰り広げられるのだが、それをさらにドロドロとさせるのが後宮に巣食うおっかさん連中なのである。そのおっかさんたちのコワモテぶりがまたたらまんのですよ。ラストに向けてのハイライトは朝鮮王朝の“暴君”として名高い燕山君(第10代王)の大暴れであり、件の予告にも「いよいよ燕山君が登場!」のごとく扱われているのにもグっとくる。しかしそのころには秋になっちまうなァ……。

  でまぁ、そんな燕山君の大暴れにカタルシスを期待しつつ186話に挑むワケだが、そのマラソンの主役をなす仁粹大妃(というより役を演じていているチェシラ)がかもす迫力こそが、このドラマの根幹を牛耳っているといっても過言ではないだろう。のちに仁粹大妃と化す首陽の長男の嫁・ハン氏として最初から出ているのだが、山盛りとなった傍役のひとりでしかなかったその時代から、すっかりドラマの顔と化す文字どおりの変貌にもグっときてしまうのであった。

  ところで、この時代は数々の大韓時代劇で舞台に選ばれているが、この作品では「朝鮮王朝実録」などの歴史書を比較的忠実に沿っているといわれ(ときおり入る解説で、ときに「実録」の内容に疑問を呈していたりもするが)、時代劇であると同時に「歴史ドラマ」であるといえるだろう。なにがいいたいか?  大NHKが大韓時代劇を指してことごとく「韓国歴史ドラマ」などと銘打っているが、そのなかには100%のフィクションドラマも含まれており、NHK式の呼び方に違和感を覚えざるをえない。もちろん、「王と妃」にしても創作された部分は多々あるだろうし、作品の最後で述べられているとおり、残された“史実”が勝者側の“史実”にすぎない点なども考慮すべきではあろう。だが、NHK式の無防備な呼び方はどうだろうか。あたかも、フィクション(まったくの作り話)もまた「歴史ドラマ」、あるいは史実としかねないような危惧を、わずかながらも感じないではいられないのだが……。



Wanggwabi01

  さて、そんな「王と妃」は大韓における大ヒット作でもあった。1998年6月から2000年3月(長ぇ〜っ)というから、かれこれ20年弱前という古いドラマであるにも拘わらず、街を眺めればこんなレガシー(遺産)がそこここに散見されるというのも楽しからずやо(^ヮ^)о

ココアルネ

Wanggwabi02

  看板の文字はドラマのまんま(多少は違えてあるかもしれないが)。書道の師範だかなんだか忘れたが、その程度にまで書道に勤しんでいたことのある我が母堂いわく「あの王の字、上下のバランスを崩してあるところがいいわねぇ」とのこと。篆刻家・チョンビョンネ(정병례선생님)の作ということで調べてみたところ、「ほしい!」と感じさせる作品があれこれあった(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

ココアルネ

Wanggwabi03

  コレはちょっと再現がいい加減ですな。

ココアルネ

Wanggwabi04

  もとい、勝手に使って大丈夫なのかと思わないでもないが、きっとケンチャナヨなのであろう。そう思った。

ココアルネ

Wanggwabi05

  飲み屋の一種。こうしてみたところ、飲み屋のほか韓服店、さらにノレバン(大韓式カラオケ屋)に好まれているようだ。

ココアルネ

Wanggwabi06

  まぁ、王と妃ですからねぇ。たしかに韓服にはもってこいの屋号かもしれない。

ココアルネ

Wanggwabi07

  民俗酒場。

ココアルネ

Wanggwabi11

  この店はチェーン店のようだ。どうでもいいが。

ココアルネ

Wanggwabi12

  王と妃は「왕과비」。しかし「왕&비」ってのはあまりにおっかさん(チェシラ)と燕山君をナメちゃいまいか?

ココアルネ

Yeonsangun01

  で、燕山君。なんだって燕山君なのかといえば、看板にあるとおり「연산군연탄구이」(燕山君練炭焼=ヨンサングンヨンタングイ)、つまり「燕=ヨンと練=ヨン(ともに大韓語読み)」ってことなのではないかと推察するのだがぢうか?

Yeonsangun02

  この店は屋号の看板が捉えられていないが、同じく焼肉店である。生サムギョプサム3900ウォンってのは安くないか?

  それはそれとして、「王と妃」の前半を見るにつけ、「ぁあ、この男の目つきときたら、日本のどっかの政治家と同じですなぁ」と感心させられることしばし。内官(宦官)のオムジャチ(キムビョンギ)やキムヨン(ファンボムシク)、安平大君(チョンソンモ)あたりなんかとくにねぇ。テレビニュース(自称か?)なんかを見てると、どっかの国の与党政治家の見たくもないのに見せられることが多い面々にクリソツなんですな、コレが。このうち、役を演じているキムビョンギとチョンソンモは、ともに「砂時計」で悪役格というか“卑役”(造語)でイイ味わいを出していたが、「王と妃」でも期待どおりの仕上がりである。まぁ、いまのところ(?)燕山君がわが国にお出ましでないのが救いといやぁ言えるか……?

Gimseongju02

  話かわりますけど。かように大韓ネタで寛いでいたら、こんなのを拾った(3冊ほど表紙画像をネットでみかけるが、いずれも同一の画像のみが流布されている模様。そのうちのひとつをココでも使わせていただいた。ぁあ、欲しいなァ……)。いかにもアヤシゲな雰囲気の「劇画」だが、金日成のルビが本名の「김성주(キムソンジュ)」になっているところがミソ(『劇画・金日成の寝室』パクブキル画)。

Route21

  コレも拾いモノ。「道路脇(路肩)での性行為  交通事故誘発」ときた。類似のシロモノに国立公園内だかにあるらしい同じような意味の横断幕(섹스금지)があって大韓人を面白がらせているようだが、そちらは単純なフェイク。するとこちらもそのテかもしれないが、とりあえず面白いのでタウム地図で現場を捜索してみることにした。

  ちょっと見に全羅道の北部か忠清道南部を直感したが、よくよくみれば「全州国道」がどうのとある。ココまでわかればあとは単純。該当しそうな国道をネット上でドライブすればいいのだ。

Route21point05

  で、あったо(^ヮ^)о  ワクワクしながら捜索を続行し、かれこれ6カ所ばかり特定しつつスクリーンショットを取ったのだが……、書いてある文句が違うではないか。「道路脇での販売行為〜」だって?  ったく、ガッカリしたとはこういうときの心境を指すんだよなぁ(笑)。

Route21point0565346

  その現場のひとつ。

ココアルネ

  しかし、さらに調べてみたところ(ヒマ人ですね・笑)、コレはまったくのフェイクではない可能性が出てきた。なんでも最初に現われたのはまさしく「性行為(성행위)」云々(うんぬん)で、コレを見つけた某大韓人がネットにアップするや、世間をそれなりに楽しませたらしい。ところが、その騒ぎにクマった当局が、とりあえず「商行為(상행위)」と書き換えたというんですな。それが現段階では「판매행위(販売行為)」で落ち着いているということらしいのだが(つまり、성행위→상행위→판매행위)、そもそもがこの路肩で商売をするというのはムリがあるというか命がけだし不自然にすぎる。むしろ「性行為」のほうが、たぶん路肩にクルマを止めて云々(うんぬん)ってな話だろうから可能性がないワケでもないだろう(しかし、こんなところでそんなことをする意味が?)。

  それはそれとしても。コレが当初のママだったら、この現場に赴いて写真のひとつでも撮らないことには自分に対する示しってもんがつかないよなァ。ぁあ、でもこんなところまで往くのも面倒だなァ(全州あたりからタクシーをチャーターか?)。……でも、やるんだよっ!  というのをやらないで済んでホっとしたであります。

Geumji01

  おまけ。だいぶ前に拾った「くむじ少年」。なんらかの事情でいきなりこのページに寄って下さった方にはなんのことやらわからないと思いますが……。「ドキドキラブコメディ」ねぇ……。大韓版「JUMP」に載っているのかいたかしたそうであります。


  おまけ。



  大韓語で歌ってみましょう♪

  으하하하!  으하하하하!
  (ウハハハ!  ウハハハハ!)
  황금박쥐!
  (ファングムバッチ!)
  어디 어디 어디에서 오느냐 황금박쥐!
  (オディ、オディ、オディエソ オヌニャ ファングムバッチ)
  빛나는 해골은 정의의 용사다.
  (ピンナヌン ヘゴルン チョンゥイエ ヨンサダ)
  힘차게 날으는 실버 배터.
  (ヒムチャゲ ナルヌン シルボ ペト)
  우주의 괴물을 점멸시켜라!
  (ウジュエ クェムルル チョムミョルシキョラ!)
  어디 어디 어디에서 오느냐 황금박쥐!
  (オディ、オディ、オデュエソ オヌニャ ファングムバッチ!)
  박쥐 만이 알고 있다.
  (パッチ マニ アルゴ イッタ)
※作詩:제일동화/作曲:타나카 마사시/大韓版の歌:?

  なんだって黄金バット(황금박쥐)なのかといえば、大韓ドラマ「まるごとマイラブ(몽땅 내 사랑)」のファンクムジ(황금지)が双児の弟オギョブにそう呼ばれてたのを思い出したから(単なるくむじつながり。とくにというか、まったく意味なし失敬の巻といったところだが、じつはアニメ「黄金バット」が日韓共同製作だったということをこの騒ぎのおかげで知ることとなった)。ついでのついでさらについでのの話ではあるが、「우주의 괴물을 점멸시켜라!」のところを「자민당의 바보들을 점멸시켜라!」にしたら楽しかろうと思う。

  という次第で、大韓に行かないで大韓を味わう法の巻でありMASITA。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.28

ネコ寺に遊ぶ・・・の巻

Bangkok_0019

  バンコク。早朝の「チャオプラヤーエクスプレス」に乗り込む。なぜかといえば、トンブリー駅を7時30分に発つどん行列車を捉まえるため。トンブリー駅はバンコクのターミナル駅ひとつだが、市街中心部に近いメインターミナル・クルンテープ駅とは異なり、市を二分するチャオプラヤー川の対岸に位置するなど、アクセスにやや難がある。前泊したパヤータイからBTS(高架鉄道)2路線とチャオプラヤーエクスプレスに乗継ぎ、ワンランで下船して徒歩15分程度。BTSは5時50分ごろから走っているので余裕はありそうだが、それでもスリルがあるアクセスだ(パヤータイだが、電車内の放送がオレの耳には「ピヤータイ」に近く聞こえる。同様に、繁華街のひとつサイアムにしても「シィアム」としか聞き取れないのはオレの耳だかアタマだかがおかしいのか?  この話はまたいずれ)。

  ▼コレは「CIAO(チャオ)ちゅ〜る」ぞなもしо(^ヮ^)о



Bangkok_0908

  チャオプラヤーエクスプレスは、サートン(船着場)がBTSのサパーンタークシン駅と接続。船内アナウンスの類はないが、前回(昨年4月)に同じルートを乗った体験から、左岸の船着場をいくつか経て最初に右岸に達するとそこがワンランということがわかっていたので、迷うことはないだろうと思った。その右岸の船着場。ワンランの文字はないし、こんな寺院があったかなとも訝ったものの、桟橋のたたずまいがよく似ているように思えたのでともあれ船を後にした。が〜……。

Bangkok_0035

  降りてみて、ココがワンランなどではないことがわかった。後でわかったのだが、ルート(船着場)の一部が以前とは変更されていたのである。困ったことになったけれど、そこではクロボウズ軍団がオレを待ち受けていた。

Bangkok_0038

  こうしてみると、クロネコってのはみんな同じような顔をしてますなぁ……о(^ヮ^)о

Bangkok_0020

  白いソックス。ちょっと毛並みが荒れているのが気になった。

Bangkok_0023

  もちろんいるのはクロネコばかりではないYO。

Bangkok_0930

  平和そのものの情景。繁華街などでのノラ生活は大変だろうが、ココが仏教寺院(ワットアルン)の一隅であることを考えると、おそらくはいじめるニンゲンもおらず、安心して暮らしているに違いないと思う。

Bangkok_0024

  白黒3兄弟о(^ヮ^)о

Bangkok_0021

  取っ組み合いをしております(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Bangkok_0025

  オヤと思しきキントラさん。

Bangkok_0028

  個人的には、この右端にいるクロボウズがお気に入りなんですよ。

Bangkok_0040

  なんつうか、ウチのクロボウズとよく似ている(早朝ゆえボケてしまったが)。守ってあげたくなってしまうようななたたずまいがココロを刺激するのであった。

Bangkok_0928

  で、どうしても気になって仕方がなかったので、地方から戻った足で現場を再訪。最初の印象より肉づきがよかったが、なぜか足がよたよた……。しかも、オヤを探しているんですよ。撫でてあげるとシアワセそうに目を細め、ペットボトルの水を分けてあげたらチョビチョビと飲んでくれた。できることなら、わが家に連れ帰ってちょびに負けないぐらいの巨大ネコに育てたいが、それは叶わぬ願望というものであろう。

Bangkok_0043

  ちゃんと水入れも用意してある。再訪のときには空になっていたので、こちらにもペットボトルから水を注いだ。しばらくすると、寺院前(土産屋などが集まっている)のボランティアらしきおばさんが、ドボドボと水を足していてホっとしたものだ。

Bangkok_0932

  この小旅行を前に旅立っていったクロボウズを思い出すが、ひょっとするとこの地に転生するのかもしれないと思った。それゆえ、ココにこうして降り立ったのではあるまいか?  自らの転生をクロボウズが伝えるためにオレをここに導いたのかもしれないではないか。この常夏の地、それも仏に見守られながら暮らしていけるのであれば、ネコにとってはこのうえない幸せのように思える。

  それで、こんなときに携えていた本というのが『なにも願わない手を合わせる』(藤原新也・文春文庫)だった。偶然の演出というのはよくできている。帰国前の再訪のときは、歩き回るのも暑くて億劫なので、チャオプラヤー川の畔でのんびりと読書のひとときともなった。

Bangkok_0921

  クロボウズ母子。シアワセなひととき。

Bangkok_0924

  ふと、シンクロ。やっぱ血ですかねぇо(^ヮ^)о

Bangkok_0911

  次回のタイ散歩のさいにも立ち寄ってみようかと思う。
  つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.16

ロ長調の至福・・・の巻


  今回は、久々にクラシック音楽をめぐる無駄話を……。
  もっとも敬愛している音楽家がショパンであることはなんどか記してきた。聞いたり弾いたりするだけでなく、楽曲などをめぐりあれこれウンチクというかナゾ解きに興じてみるのも楽しいものだ。

Chopinkey

  で、今回取り上げてみたのはショパンの楽曲における調性である。たとえば、『ショパン マズルカ 演奏と解釈への助言』(山崎孝/音楽之友社)を開くと、
「変イ長調という調性は、ショパン好みの調性であることは周知の事実である」(179P)
  といった記述があるし、同世代に生きたシューマンが組曲「謝肉祭」のなかの変イ長調の1曲を「ショパン」と名づけていたりもする。オレ自身もまたショパンにとっての変イ長調という調性を特別視してきた。だが、本当にそうだろうかとふと思ったのである。

  たとえば──といっても個人的な好みにすぎないが──ショパンの変イ長調にどれだけの傑作があるだろうか。著名な1曲として「英雄ポロネーズ(作品53)が思い浮かぶが、演奏会向けではあっても傑作とは思えない(トリオにはグっとくるけれど)。ポロネーズでいえば、同じ変イ長調ならば「幻想ポロネーズ(作品61)」にむしろ霊感めいたものを感じるし、嬰ヘ短調(作品44)のほうがよほどの問題作だ。変イ長調で目立つといえば、あとは「ピアノ協奏曲第2番(作品21)」の第2楽章ぐらいか……。

  そこで集計してみたのが上の表というワケだが、曲数でいうと変イ長調(As-dur)が29曲で堂々のトップ。のっけから“仮説”以前の“疑問”の根拠がなし崩しになってしまいMASITA(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)  次点が21曲でイ短調(a-moll)だというのをどう解釈するのかはひとそれぞれだろうけれど、両者の差が歴然としているのではいかんともしがたいではないか(笑)。
  ただ、ショパンの故郷・ポーランドの民族音楽に由来する「マズルカ」の6曲はともかく、「ワルツ」で29曲中の8曲を占めるというのが興味を引く。これらのなかに、“重要な曲”がどれだけあるかという視点においてだ(イ短調・作品34-2や嬰ハ短調・作品64-2あたりはо(^ヮ^)о)。

  *表はC(ハ長調)からd(ニ短調)まで、「前奏曲集」(作品28)と同様の循環で並列しました(大文字=長調、小文字=短調)。カテゴリ中の「マズレック」は「マズルカ」と同義ですが、ショパン自身の命名に合わせて別項目に。「ほか」は「ロンド」や「幻想曲」「舟歌」「ピアノ三重奏曲」などが該当。(*1)などの数字はピアノソナタなどにおける各楽章の主調をカウントしたものです。なお、誤りがありましたら御指摘をいただけると幸いです。

Chopin_op593

  ところで、独断で傑作中の傑作を列挙してみると……、
・ポロネーズ:作品26-2(変ホ短調)、作品44(嬰ヘ短調)、作品61(変イ長調)
・マズルカ:作品33-2(ニ長調)、作品56-2(ハ長調)、作品59-1・3(イ短調・嬰ヘ短調)
・バラード:作品52(ヘ短調)
・即興曲:作品51(変ト長調)
・前奏曲:作品28(24曲全曲──とくにハ長調・変ホ短調・ヘ短調)
  あたりを挙げたくなるが、なかでも上の譜例に挙げた「マズルカ・作品59-3」(嬰ヘ短調ーfis-moll)は“ショパンらしさ”という点で傑出した1曲ではないかと思う。マズルカ独特のアクセント(明確な箇所として譜例末尾から2小節3拍目など)。3拍子と2拍子の混在。ルバート。ソナタ形式に準ずる形式美。そしてこの嬰ヘ短調(第2主題は嬰ヘ長調)の響き……。じつはショパンの嬰ヘ短調にはショパンならではの冴えをみせている曲が多い。たとえばつぎの「前奏曲・作品28-8」もそんな1曲ではないだろうか。

Chopin_op288

  ショパンはピアノ演奏法に大革新をもたらしたといわれており、たしかに彼以前には想像もつかなかったような書法をいくらでも見つけることができる。ショパンの楽曲にある種の即興性を見い出すという話はよく聞くが、あるいはこの曲にもそんな秘密が隠されているのかもしれない。それを裏づけるといおうか、ショパンのあまたのピアノ曲には、「難しい箇所」は数知れずとも「(あえて)弾きづらい箇所」は数えるほどしかないような気もしている(気も……というのは、このでまかせを記しているのはピアニストではないものでしてねぇ)。

  同時代のリストもまた、ピアノ演奏(技巧)を究めた音楽家ではあったが、おそらくはショパンとは対極の発想(?)が彼の創作を支えていたようなイメージを抱いている。では、やはり同時代のシューマンの心境はいかなるものだったろうか。シューマンといえば、ショパン17歳のときの作品「ラチダレムラマノによる変奏曲」(作品2)にショックを受け、「諸君、脱帽したまえ、天才だ!」と絶賛。その論評を読んだショパンがあまりのとんちんかんぶりに脱毛してまったというのは大ウソだが、その後もなにかにつけ絶賛の論評を発表している。しかし、そのホンネははたして……?  仮にショパンをめぐる小説なり映画なりを創作するとしたら、シューマンこそが主人公に相応しいような気がしてならない。

Chopin_op44

  一連の嬰ヘ短調のなかで、もっともカッチョイイのはこの「ポロネーズ」(作品44)でキマリ!  トリオ(中間部)にマズルカ(イ長調=A-dur。単独で書かれた「マズルカ」にはただの1曲もない調性だ!)を挟む規模の大きな楽曲だが、第1主題の激情ぶりがとりわけ際立つ。もっとも、この曲が書かれた1941年ごろのショパンは、比較的健康状態もよく、療養で訪れていたマジョルカ島からパリに戻り、創作活動に没頭していたという。たとえばウィーンに滞在していたころのような葛藤(故郷ポーランドで起きた「ワルシャワ革命」の報を受けた)とは距離があったようだ。

  それにしても、上の表にあるように嬰ヘ短調を主調とする楽曲はわずか6曲(うち「ワルツ」1曲はショパンの作でないとする意見がある)。ここで取り上げなかった「ノクターン」(作品49-2)のメランコリックな“歌”にも惹かれてやまない(冒頭の主題の22小節にも及ぶ長いスラー!)。

Chopin_op621

  いまひとつショパンが描くロ長調にもココロに静かな響きをもたらすような佳品が多い。「ノクターン」全21曲中3曲(作品9-3、32-1、62-1)ともっとも多くを数えるのは、あるいはこうしたスタイルの楽曲にこの調性が向いているとショパンは直感していたのだろうか?  逆に、ただ1曲ある変イ長調(作品32-2)からはあまり冴えが感じられない。
  個人的にはこの3曲ともに好むところで、とりわけこの62-3にはある種の“ファンタジー”めいた世界を想像してしまう。ドイツ北部やポーランドにこんな風景があるような気がした。その平原で聞こえてくるかすかな音は梢だったり波音だったりするのかもしれないが、そうしてまっすぐにさまようような印象を、この曲から抱き続けてきた。

Chopin_op583mov

  同じロ長調でも、「ピアノソナタ第3番」(作品58)の第3楽章からはいくぶん体温めいたものを感じる。だが、作品62-3のAndanteにせよ、この曲のLargoにせよ、そこには“歩み”のようなものが暗示されてはいまいか?

Chopin_op61

「幻想ポロネーズ」(作品61)では、前半の山場を走句で締めくくったあとに、テンポを落としてコラールふうの楽想がロ長調で演じられる(譜例はその6小節目以降)。このロ長調もまた、ショパンならではのロ長調だと勝手に思い込んでいる。発想標語にはPiú lentoが与えられており、Largoとは異なるさまよい方をしているような気がするのだが、案外、自分自身はこういう情景を探し求めて旅に出歩いているのかもしれない。以前訪れたバルト海に面した砂浜で、その片隅に繁茂する雑草が示す色彩とのシンクロをかすかに覚えたものだったが……。

Chopin_op49

「幻想曲」(作品49)のトリオからも、ショパンのロ長調が強烈に伝わってくる。この曲の主調であるヘ短調の対極調が選ばれたのは、はたして意図的だったのだろうか?

  いまひとつナゾめいている点として異名同音調を挙げておきたい。♯・♭ともに5つ以上が付加されると発生するものだが、多くの場合は♯・♭が6つの調が該当する。すなわち、嬰ヘ長調=変ト長調(Fis-dur=Ges-dur)と嬰ニ短調=変ホ短調(dis-moll=es-moll)である。
  ショパンの場合、異名同音調のうち嬰ニ短調と変イ短調を主調とする曲が皆無だということは子どものころに気がついていたし、上の表でも省略してある。言い換えると、音としては同じであるにも拘わらず嬰ヘ長調を変ト長調とを明確に分けており(「即興曲」と歌曲では双方が混在している!)変ホ短調は徹底して変ホ短調を貫いているあたりにも好奇心をくすぐられずにはいられない。しかし──こんな抽象的な話がどれだけのひとに通ずるかはわからないけれども──、実際に聞くなり弾くなりしてみると、嬰ヘ長調はたしかに嬰ヘ長調であり、変ト長調もまた然り。5曲ある変ホ短調の曲が嬰ニ短調として聞こえてくることはない。

  これまたごく私的な見方ではあるけれど、平均率24の調性にはそれぞれ色彩があり、ことによるとショパンはそういう直感をもって曲の性格をはかっていたのではないだろうか。実際に試してみるとよくわかるハズだが、たった半音をズラしただけで、同じ曲がまったく異なって聞こえてくる(歌曲が原調と異なる調性で歌われるのはごくふつうのことだが、オレはどうしてもなじめないのだ。カラオケを含めて)。はたしてショパンの真意やいかに?

  なんだか曖昧模糊としたボヤキの羅列になってしまったが、今宵はこのへんまでにしとうごぢいます(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.04

春ののりもの見物・・・の巻

Incheon_0003

  前回アップで、帰路のフライトが3時間遅れとなった旨を記したが、その“後日談”などを……。
  近ごろ凝ってるのがこの「flightradar24」。航空レーダーなどによるフライトデータのほか世界中のおもな空港や機体データなどをチェックできるサイトだ。どういう層を狙った企画なのかはわからないが、同種のサイトは複数あって、いずれも“航空マニア”の御用達になっているようにお見受けする。

  でまぁ、帰宅して落ち着いたところで乗ってきた便をチェックしてみたワケですよ。
  そしたら……。

Hl7418_2

  搭乗前々日のソウル〜マニラ便を発端(?)にして遅れ慢性化していたことが判明。乗ったのは上から4行目の便だが、9時01分のフライト予定に対し、使用機材が9時12分に着陸したのでは遅れてあたりまえ。とはいえ、こういうのは航空にはつきものではあるし、よほどのことでもなければ腹を立てたりというのもヤボというものである。が〜。問題はその数日後……。

  ホーチミン発仁川ゆきのOZ736便が機体故障のため離陸前に立ち往生、およそ9時間の遅れでのフライトとなったというのである。さる1月24日に起きたこの遅延、なんと大韓の帰途にオレが乗ってきたB747-400のそれもHL7418という同じ機体で起きていた。しかも、ちょっとした不具合ではなく、エンジンが起動しなかったというのだからおそろしや……。ちなみに、このHL7418は類似サイトによれば1994年9月に就航というから、御年22歳という大ベテラン。たとえば『墜ちない飛行機』(杉浦一機・光文社文庫)には、
<ジェット旅客機が大幅な整備コストをかけずに飛べる“経済設計寿命”は二十年、離着陸回数で六万回(離着陸のセットで一回と数える)と言われている。だが、運行するエアラインサイドでは、手入れを入念にしていれば三十年は使用できると考えている。>
  とあるが……。専門的にはどういうレベルなのかはわからないが、シロウトにとってはおののくに十分なような気も。(画像はflightradar24からのスクリーンショット。以下7点目まで同)

Oz743

  そんなこんなで恰好のヒマつぶしというか、ときには仕事の邪魔さえしてくれるイカしたサイトなワケなんです。で、あるィ夜にチェックしてみたらこんな航跡に遭遇(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)
  機体はホーチミンのアレとは異なるB767だが、見るからにおそろしげではないか。左のパーツをスクロールすると飛行高度なんかもチェックできるが、それによれば高度は三千数百フィート。最終的には仁川空港に引き返していたが、大韓語ニュースサイトによれば、片側エンジンの不具合が発生したため燃料を消費したうえで帰着したとの由。そりゃいいとして(実際問題よかないが)、このグルグル飛行をしているさなか、その少し東方でクラークフィールドに向かって仁川を飛び立ったジンエアー機が仁川空港にバックしているのもキャッチ。いずれも大事にならずに乗切ったようでなによりではあるが、じつはこのテの「イレギュラー運行」(ないし重大インシデント)はさほど珍しくないということがわかった。つぎの国土交通省のサイトを開くと、「知らぬが仏」の世界がデータベースとなっていて好奇心を刺激する。

イレギュラー運航の発生状況(国土交通省)

  日本の役所の管轄内だけでこれとは……。しかし、善意に解釈すれば、こうしたなかで重大事故を(ほとんど)起こさずに運航できるだけのノウハウがソフト・ハード面ともに蓄積され生かされているとみることもできるかもしれない。もっとも、それだけに安全運航のイロハを遵守することの大切さを窺わせるのだが。

Ca9250217

  ところで春先といえば春の嵐。オレ自身もなんどかちょっとばかりおののいたこともあるが(あるときは着陸寸前の機内で「キャ〜〜!」という悲鳴がいくつも飛び出していた・笑)、それで思い出すのが2009年3月23日に成田空港で起きたフェデックス80便着陸失敗事故である。
  早朝に起きたこの事故、ちょうどそのころ自室で目がふと醒めたところ、表が春の嵐となっていることをさとった。ふと「こういう日に飛行機で着陸したくないものだ」などと思ったのだが、どういう次第か、ベッドを起き出すや階下に降りていったのである。するとそこではテレビニュースがこの事故を報じていたというワケなのだが、こんな早朝に目が醒めたからって、テレビを見るなんてことはオレにはほとんどないし、事実、少なくとも自宅にいて同様の行動をとったことはそれから今日までただの一度もなかったハズだ。それがよりによってライブで遭遇するとは、ィ世の中ってのはよくできている。

  関係ないが、事故を起こしたMDー11には、だいぶ前に成田〜ロサンゼルス間の往復で乗ったことがある。タイ国際航空便だったが、よりによって搭乗の数日前だったかなんだったかに墜落事故を起こしていたりしたなかでのフライトであった。それからだいぶ経って、このMDー11ってのが操縦しづらい面のある機種だということなどを知ることにもなったが、それはともかく、フォルム的には好みではあるんだよねぇ。進んで乗りたいとは思わないけれど。

  で、春一番とやらが吹き荒れたさる2月17日にも、仕事の手を止めて同サイトをチェック。すると、こんな事態に遭遇したりもしたのであった。

Nh9450217

  前段の中国国際航空便は成田での着陸を断念し、関西──いや中部だったか?──に代替着陸していたというものだが、こちらの全日空便は成田到着断念後に羽田に着陸していた。幸いにしてこういう事態に遭遇したことがないが、では乗客はどうするのだろうという当然の疑問が浮かぶ。調べてみると、国際線の場合はこうしたケースでは本来の着陸空港で降機・入国するのが原則だそうで、「羽田だぁ、むしろラッキー♪」というワケにはいかないらしい(国内線の場合は鉄道などでの振り替え輸送もある)。たしかに、この数時間後に「羽田発成田ゆき」という風情で再離着陸をしたことがサイトデータにも記されてあった。

Cuc17030304

  あと、たぶんチェックしている同サイト愛用者が多いのではないかと推測しているのが北朝鮮である。もちろん順安(平壌)空港離着陸データも捉えられるし、北朝鮮上空の様子もチェックできる(残念ながら地方空港はフォローされていない)。で、そんななかに発見したのがこのクバーナ航空であった。キューバの航空会社の便がなぜ平壌に? と思うが、リースなりといった事情があるのかもしれない。しかし面白いのはこの行程である。なにしろ、2月25日にパナマシティからボゴダに飛んで、ィ翌日にはハバナからアメリカ合州国のトロントにフライト。それがなぜか2日後には平壌〜北京間を飛んでいるというのだからわからない。

Kor1520304

  さきほどチェックしたクバーナ機(便名は高麗航空152便)の飛行ルート。なにかの間違えではなく、実際に飛んでいるようだ。

Mmd2603b

  こんなナゾの飛行機も。MMDなんて聞いたこともない航空会社だが、ネットで検索しても日本語でヒットするのは「ミクダンス」ばかり。どうにかイギリス語だかトイツ語系だかでチャーター便専門航空会社だということがわかったが、あの「エアライン年鑑」(チャーリィ古庄・イカロス出版)にも掲載されていなかった(もっとも持っているのは2011ー12年版と古いが)。それはともかく、発地のGothenburg(Göteborg)。ヨーテボリ(イェーテボリ)……読めん。
  なんというか、マニアゴコロを刺激するイカしたサイトではありますねо(^ヮ^)о

Isumi_0366

  話かわりますけど。

Isumi_0374

  春だしということで房総を散歩。残念ながら、いすみ鉄道沿線はまだまだ冬枯れの延長線上であった……。

Isumi_0377

  とはいえ、国鉄風味の汽車はいいо(^ヮ^)о

Isumi_0388

  たとえマニアの類ではなくとも、世代によっては十二分に懐かしさへとつながる情景である。

Isumi_0392

「3月末ごろになれば、きっと菜の花もキレイですよ!」
  とは地元の老夫妻。機会をつくってまた訪れてみようと思う。

Nazonora_0359

  ところで、ィ夜に仕事をしていたら、なにやら表から「ワーワー」。物置を覗くと、なかに見慣れないネコがお休み中。そんなところにちょびが遭遇したらしい。

Nazonora_0358

  なんというか、ほっといてあげなさいよと思うのだが、そういうワケにもいかないらしい。

Nazonora_0357

  と考えると、ちょびがクロボウズを受け入れたというか連れてきたというのがやはり不思議でならないのだ。

Kurobouzu_0362

  そのクロボウズは台所のカゴがお気に入りо(^ヮ^)о 鼻炎が治らなくてこんなザマではあるが、食欲は旺盛で、ヘタをすると標準サイズのネコ缶ふたつぐらいを1日で平らげてしまう。

Yuhi_0397

  早くもっと暖かくならないですかねぇ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.03

謹賀新年2017・・・の巻

Sinnen201701

  穏やかな年明けとなりMASITA。本年も、なにとぞよろしくお願い申し上げますm(__)m

  トリ年が人類のトリ年になりまっせ〜とはあのノストラダムスも思いつかなかったであろうギャグではあるが、あながちシャレとばかり笑っていられないかもしれん……(関係ないが、ノストラダムスとやらって、ありゃどのへんの部分が面白かったんですかねぇ。幼少のころからいまのいままで、さっぱり理解できないナゾのひとつである。10年ぐらい前だったか、どこぞの三流新聞が類似したセンスの根拠をモトに、「日本経済は復調する」とかなんとか紙面で御高説をたれていて大笑いしたのをたったいま思い出した・笑)。そりゃそれとして、サムゲタン柄の年賀状を親しい友人たちに送ったところ、Sとネタがかぶった(ヤツは水安堡名物キジ料理を選んでいたが、ともに大韓料理ではありますな)。まっ、つきあいが長いからねぇ……。

  年賀状といえば、すでにハガキの大幅値上げが予告されている。じつをいえば、「今年でおしまいにしよう」と毎年のように思っていのだが、ご無沙汰の友人や知人から届けば素直にうれしいし、義理というものだって無視はできない。ゆえに、あれやこれやでスリム化をはかりつつ続けていくのであろう。まぁ、つぎのヘビ年はコブラ写真でド迫力にしたいというお楽しみはあるし、それまではくたばるワケにもいかないだろうしねぇ……。

  で、トリ。ふと目が醒めたら、家の近所で「アエラ!  アエラ!」とどっかのトリが雑誌の宣伝をしているのが耳に飛び込んできた。その「アエラ!」の前に一瞬だけ「カ-…」と発声しているところから察するとカラスのようではあったが、なんだってあんな鳴声になったのか。チェンマイの名も知れぬ仏教寺院で「お、ぱ〜ぃ、お、ぱ〜ぃ」啼きつづけていた“おっぱい鳥”もいたけれど、正体は未だわからず。ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひご教示のほどを……。

Siritori01

  ところで、なんだったかをネットで検索していたところ、こんなナイスな絵本にぶち当たったо(^ヮ^)о
『うんこしりとり』とは考えMASITAよね。どういうのかというと、「
いするうん」とか「くだのおな」とかそういうのが並んでいるらしい。新年からこりゃイイものを発掘したなと思いつつ某通販サイトをチェックしてみたところ、この両者が「一緒に購入されている」リストに並んでいるのはむろんのこと、「この商品を買った人は」は『パンダ銭湯㊙』やら『みんなにゴリラ』やら『もうぬげない』やら『うんこ!』やら『タコさんトコトコどこいくの?』やら『はなくそ』やら、なんともぶっとんだセンスの絵本を手にしているんですよねぇ。なんつうか、感性のあちらこちらをくすぐられますよ。ぇえ、ぇえ。絵本から学ぶべきこと多数アリラン!  そう確信した2017年の正月でありMASITA(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.28

チェンマイ散歩も楽しからずや・・・の巻

Chiangmai_0390

  チェンマイ駅。駅舎側から眺めるのとはまた違った風情がある。

Chiangmai_0534

  チェンマイ観光の定番といえば仏教寺院めぐりとなる。汽車の乗るのが目的ではあるけれど、街歩きは楽しい。で、ところどろころで“ポイント”として寺院に立ち寄ることになるわけだが、仕事のネタとしてもきちんと見ておくべき……なのであろう(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

  ちなみのココは観光コースの定番中の定番とされているワットプラシン。境内を歩きながらタイガージェットシンを思い浮かべる日本人は世代がバレバレというものか(笑)。
  関係ないけれど、中学生時代の夏休みにローランボックが来日するというのでワクワクしたことがある。前にも記したように、新日本プロレスは演出が好みでなかったことなどから、当時をしてさほど注目はしていなかったけれど(藤波のファンではあったが)、ボックと猪木とがやりあうというのであれば話は別だ。で、いよいよ試合当日だったかどうかまでは覚えていないが、テレビ中継がはじまって「どんなにすごいモノが見られるのか」と、そりゃあ文字どおりに「固唾を飲んで」テレビ画面を凝視していたワケですよ。そしたら、会場に現れたのはローランボックではなく単なるタイガージェットシン。こっちがあっけに取られている間、いつものようにサーベルを振り回すや、育ちの悪い駄犬同士ようなとっくみあいをやっておしまい。なんでも、来日前に交通事故に遭ったという説明だったのだが、あれには心底ガッカリさせられMASITAね。

Chiangmai_0535

  でまぁ、地図も持たずにチェンマイの街をウロウロ。

Chiangmai_0524

  通りすがりの仏教寺院を散歩したりするワケです。

Chiangmai_0504

  旧市街の入口にあたるターペー門。現在地確認というか、散策上の目印としては知っておきたいポイントだが、現物を拝んでみれば著名観光地物件にありがちな顛末といったところか……?

Chiangmai_0385

  そんな著名なポイントよりも、むしろこんな物件にグっときてしまいますなァ……。

Chiangmai_0492

  北部随一の都市ゆえ、ひともクルマの類も多く賑やかだが、どこかしらのんびりとしたムードが漂っているチェンマイであった。

Chiangmai_0481

  ささやかな晩餐о(^ヮ^)о

Chiangmai_0557

  エアコンの効いたところでマンゴジュースでも……と、ふとみかけた東京やらソウルやらのどこにでもありそうなカフェに入ってみた。軽くひと休みだけのつもりだったが、メニューを見ているうちに「タイ(というかチェンマイ)のこのテの料理ってどうなんだろう?」との好奇心に襲われてしまった。
  こんな簡単なメユーであっても“お国柄”というのはなにかと出るもの。一般に大韓における日本でいうところの“洋食*”のゲキマズぶりが言い伝えられており、オレ自身もなんどか仰天したことがある。もっとも酷かったのがドラマ「ベートーベンウイルス」の撮影地としても知られている「プティフランス」内のその名も「ビストロ」で遭遇したナポリタン。わっざわざ3〜4センチに刻んだ麺がツユダク状態の皿のなかで溺れているんだから、その恐ろしさは推して知るべしでありましょう。韓国料理ってのはホントに旨いのが多いと思うのに……という次第で、同じくおいしい食文化を持つタイではいかにと思ったのであった(もとより、店によっても異なるワケだが)。
  で、コレがふつうに旨かった。わずかな待ち時間で出てきたことなどを考えると、できあいのソースを使っただけなのだろうけれど、タマには旅先でこういうのもいいかなぐらいには思うだけのものがあった。ムリして地元料理ばかりに手を出せばいいってものではないしね(逆に、マクドナルドの類には意地でも手を出さないが)。

  注*:単に洋食じゃ東洋か西洋かはたまた中洋かわからんじゃないかと思うのだが、“畸人”藤原新也がどこかで「西洋食」「西洋料理食堂」とそのテの料理と店を書いているのを読んで、リスペクトすべき相手を間違えてなかったと安心したオレであった(笑)。

Chiangmai_0576

  名も知れぬ仏教寺院でのひととき。笑顔の僧侶は弱冠18歳。英語が堪能なうえに、とっさの記憶力には目をみはるものがあった。

Chiangmai_0613

  市場に紛れ込む。

Chiangmai_0611

  市場のカフェラテでひと休み。目の前で“調合”してくれるのが、また旨そうに思えるのだо(^ヮ^)о

Phitsanulok_0188

  一方、こちらはバンコク〜チェンマイ間どん行旅の乗継ぎ地点となったピッサヌローク(直通のどん行はないため、途中での1泊が必須)。信号のない街であった。

Phitsanulok_0182

  駅前に蒸気機関車。

Phitsanulok_0163

  メシでも食うかと思い、ィ夜の街を歩いていたら、夜市に遭遇。

Phitsanulok_0162

  こうした庶民的な市場を歩くのは大好きなので、なんともなしにウロウロが止まらない。結局、この市場の一隅でとりわけ客の多かった惣菜店で夕食(持ち帰り)を所望。

Phitsanulok_0173

  ついでに果物もゲット。大韓ドラマでいえばおっかさんと小金持ちのむすめ。さらにコメディアン扮するアジュンマ(失敬)……という店であった。

Phitsanulok_0165

  前日がしゅぽだる(슈퍼달)だったことに気づく。
「だいぶ陽が長くなりMASITAねぇ」
  としみじみ語っていたのはSの会社の上司・新見新美氏(アップから5カ月近く経ってからのSの指摘により訂正ナリYO)似の通りすがりのおとっつぁんだが、そりゃわずか1週間程度の差(たとえば今日がそうではないか!)とはいえ、冬至よりはその日の陽は長かったのであろう(笑)。とすると、その新見新美氏似のおっとっつぁんからすれば、この月だって「ずいぶん欠けてしまいMASITAなぁ」となるんだろう……ねぇ(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

  それはそれとして。気がつけば本年最後のアップがコレ。とうとう与太噺に終始してしまいMASITA。一方、世相を俯瞰してみれば、後ろ向きというかヤケクソというか“人間性マヌケ説”(feat.根本敬画白)が具現化しているというか、どうにもこうにもロクな状況にないという気がしないでもありません……。個人的には、日常の仕事をこなしつつ外国の鉄道の旅に関する取材を重視し、いわばタンス預金的な意味合いも兼ねつつ折をみて歩き回ってきました。いずれはまとまった形でひとつひとつのケリをつけていかなければなりませんが、当面はこのスタイルを続けてゆくことになりそうです。

  ともあれ、本年もあれこれとお世話をおかけっぱなしにしてしまったり楽しくおつきあいくださったひとびと多数。みなさまの御多幸を祈念しつつ、来年もなにとぞよろしくお願い申し上げますm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.11

それぞれの寝床...の巻

Tyobikuro_0866

  あれこれちょっとした騒動続きだったわが家のお二方である。

Tyobikuro_0864_2

  ちょび(でかいほう)は年をおうごとにノミアレルギーが悪化。昨夏はお腹の毛が抜けて「ブタちゃん」と呼ばれたものだったが、今夏はさらにひどく、お腹(だけではないが)の皮膚が荒れてしまって痛々しい。もちろんフロントライン(ノミ駆除薬)などで防御はしているとはいえ、なんとも辛そうな夏となってしまった……。

  くわえて当惑させられているのが、突然のように猛烈な食欲を示すようになったことなのである。でかいわりには1回ごとの食事量はさほどではなく、たとえば夕方にはネコカンをあげるが、仮にちょびだけであれば1缶を平らげるのに3回ぐらいかかっていた。それも、あげたうちの半分も食べないうちに散歩に出かけて、しばらくして帰ってきてから残りをのんびり食べるというパターンだったのだ。ところが、1缶の半分ぐらいは一気にかっくらうふうに変身。空になったどんぶりの横で、「もっとくれ」とうるさい毎日。クロボウズの大喰らいが感染したのか、はたまた認知症でも患ってしまったのか……。

Tyobikuro_0872

  で、そのちょびが連れてきたクロボウズのケツからサナダムシがコンニチハした話は前にもいたしMASITA。このクロボウズ、家にやってきた当初は朝方出かけて夕方にちゃっかり帰宅するという勤勉なサラリーマン的生活をしてきた。面白いことに、年末年始はお決まりの外出をせず、ネコの日と言われている2月22日にも家でのんびり過ごしていた。ところが、気がついてみればさっぱり外出どころか庭にも出なくなり、そのあおりでトイレまで用意してやるハメになってしまった。このときはタマタマ玄関にお出ましになったのだが、これでも表に出たほうなのである。ひょっとして表で恐い目にでも遭ったのだろうか……。

Tyobikuro_0870

  それにしても、これまで40年以上にわたりネコと暮らしてきて「ネコは手がかからないのもイイ」と思っていたのをまるまる撤回したくなってきた昨今でごぢいます。

Tyobi_0877

  とはいえ、ネコののんびりは暮らしにやさしい。

Tyobi_0879

  ふと、物置部屋に寝床をみつけたちょびであったо(^ヮ^)о

Kurobouzu_0881

  一方のクロボウズも負けてはいません。

Kurobouzu_0876

  近ごろはこの小さなカゴがすっかりお気に入りなのであった(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Tyobi_0884

  ある日、思うところあって天井蛍光灯のカバーを出しっ放しにしておいたら、想像したとおりの展開となった……という場面。

Tyobi_0886_2

  やはりネコがいちばんだなァ……と思う今日このごろであった。
  次回アップは、秋の遠出の巻にてごぢいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧