« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018.06.27

表街道も絶景路線・・・の巻

T136s_0351

  スリンでの一夜が明け、快速136列車(バンコク・クルンテープゆき)でアユタヤを目指す。スリン発9時39分、アユタヤには16時36に着く。快速以上は座席指定が原則。自称・自由席主義者ではあるけれど、どうせ好き勝手に座れないのならとボックス席の3等車を避け、リクライニング席の2等車をタイ国鉄公式サイトで事前購入しておいた。予約手数料がプラスされるが、空いていれば好みの座席を選べるし、安心感はある。

T136s_0352

  この列車とペアを組む135列車にバンコクからケンコーイまで乗ったことがある。そのさいも2等車をフンパツした。10両編成の最後尾(バンコク側)が2等車だった(編成中1両だけ連結されている)。ということは、バンコクゆきでは機関車の直後が今回乗るべき車両であるハズ。そう思って長いホームのバンコク寄りで待っていたら、わが2等車は最後尾のウボン側だった。まさか編成をまるごと転車台に載せたワケでもあるまいし、摩訶不思議。乗り遅れても困るので慌てて手近な車両に乗り込んだらこんなだった……という場面。中間に別室を持つスタイルもユニークだが、並べられてあるボックス席というか木のベンチがまたソソる。このままこの車両に乗っていくのもええなァと思うが、どうやら定員外の業務用車両のようであった。

T136_0356

  2等車。事前予約時には進行方向がわからなかったが、もくろみ通りいちばん後ろの座席を確保できていた。

T136_0358

  ゆえにこんな車窓も楽しみやすいо(^ヮ^)о

T136_0360

  塗りつぶされた銘版。どうも日本製のような気がする。

T136_0363

  線路は真直ぐ。少し前までは、やれダイヤがいい加減だの、やれ脱線が日常茶飯事だのとウワサされていたタイの汽車だが、こうして見るかぎりはきちんと保線がされているように思える。大小の遅延は相変わらずあるにしても、その点もかなり改善しているというのが乗ってみての実感だ。もとより、事故はともかく、遅延もひっくるめて楽しみたいタイの汽車旅ではある。

T136_0367

  昼行特急と行き違い。リクライニング席かつ冷房車ではあるが、そのぶん運賃は高めだし、窓が開けられないし、あえて乗る気にもならない種別だ。

T136_0376

  タノンチラジャンクションでノンカーイ方面との線路と合流。ナコンラーチャシーマをすぎてしばらくすると、車窓は高原の様相を呈してくる。

T136_0380

  徐々に勾配をかせぐ。ここまではわりと単調な道中だったが、いよいよハイライト……という風情。

T136_0381

  線路の南側にはカオヤイ国立公園が広がっている。トレッキングなどで人気らしく、大樹林帯に渓谷がおりなし、野生のトラやゾウが生息する大自然郷だという。たしかに、写真を見てみると訪問欲が刺激される。この車窓は北側。この季節、大陽はこちら側から列車を照らしている。

T136_0387

  ダム湖・ルムタコン。

T136_0390

  昨年乗ったケンコーイ〜ブアヤイ間のブアヤイ線もダム湖(パサックチョンラシッドダム湖)畔というか湖上をゆく景色のいい路線だったが、こちらだってけっして負けてはいない。

T136_0393

  パクチョン駅。西洋人のカップルが2等車に仲間入り。トレッキングでも楽しんできたのだろうか。

T136_0395

  パクチョンと聞いてパクチョロンを思い浮かべるひともこのィ世の中500人ぐらいはいることでごぢいましょう。야〜박초롱이〜(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)



T136_0398

  いうまでもなく往路にも通っているけれど、景色を楽しむならはやり昼行、それも窓の開く列車がいちばん。夜汽車ならではの旅情も捨て難いのだが……。

T136_0403

  ほぼ定刻にアユタヤ駅に到着。待っていたのは不思議な構造のホーム。長いホームの途中にポイントがあって、前後を分断しているとは……。なんどか通り過ぎていてはじめて気がついたけれど、こんなのはほかでお目にかかった覚えはない。

T136_0407

  ローマ字表記からすればアユッタヤーでありバンコックのハズなのだが、アユタヤにしてバンコク。どちらのほうが正解に近いのかと思うが、わずかながらそのナゾが解けてきた。ようはタイ文字表記と関連しているらしい。しかしその肝心のタイ文字がいまだマスターできる気配もなく、さまざまなナゾ解きまでにはまだ時間がかかりそうである。

T136_0412

  明日の同じ列車の時間まで、タイ有数の著名観光地・アユタヤを散歩。
  つづくо(^ヮ^)о

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.21

珍奇男子・・・の巻

Surin_0304

  スリン駅。乗ってきたどん行列車を見送る。
  汽車に乗るときもそうだが、はじめての町、その駅に降り立ったときの気分というのもほかには代え難い味わいがあると思う。

Surin_0312

  知る限りにおいては珍しい漢字入り駅名標。

Surin_0349

  ウボンと同様に、ココでも人力サムローが活躍。

Surin_0316

  適度に街で、適度に田舎な風情……といったところか?
  ところで、なんだってスリンにやってきたのかというと……。

Surin_0307

  ゾウの像だぞう(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)
  というひとことを言いたかっただけなのでありMASITA(本当)。

Surin_0318

  コレもゾウの像だぞうо(^ヮ^)о

Surin_0319

  ゾウの像がいっぱいだぞう〜。
  スリンは11月に開かれるゾウまつりで知られる街。なんでも、各地からゾウ使いやゾウが集って大騒ぎの明け暮れになるんだぞうとのことだが、ふだんは平然とした地方の街のたたずまい。

Surin_0320

  ゾウというのは、かなり高い知能を持っているという話はよく聞く。いつだったか、そのテのテレビ番組で、母親を突然死で失ってしまった子象が倒れた母のもとからいつまでも離れないという場面が映されていたのが強く印象に残っている。やがて群れのリーダーだかが子をたしなめ、群れがその場を去ってゆくのだが、素直に胸をうたれたものである。

Surin_0322

  ネコかと思ったらネコ科になにかであった。

Surin_0317

  この散歩の留守中、わが家では2度にわたりちょびがモグラを捕まえてきたという。で、帰宅したィ翌日には、小さなネズミをゲット。かと思えばトカゲの死骸が転がっているのはしょっちゅうだし、つい3〜4日前には巨大な蛾をくわえてきた。その蛾、「ジージー!」とセミが捕まったときのような啼き声を挙げていたが、調べてみるとどうやらクロメンガタスズメというのがその正体のようだ。トドメはさされていなかったので庭に逃がしてやった。まっ、ニンゲンの子どもが虫なんかを捕まえてくるのと似たようなものかも?

Surin_0323

  中国ではかなりおめでたいナンバーなのに違いない。

Surin_0324

  てか、スリン人はゾロ目がお好き?

Surin_0334

  オレの大好物。単なるビーフンふうの麺料理(クァイティアオ)だが、なんといってもスープがイイ。さっぱりしつつもコクがある。香りもいい。ときおり禁断症状に襲われるほど(大袈裟)で、ぜひともわが家でも味わいたいと思っているけれど、味わうロケーションというものもあるのかもしれない。

Surin_0335

  フラリと訪れた庶民的な食堂にて。

Surin_0347

  ィ翌朝、そのお店の前を通りかかったが覚えていてくれて自然に挨拶。せっかくなので記念に撮らせていただいた。

Surin_0337

  ィ夜の寺院。
「さて夕メシでも食うか」
  と街に繰り出す。真夏のたそがれどき。かすかな風が身体をなでる。なんといっても、その瞬間にこそ、タイ散歩のシアワセを実感しないではいられない。

Surin_0339

  ホテル。1泊600バート。ビジネスホテルチェーンのようで、十分に快適にすごせた。

Surin_0305

  短い滞在ののち、快速列車でアユタヤに向かう。
  つづくо(^ヮ^)о

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.15

やっぱ、どん行。・・・の巻

Ubon_0246

  ちょっとだけ散策したウボンラーチャターニをあとに、どん行246列車でスリンに向かう。

T426_0257

  上下の写真、なんだか「間違い探し」のごとしではあるが、ほんの4〜5分の間をあけて撮った別のシーンである。

  まず下り(タイ国鉄ではそういう呼び方をしていないそうだが、便宜上日本式にて)列車が客を乗せて到着、入れ代わりで乗り込んだところ、「コレじゃないです」とタイ人御一行とともに降ろされてしまったのが、最初の列車。発車時刻も迫ってきているのだがと訝っている間もなく、似たような別の編成が回送されてきたのであった。
  まぁ、燃料のことなんかもあるのかもしれないし、タイ国鉄にしては芸の細かいことをなさるもんだと感心させられるが、ご覧のとおり後から来た編成のほうが心持ちボロ目。コレでうれしがれるかどうかは、タイ国鉄との相性をはかるバロメーターのように思うのだがどうだろうか。もちろんオレはウレシくて仕方がなかった(というほどでもないけど)のだが。

Ubon_0240

  とはいえ、構内はずれの車両基地には、同類の編成が留置されたママになっていたりもする。

T426_0263

  さっそく乗り込み直して席を確保。そしたら、「ココは業務用なんです」と追い出されてしまいMASITA。

T426_0264

  どうにか厠前に空きボックスをみつける。開放的な貫通路からも風が入ってくるし、コレはコレで悪くない席かもしれない。

T426_0284

  ちょっと「野生の王国」ふうな車窓が続く。さすがにライオンだのゾウだのはみかけないが。

T426_0285

  暑いっていえばいえるけれど、なぜか快適なタイどん行の旅である。

T426_0274

  順序は前後するが、ウボン駅のはずれにはこんな公園も(?)。

T426_0266

  イサーン名物のガイヤーン(焼き鳥)。

T426_0268

  ご飯(カオニャウ)をもらうかどうかちょっと迷ったが、さほど腹が空いているふうでもなかったのでトリだけをいただく。香ばしくておいしい。

T426_0286

  こうしてひとつひとつの駅やら停留所やらに停まっては進む。

T426_0291

  タイではタブレット閉塞が大いに現役о(^ヮ^)о

T426_0295

  行き違い待ちの対抗列車は通過しながらタブレットを授受。鉄道ファン好みのシーンだ。駅員のおとっつぁんはちょっと豊漫好みかもしれませんな(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

T426_0287

  キロポスト?  タイ数字?

T426_0275

  水牛の親子。こういうのを見ると、なぜかココロが和む。

T426_0296

  今日の泊地、スリンに到着。窓を開け放った汽車でのんびりトコトコ。やはりタイのどん行列車はいい。やっぱ黒缶みたいなものか?  そういえば、なにかのついでにセブンイレブンで「黒缶クラシック」を買った。ちょびにあげた。ツボにハマったらしく、いつのも「毎日黒缶」よりも食べるのに勢いがある。というか、ィ翌日に「毎日黒缶」をあげたら不満そうにしているのだから困ってしまう。仕方ないからまとめ買いでもすっかと思い、日ごろ「毎日黒缶」などを買うドラッグストアに足を運んでみたが、扱っていなかった。ネット通販でもみつけられず、どうもセブンイレブン系統でのみ扱っているようなのである。それで困ってしまうのはドラッグストアとは異なりダンピングがないということ。1缶10〜20円程度の差とはいえチリも積もればなんとやら。でもウチの子ちゃんの懇願に勝てようハズもなく、近所のセブンイレブンにまとめて注文したのであった……。

T426_0299

  という次第でスリン駅に降り立った。
  つづくо(^ヮ^)о

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.09

最東端駅へはあっけなく・・・の巻

Bkk_0110

  さて、夜汽車о(^ヮ^)о
  Iさんとの歓談ののち、乗り込んだのはウボンラーチャターニゆき67列車(急行)の2等寝台車である。ちょうど1時間前に発車する23列車(特急)のほうがランクが上で新型車両の編成なのではあるが、あえて古い車両にこだわったのではなく、単に朝寝がしたかっただけの話。切符は事前にタイ国鉄公式サイトで入手しておいた(当ブログの左側にリンクあり)。

Bkk_0123

  乗り込んでみれば、発車前から女性係員が寝台づくりに大わらわ。なんとも不可思議な習慣で、ンなもん、ホームに入線する前に車両基地かなにかで済ませておけば係員も乗客も手間がなくてよかろうにと思うのだが、ひょっとすると車両基地などでは作業中にエアコンが使えないからなんていう事情だったりして……といま思った。真相はわかりませんが。

67t_0128

  深夜のアユタヤ駅。左に喫茶店が見えるが、とんでもないクソ店。使わんほうがよろし。

67t_0140

  せっかく苦労して設営した寝台も、朝も早よから解体されて座席に早変わり。

67t_0130

  夜が明けてからの車窓は延々とこんな案配。こういうのをイサーンらしい風景というのであろうけれど。

67t_0151

  ほぼ定刻に終点・ウボンラーチャターニに到着。夜汽車の寝台で寝たまま通り過ぎてしまったけれど、帰路は窓の開く昼行列車に揺られる予定である。

67t_0163

  ともあれ、これでタイ国鉄の未乗区間は、バンコク〜チェンマイの途中にあるサワンカローク線とバンコク郊外のスパンブリー線、マレーシア国境に至る南線のハジャイ~パダンブサール間、そして南部の特級ローカル線・キリラッタニコム線の4線区182.4kmとなった。だが、いずれも1日1往復運転というばかりでなく、あまりにもイカしたダイヤで知られるつわもの揃い。現在のダイヤを調べてみると……。

●サワンカローク線(28.8km)
<往復>
・特急3列車:(バンコク発10:50)〜バーンダーラー17:06〜17:46サワンカローク18:01〜19:15シーラーアート

●スパンブリー線(77.4km=ノーンプラードゥック〜スパンブリー間)
<往路>
・普通355列車:バンコク16:40〜20:04スパンブリー
<復路>
・普通356列車:スパンブリー4:30〜8:05バンコク

●南線末端区間(45.2km=ハジャイ~パダンブサール間)
<往路>
・特急45列車:(バンコク発15:10)~ハジャイ7:58~8:53パダンブサール
<復路>
・特急46列車:パダンブサール17:00~17:55ハジャイ~(バンコク着10:10)

●キリラッタニコム線(31.0km=バーントゥンポー〜キリラッタニコム間)
<往路>
・普通489列車:スラーターニー16:55〜17:55キリラッタニコム
<復路>
・キリラッタニコム6:00〜6:58スラーターニー

  その筋には有名な話だし、ダイヤをご覧になってお気づきのムキもありましょうが、つまりはこの4線区でその日のうちに往復が可能なのは半分の2線区。それぞれたいした距離でもないのに、なんとも悩ましいダイヤではありませんか♪
  さらに、その日帰り往復が可能なうちのひとつ、サワンカローク線にしても、せっかくだからとサワンカロークで降りてしまうとィ翌日の同じ時刻まで汽車がやってこないのだからタマラナイ。
  どういうことか?  サワンカローク線は北線のバーンダーラーから飛び出す盲腸線なのだが、やってくるのはバンコク発の特急1本のみ。このバンコク発シーラーアートゆきの列車がサワンカローク線に寄り道しているにすぎないのである(つまり逆のバンコクゆきからは無視されてしまう)。寄り道の終点のサワンカロークで折り返し、バーンダーラーに戻って再び北線を北上するという筋書きというワケだ。まぁ、焼き物なんかで知られる街ではあるし、1泊したのちにバスなりなんなりを使えばいいだけの話ではあるけれど(とはいえ、スパンブリー駅とキリラッタニコム駅は街からちょっと離れていたりでそういうワケにすらいきづらいロケーションにあるのだが……)、こうしてイカした路線が待ち受けているのもタイの汽車散歩の楽しみなのでありますо(^ヮ^)о

Ubon_0238

  そのタイ国鉄の東の果て。

Ubon_0181

  駅前はあくまでタイ仕様。

Ubon_0184

  こんなイサーンの果てまで来ると、人力サームローの姿がみられたりもする。

Ubon_0190

  ウボンラーチャーターニ駅はワーリンチャムラープ市にあり、駅周辺にも小さな街が広がっている。その一角にあるワーリン市場を散歩。

Ubon_0194

  なぜか大韓語の新聞が……(ピンボケ。ケンチャナヨ!)。

Ubon_0201

  街角にもハングル文字アリラン。

Ubon_0206

  駅前からソンテオ(2番系統)に乗ってウボンラーチャターニ市街へ。10バート。長たらしい街の名前だが、「ウボン」で通用するし、現地ではそっちのほうが一般的なようであった。

Ubon_0225

  ムーンリバー。

Ubon_0230

  水上住宅もアリラン。蚊は大丈夫なのだろうかなど下世話なことを考えてしまうが。トイレもどうなっているんでしょうかねぇ……(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Ubon_0212

  しばし街散歩。とりたてて目的地があるワケでもないけれど、街歩きは楽しい。

Ubon_0232

  ちょっとばかりウボンの街を瞥見し、どん行列車に乗ってこの日はスリンで泊まる予定。駅に戻るには2番ソンテオを捕まえればいいが、はてどこで捕まえるべきかと思ったら、こんな案内を発見。いずれまた再訪してみようかと思う。
  つづくо(^ヮ^)о

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.03

ひとあしお先に真夏のお散歩・・・の巻

Bkk_0031

  タイにやって参りMASITA。
  前に触れたとおり、仁川経由でのバンコクゆきである。わりと使う機会のあるOZ741/742便(仁川〜バンコク)が今年になってダイヤ変更され、バンコク到着が以前の22時10分から23時10分と1時間も遅くなった。当然折り返し便の時刻も大幅に遅れ、仁川着は9時をすぎる。そのため、大韓散歩のさいの帰国に愛用しているOZ102便(9時発)に乗り継げるワケもなく、仁川15時55分発のOZ106便が最短のコネクションとなってしまった。が〜。今回はその不便な乗り継ぎを利用して、ついつい後回しにされてきた仁川空港とその周辺の取材をしておこうという算段なのである。

Bkk_0004

  しかし、バンコク(スワンナプーム)着がその時刻。以前、便の遅れからこの時間帯の到着となって、大混雑のイミグレーションを越えるまで2時間近くを要したことがあるが、少なくとも空港鉄道の最終(0時)には間に合わないに違いない。
  ところが、スワンナプーム空港には定刻30分前に着陸。「こりゃぁええぞ!」とウレシがっていたが、ちゃんとオチがあった。ほどなくターミナルビルを目前に立ち往生を決め込んでしまったのである。
  なんでも、到着ゲートに前の便の飛行機がいて待たざるをえないのだとか。木浦の茶房の時計のごとし。ちゃぁんとつじつまがあうように出来ているのだなァと感心するほかはなかったが、ほぼ定刻にゲートに着いてみれば、混雑を覚悟していたイミグレーションがほぼスルー状態。おかげで空港鉄道の最終1本前に楽々間に合い、予約しておいたホテルにもなんのこともなしにチェックインすることができたのであった(コレがそのホテル。空港鉄道ラムカヘン駅から徒歩3分ほど)。

Bkk_0008

  ィ翌朝。ホテル最寄りのラムカヘン駅(高架)の下にある小屋。東線のクローンタン駅の“駅舎”兼踏切番詰所である。

Bkk_0011

  するとほどなく東線下り列車がやってきた。

Bkk_0015

  東線に乗ってピヤータイに往くのがィ安いうえに情緒があっていいけれど、残念ながら上り列車までは時間がありすぎた。

Bkk_0025

  近くには路線ボート乗り場もあるが、経路を調べてこなかったうえに、案内看板を見てもなにがなにやらさっぱりわからず……。

Bkk_0032

  仕方がないので、空港鉄道とBTSを乗り継ぎつつ、チャオちゅ〜るおっとチャオプラヤエクスプレスに乗り込む。

Bkk_0033

  今回は夜行列車でバンコクを後にするので時間つぶしのようなものだが、日中便の南端にあたるワットラーチャシンコーンにやってきてみた。

Bkk_0034

  乗ってきた舟はいちばん奥(沖)。舟を伝って上陸。いとをかし。

Bkk_0035

  観覧車というのは、こうしてみると曼陀羅のようでもありますね。

Bkk_0038

  なんの変哲のない町。

Bkk_0048

  することもないので、再び舟に乗ってネコ寺(ワットアルン)に立ち寄り。

Bkk_0049

  ネコは健在。しかし、大勢に巡り会いたいのであれば、早朝にかぎるようだ。

Bkk_0052

  前から気になっているのだけど、ココのネコたちに皮膚病が流行っている模様。だけど、薬を寄付するほどの財力もないし(案外高価。ウチの子ちゃんのノミダニとりだけで精一杯でござるよ)。

Bkk_0077

  さらに舟に揺られ、北側の終点・ノンタブリーで降りる(南北とも、便によってはさらに先まで停留所がある)。

Bkk_0080

  時計塔を見るたびに、時間を訊ねられはしまいかと思ってしまう(なんのことやらわかるひとにしかわからないと思いますが)。

Bkk_0081

  水面ではナマズ系が大騒ぎ(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Bkk_0106

  散策ののち、バンコク12月の巻で知り合ったバンコク駐在中のIさんと再会。おいしいタイ料理をいただきながら、タイ話やら汽車話しやらでしばし盛り上がるо(^ヮ^)о
  つづく〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »