2017.12.29

かくして今年も年は暮れ・・・の巻

Goron_0177

  気がつけば、はや年の瀬……。

Goron_0168

  備忘録を兼ね、役立たずの話ばかり気ままにアップしてきたこのブログも、本年最後の更新となりMASITA。

Goron_0170

  今年こそはと少しだけ意気込んでいた大掃除は、冬眠したいモードとなって久しいなかとうとう果たせず(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Goron_0173

  いま時分の年中行事である年賀状はいくらかしたためつつ、さきほど投函してきた。今年は友人・知人からの訃報がいつになく多く、ただでさえ減らし気味にしてるところに追い討ちをかける格好となった。いまのところ友人本人の訃報というのはひとりに留まっているものの、そろそろそうしたことも気にかけなければならない年代に入ったのかもしれない。

Goron_0174

  それはそれとしても、少なくとも子どものころは「正月」というものに明るいイメージというか展望めいたものを感じていたものだが、この年の瀬はどうだろう?  どうにも暗澹たる気持ちになるのを抑えられないのだ。
  とりわけ、わが祖国をめぐるキナクサイ動き。さらにそれを白痴同然に“追認”しかねない世相──個人的には“自殺志願者の群れ”と呼ぶこともあるが──。こうしたことがわが国だけに留まっていないことも深刻ではあるが、だからといってあえて巻き込まれることはないのではないか?  来る2018年は、いい意味でコレを裏切ってもらいたいと切に願うし、自分なりにすべきこともあるのではないかとも思う。

Stove_0158

  閑話休題。

Neru_0157

  このブログでも紹介しているとおり、今年は、“専門科目”としている韓国のほか、タイをはじめとする東南アジアにも手足をのばしつつ取材旅行を重ねてきた。まずは韓国同様に鉄道の旅を主体にあれこれ汽車に揺られているが、訪れてみればなにかと得るものは多い。

Akubi_0165

  もちろん、一連の取材は書籍にまとめる目標で進めているワケだが、現実はそうそう甘いモノでもなく、逆にいえば、それを乗り越えてゆく楽しみがあるのだと自分に言い聞かせている。

Asihuki_0152

  韓国といえば、来年は平昌五輪(近ごろは「●●オリンピック・パラリンピック」と貴重な字数を消費する傾向にあるが、どうにも“偽善”のひとことが連想されて仕方がない)。じつは、一部の競技を除けば五輪そのものに対して興味がないし、大会にもほとんど注目していないのだが、コレにあやかって鉄道の新線が開業したことを無視するワケにはいかない。
「まァ、大韓のことだし……」と想像していたとおり、12月22日に開業した京江線の萬鐘〜江陵間(原州・江陵線)の開業発表もギリギリに近く、年末ということもあって年内の取材を見送らざるをえなかった。さしあたりは年明け14日からの取材計画を組んでいるものの、同じく年内に開業しているハズだった東海線の浦項〜盈徳間も一緒に片づけるつもりでいたところ、こちらはいまだ先行き不透明。はたして取材日までに開業してくれるのだろうか……?

Yuzu_0178

  しかしまァ、ちょびもこうして元気だし、平和でなにより。
  3月にはちょびがかわいがっていたクロボウズが急死。相変わらず寂しげにしているときがあるが、ときおり庭に顔を出す白黒オールカラーを「おまえ、ウチに来いよ」と誘っているふうでもあるんですよо(^ヮ^)о  ネコってのは、一緒にすごせばすごすほどに驚かされ、感心させられることが多い。

Yuzu_0183

  巨大ユズ、100円ナリ。

Kalkan_0076

  いつも同じのでは飽きちゃうだろうと思い、ふとカルカンのレトルト版をあげてみたら、ことのほか好評。

Kalkan_0080

  そこで、年末年始用にドカンと“爆買い”の巻。

Kalkan_0082

  しかしそれはそれとして、パッケージのネコがすこぶるキャワイ♪

Thaineko_0073

  ウチの子ちゃんにもタイ土産。「ねこ元気」など日本のメーカ品も並べられていたが、ネコカンはタイで生産されているものも多い。ということは、タイで製造され売られている日本ブランドは、どういう扱いのなるのだろう……?  輸入というのもヘンだしねぇ。
  で、近所で買えるのを土産にしても面白くないので、見たことのない日本語入りのを買って持ち帰った。しかし、よくよく見てみれば、コレが「VOW」だったんですなァо(^ヮ^)о  まっ、カンボジア名物「けんど」ほどのインパクトはないけれど。

Mh370a

  話が飛ぶようでいてじつはそうでもないのだが、つい先ごろ読んだ本書、『マレーア航空機はなぜ消えた』(杉江弘・講談社)から、ちょっとだけ引用して本年のしめくくりとしたい。


>滑稽としか言いようのない北側への飛行を、南側への飛行と同じレベルで(マレーシア当局が/引用者注)展開したことだ。メディアの間で「タリバン支配地域に着陸した」などの奇想天外な説も飛び出しているなかで、「北はカザフスタンまで飛んでいった可能性がある」とまで言い切ったのには、驚きを通り越して呆れたものである。子どもでもわかるような、バカバカしくも非科学的な北側への飛行説を、もっともらしく強調して、それを否定しなかったのである。

  (中略)私は、テレビ番組のなかで具体的に根拠を挙げて、「こんなバカバカしい論外な話は、今日で終わりにしましょう」と促したが、それは当局やメディアをたしなめる必要があると感じたからである。実際、国際政治学者や軍事専門家といわれる識者の一部の方々もが、北側への飛行説に同調していたのには驚いた。それは、中国政府や国際アルカイダの活動との関連もあるのではと、理由はさまざまであった。

  (中略)ボーイング777(行方不明機/引用者注)が低空飛行でタリバン支配地域へ飛んでゆくことなど、我々パイロットに聞いてもらえれば、それは物理的に不可能であることがすぐにわかるはずである。(同書78ページ)


  長い引用になってしまったが、なにが言いたいかといえば、日ごろテレビ番組などで登場してはしたり顔でなにやかにやと宣っている“識者”や“専門家”の類、彼らすべてがすべての分野でそうだとは思ってもないない言いもしないが、そのいい加減さ、「でまかせ」ぶりという点において、われわれ受け手の側は十二分に備えるべきだとはいえる。

  テレビに限らず、そうした“専門家”のなかには、「大学教授」といった肩書きを添えている例も少なくはない。しかし、教授は教授で事実だとしても、どのような分野(学問)の教授なのか?  たとえば、フランス文学の大学教授(専門家)が北朝鮮問題について発言するのは自由だし、生物学の大学教授がマーケティングについて意見を述べるのも自由だけれど、それを「大学教授名義」で発表するというのは、はたして正当な行為だろうか?  ましてや、それがいささかアヤシイ内容含みであるとしたら?  あるいはなんらかの政治的な立場を代弁しているとしたら……?

Meisou_0163

  なんか、年の瀬におよんでナマ臭い話になってしまいMASITAが、どうにか無事に新年を迎えられそうです。新年もなにとぞよろしくお願い申し上げますm(__)m
  それにして、も。こういうときにネコって、なにを考えているのでしょうねぇо(^ヮ^)о

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.06

冬眠願望季節が近づいてまいりMASITA・・・の巻

Aki_0898

  秋ですなァ……。

Tyobi_0864

  秋だから、ちょび蒲団。

Tyobi_0869

  年を追うごとに冬眠願望に迫られる昨今、できることなら12月から翌年2月一杯までは(短く見積もって)眠りの床につけたらなァと思う。術はある。『空から恥が降る』(藤原新也・文春文庫)にその実践が綴られていて、オレは密かに“畸人式冬眠法”と呼び研究しているのであった(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)  が〜……。

  冬には冬のよさがある。なにかっていうと、こうしてネコが蒲団に潜り込んできて温かいではないかо(^ヮ^)о

Tyobi_0910

  伸び〜〜〜♪

Tyobi_0903

  スリスリ〜〜♪

Tyobi_0859

  叩いてますねぇ……。枕元でコレをやられるとたまったもんじゃないが(笑)。

Tyobi_0927

  日なたぼっこの図。

Tyobi_0906

  シッポがイイのである。

Tyobi_0900

  ちょっと伸び〜〜♪

Tyobi_0852

  ほんの数日間のできごとではあったが、なぜかトースターのうえがお気に入り。ときおりこんな案配で妙な寝床に居着くことがある。

Tyobi_0853

  どうでもいいが(実際よかぁないけど)このエレファント印、パンを乗せるところをちゃちな網なんかにしているため、たいして使っていないのにこのザマ。買い物にはちょっとした用心が必要だという一例である。

Tyobi_0880

  シアワセな日常は平和であるがゆえ……。

Nongkhai_0540

  タイ・ラオス国境の街・ノンカーイで出会ったシロネコ。

C439_0283

  こちらは名も知れぬ小駅で遊ぶ茶トラ。

Nongkhai_0504

  熱帯のネコは冬がなくてさぞやよかろうと想像するけど、ではさて、熱帯のネコ好きにとって、ネコ蒲団というセンスはあるのだろうか……とふと思った。

Vientiane_0820

  ビエンチャンの仏教寺院にて。

Nongkhai_0598

  しかし冗談でなしに、昨年11月のタイ散歩の巻のさい、バンコクの熱気に包まれた途端に、「ぁあ、地球上にはこんなに暖かいところがあるではないか」とちょっとした安堵を覚えたものであった。もとより、冬の大韓なり北海道なりと、真冬に寒いところに繰り出すのは好きなのだが、えてしてそういうときに訪れる土地っていうのは、(例外はあるけれど)室内はポカポカしているもの。わが郷土・房総はいちおうは温暖な地方とされてはいるけれど、それでも11月中旬から3月中旬ぐらいまでは軒並み寒い。言い換えると、1年の3分の1ほどは寒冷とはいかないまでも寒さを感じるには十分なのであり、とすれば家屋なりの設計にあたって、もっと寒冷地のそれを取り入れて然るべきなのではないかと思うのだが……。

Tuki_1005

  おっと、しゅぽ月(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.30

マレー縦断ネコの旅・・・の巻

Sin_0838

  ネコカフェに巨大なネコがいたというのをシンガポールの巻に記したけれど、その正体がコレである(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Sin_0836

  まっ、顔つきからすると、そういう種類なのであろうが、でかいものはでかい。

Sin_0830

  なんでも、ニューヨークに「サムソン」なる巨大ネコ(推定・全長150センチ超)がいるそうで、ちょっとした国際的スターの座を手にしているらしい。単にネットで遭遇したにすぎないが、飼い主と思われるおとっつぁんが仰向けになった自分の腹のうえに乗せてシアワセそうにしているさまはなんともうらやましいかぎり。ほしい是о(^ヮ^)о

Sin_0832

  子どものころ、はじめてわが家に来たのがシロネコであったが、どういうワケかそれからまったく縁がない。

Sin_0819

  飼育係のおねえさんに懐いていMASUという場面。

Sin_0821

  おっと、クロボウズ。シロネコとは異なり、わが家とはときおり縁があって、しかも揃ってきゃわゆい。

Sin_0834_2

  茶トラとは縁があまり濃くない傾向。コレをアップする数分前、わが家の庭を見慣れない茶トラが闊歩。毛並みもいいし、クロボウズ亡きあと、ちょびと仲よしになってくれればいいと思うが、カメラを用意しているうちに姿を消してしまっていた。

Sin_0839

  店のなかはこんなかんじо(^ヮ^)о

Tumpat_0446

  マレー鉄道の北東端・トンパッ駅でペトペトニャーニャーとヒマつぶしの相手をしてくれた白黒オールカラー。

Tumpat_0448

  マレーシアでは、なぜかこういう人なつこいネコが多かった。

Rantaupanjang_0284

  タイを目前にしたマレーシア国境の街・ランタウパンジャン。入国した途端に出迎えてくれたのがこのシアワセいっぱいなネコであった。

Rantaupanjang_0293

  バスの車窓(だったと思うが)にクロボウズ。シッポがフサフサ。

Bangkok_0030

  灼熱のバンコクでスヤスヤお昼寝中。

Bangkok_0034

  クロボウズをよくみかけるバンコクだが、どういう次第かウチの子ちゃん柄には滅多にお目にかかれない。

Bangkok_0046

  ネコは寝床探しの天才なり。

Bangkok_0036

  痩せてるのを見るのはちょっと辛い。。。

Bangkok_0039

  ネコが平和に暮らせる街はいい街だ。

Bangkok_0049

  ちゃんと面倒を見てる人がいるんですねぇ。

Bangkok_0090

  数日前のィ夜。庭で遊んでいるちょびを家のなかに入れようとしたら、玄関の扉からヤモリが転落。折悪くそのさまがちょびの目に入ってしまい、それからしばらくはヤモリハンティングに興じてしまった。

Bangkok_0104

  バンコク・クルンテープ駅のホームにネコ小屋がо(^ヮ^)о  なんともホっとする情景でごぢいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.06

燃いぜ、シンガポール・・・の巻

Sin_0691

  マレー鉄道の終点・ウッドランズトレインチェックポイントからは路線バスが市街地とを結んでいるが、まずはジョホール水道で汽車でも撮るべぇと立ち寄ったはいいとして、さっき通ったばかりの帰路を間違えてしまった(つまり道に迷った)。まっ、どうになかるさと散歩を決め込みつつ、道行きも覚束ないままどうにかMRTの姿を見つけることができたのが僥倖でごぢいMASITA。

Sin_0750

  とくにどこを見物しようと考えていたワケではないが、旧シンガポール駅だけは必ず訪れようと思っていた。駅舎などが保存され見学できるとの情報もあったので、じっくりと往年の雰囲気でも味わおうとやってきてみたはいいけれど、なんの工事かはわからないがともかく工事中につき構内は完全にシャットアウト状態。いずれは今回の東ルート(スンガイコーロク〜コタバル)ではなく西ルート(クアラルンプール〜パダンブサール、ついでにペナンなど)でシンガポールからバンコクまで北上したいと考えているので、そのときの開放を期待するほかはない。とはいえ、かえすがえすも残念であった。

Sin_0722

  単に比較的安価でかつアクセスが便利というだけで選んだホテルは、シンガポールの下世話地帯として名高いゲイランにあった。ジョホール水道の岸辺で立ち話したシンガポール人のおとっつぁんふたり組に「ホテルはどこ?」と訊かれたので「ゲイランですよ」と答えたら3人で大笑いとなったが、ようはそんなところ。で、こりゃ面白いことになったゾと、“買い物”はともかく“ウィンドウショッピング”でもシャレ込もうと画策していたのであったが、チェックインしてシャワー(なにしろ前夜が寝台車だったし)を浴びて、ホっとひといきついて気がついてみれば時計の針は22時すぎを指していた。こういうところ(どういうところだ?)のィ夜はこれからなのだろうけれど、たんなる見学にひとりでいまさら出撃する気にもなれず、ィ夜の散策を見送ってしまった。が〜。一夜が明けてこんな街並を目にしてしまえば、おのれの体たらくを悔いるのみ。まっ、ココもマレー鉄道北上西ルートの折にでもリベンジすることにしよう……。
  ちなみに、このテの“繁華街”に位置するホテルではあったが、ィ夜は静かかつ快適に過ごすことができた。

Sin_0709

  エイジ別料理店の数々?

Sin_0726

  さすが(ほぼ)赤道直下ですなぁと思ったものだ。同じ樹でも迫力が違う。

Sin_0758

  かつて暮らしていた千葉市の自宅から海岸方面に行くと昭和50年代に開発された埋め立て地のニュータウンが広がっているが、似たもの同士ではあっても迫力はシンガポールに軍配が上がる。建物然り。樹木然り。しかしそれにしても暑い。ただでさえ暑いっていうところをコンクリートだらけにしてしまったのである(エリアにもよるが)。そこに都市特有の熱気が加わってしまえば、これはもう暑くてあたりまえの世界というものだ。

Sin_0725

  なにかのおまじないだろうか?

Sin_0764

  MRT車内。快適で使いやすいが、独自の切符は不便このうえない。6回有効のカードを購入するのはいいとして、乗車のたびに乗車区間の運賃をチャージ(というのかどうかはわからないが)する仕組みで、それ用の機械が改札口の外に設置してある。ところが、観光客はおろか、とうのシンガポール人でさえ機械の操作に手間取っているケースも少なくなく(機械のエラーも目立つ)、スムースにいったとしてもふつうの切符を買うよりも時間を要するのであった。機械の台数も十分とはいえず、運が悪いとココで行列を我慢させられるハメになってしまうのである。ぜひ改善をと思うが、そんな点を除いては好感の持てる乗り物であった。

Sin_0767

  MRTの某駅構内にフルーツスタンドを発見。ジュースやカットフルーツが並んでいる。
「おおっ、これこそオレがいままさに食いたいシロモノではないか!」
  と大感激したフルーツ盛り合わせを、こんな風景のなかで味わう。ふだんはそれほど果物好きってワケでもないのに、暑い国に行くと無性に食べたくなってしまうのだ。

  ところで、シンガポールといえば、厳しく統制された公共マナーが思い浮かぶのではないだろうか。なかには「ゴミひとつ落ちてない」などといった記述すら目にするけれど、こうして歩いてみればゴミなんぞそこここで目にする(とはいえこうした大都市としてはかなり少ないほうだと思うが)。マレー鉄道の旅を終えて街に繰り出して最初に気づいたのはムワッとしたタバコ臭であったし、あまりものごとを強調しすぎてはいかんのだろうなァと思ったものだ。とはいえ、街を歩けば要所要所にゴミ箱が設置されてあり(それこそ歩道の20メートル間隔ぐらいに!)、厳しいといわれるマナールールを意識する必要もなかった。いつの真夏だったか、東京都内の地下鉄某駅構内で買ったペットボトル飲料でノドを潤したはいいが、それから延々とカラになったボトルを持ち歩かされたのと比べるまでもないだろう。あのときは駅構内はもとより、街路のどこにもゴミ箱を見つけることができなかった。結局、悪いとは思ったけれど、通りすがりのコンビニの店先にあるゴミ箱を使わせていただくハメになってしまった。

Sin_0769

  ふと気づいたら、博物館の企画展が大韓モノではないか(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Sin_0790

  まぁ、たぶんソウルあたりで見たことのある資料ばかりなのだろうけれど、大韓(というより「朝鮮王朝」がテーマであったが)に出くわして無視してしまうのは、自分に対しての示しってものがつかないではないか。

Sin_0800

  ウチのちょびというか、あのテの柄のネコって、身体本体部分のシマシマは茶色ががっているのに、なぜかシッポの先端半分ぐらいだけがモノクロの配色になっているのを不思議に思っていた。ちょうどこんな感じなのではあるが、つい最近、「ぁあ、トラを飼いたいもんだ」と思いつつあれこれトラの写真を眺めていたところ、同様のシッポを持っているのを発見。「にゃるほど」と腑に落ちたという話でごぢいます。
  それはそれとしてこの画。なにもこんなところまで描き込まなくてもいいのにねぇ……。

Sin_0815

  おっと、ネコカフェ。その名も日本語「Neko no Niwa──猫の庭──」である。なんだって日本語なのかはナゾのママにしてしまったが、店内のメニューや案内書も日本語版が用意されてあった。

Sin_0816

  お気に入りо(^ヮ^)о  このコのほか、ちょびよりもでかいかもしれない白黒オールカラーふさふさ版にソソられMASITA。

Sin_0841

  しばし寛いで、いざ灼熱のなかに復帰。

Sin_0844

  土産でも買うかと思い、街中のしゅぽおっとスーパーマーケットに立ち寄ってみたら、なんとあの「ハヌータ」があった。しかも山積み。しかし、そこで買ってしまうと空港の冷房に辿り着く前に悲惨な事態になってしまうかもしれない。そこで、早めに空港に乗り込んでそのテのブツをあさってみることにした(第3ターミナルにスーパーマーケットなどがあり便利)。が〜……。最大のお目当てであった「ハヌータ」を空港内で発掘することはできなかった……。シンガポールドルの残金はおろか、クレジットカードまで出撃させようと思っていたのだが。
  で、その途上。こうした集合住宅が雨あられなのは大韓と共通だが、さすがだなと思ったのは物干が中華式になっているところか(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Sin_0847

  シンガポール・チャンギ空港といえば、なにかと高い評価を受けていることでも知られている。早めに空港にやってきたのはそのロケーションを味わうためでもあったが、たしかに散策しがいのある楽しい空港だと思った。が〜、ちょっとしたショックも。
「さあ、あとはシャワーでスッキリして飛行機に乗り込むだけだゾ」と勇んで訪れた指定ラウンジにシャワールームがなかったのである!
「シャワールームはありますか?」
「ないんですよ」
「えっ!?  NO!?  NO!?」
「ええ」
「アイヤ〜ッ!!」
  まぁ、飲食関係は悪くなかったのだが……。

  ところで、スンガイコーロクのところでも触れたが、チャンギ空港のハングル表記というのがこれまた摩訶不思議なのである。すなわち「창이공항」。「공항(コンハン)」は空港の意なのでいいとして、問題はチャンギにあたる「창이」である。コレをカタカナにすると一般的には「チャンイ」。スンガイコーロクは「수응아이꼴록」で、同様に「スンアイッコーロッ」ないし「スンアイッコーロク」だが、ともに「チャン(ギ)」「スン(ガ)イコーロク」、すなわち子音「G」がハングルに反映されていないのであった。これにローマ字を充てると「Changi」。「チャンギ」そのまんまに見えるけれど、この「g」は子音として発音しないので「チャンイ」となる。また、音節としては「Chang-i」であり「チャンギ」とは異なる。なんだって「창기(Chang-gi)」ないし「찬기(Chan-gi)」でないのだろう?

  あるいはそう聞こえるのかもしれんと思い、MRT車内で耳を澄ませてみたところ、あえて思い込まないかぎりは「チャンギ」と聞こえる。空港の案内の女性が日本語使いだったのでその点を訊ねてみたところ、「チャンイとはいいませんね。チャンギで間違いないです。でも、面白いことを気になさってますね」とのこと。もっとも、スンガイコーロクのところで記したように、「창이」は「チャンイ」であるとともに「チャンギ」に近い発音で聞こえることもあるから、そのときはそのせいかもしれないと推測するほかはなかった。

  ところが、空港でもらった中国語版パンフレット(日本語のがなかった……)を開いてみたところ、チャンギ空港の「チャンギ」には「樟宜」の漢字が充てられているのを発見。コレならばたしかに「창이」で正解。ようは発音ではなく漢字由来でハングルが充てられたというのがその真相のようである(本当の正解をご存知の方がいらっしゃいましたらご教示いただけると幸いです)。

  それはそれとして、
「シンガポールの地名は、漢字にすると面白いですよ」
  と件の女史も話していたが、そのとおりだなと思う。克兰芝(Kranji)、淡滨尼(Tampines)、女皇镇(Queenstown)、多美歌(Dhoby Ghaut)、宝门廊(Promenade)などなど。ローマ字表記だと行き先ひとつ覚えるのも面倒だし、いわんや旅情すらわきづらいというものだが、こうして漢字で並べられると、それだけで探訪欲が刺激されてしまうのであった。

Sin_0842

  灼熱のシンガポールにカメ親子。
  つづくのだо(^ヮ^)о

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.19

コタバルはネコの街・・・の巻

Kb_0364

  コタバルで街散歩。

Kb_0391

  旅行案内書などによれば、かつてはヒッピーで賑わったという。個人的には、マレーシアの地名で古くから知っていた数少ない街のひとつ。やってきてみれば、市街地はごくありふれた地方の中核小都市といった風情。それもまたいいが、いったい、なにが彼らを集わせたのだろうかとふと思った。市街地から外れた海岸線は大戦中に日本軍がマレー侵略の一歩を記したといい、現在はビーチリゾートとして人気があるらしい。とはいえ、街中を歩いたところで観光ポイントがめじろ押しというワケでもなさそうだ。

Kb_0396

  もっとも、やたらな観光地よりはそうした普段着の街を闊歩するほうが性に合っている。

Kb_0386

  ところどころでひと休みを繰り返しながら、ブラブラと気の赴くままに足を動かすのであった。

Kb_0323

  なんだって名古屋なんだろうねぇ???

Kb_0373

  市場はそんな徘徊にとって格好のアクセント。

Kb_0322

「アンニョンハセヨ〜♪」
  出し抜けに大韓語で話し掛けてきたマレーアガシ。とっさに「アニエヨ、ナヌン  イルボンサラミエヨ(いやいや、日本人ですよ)」と答えたものの、こちらの素性を理解してくれたのかくれてなかったのか、大韓語のまま立ち話(笑)。もっとも、同じカタコト会話であれば、英語よりは大韓語のほうがはるかに楽なので、コレはコレで結構なことでごぢいますねо(^ヮ^)о

  コタバルでは、別の場所でも「コリアン?」と訊ねられた。帰国後、その話を先輩のS姐にしたところ、「最近、日本人ってあまり(外国に?)行かないからねぇ」。たしかに道中で日本語が耳に入ってくることはなかった(バンコクとシンガポールではわずかに聞こえたが)なと思う。もとよし、それでなんだっていう話でもないのだが……。

Kb_0378

  スカーフ売りのマレーアガシ。土産にするにはいい品物ではあったが、見学だけでスルー。
  ちなみに、越境ポイントがスンガイコーロク〜ランタウパンジャンという“辺境系”であるうえ、両替商はいるに違いないとはいえ円を受けつけていない可能性を見越して、成田空港で150リンギット(4500円ぐらい)だけ入手しておいた。やってきてみれば、明らかにそれとわかる店がラウタウパンジャンでは視界に入らず、この市場でもそれらしい窓口の所在が覚束ない。が〜……。結果としてその150リンギットで足りてしまったのだから(ホテル代を含む)なんともありがたい話ではありますなァ(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Kb_0402

  市場の食堂にて。
「写真?  そしたら、店の看板を入れてくれよ!」
  陽気なひとときであった。

Kb_0339

  かように、こうした現地のひとびととのつかの間の触れあいも楽しい外国散歩ではあるが、コタバルではそれよりもネコ三昧となった。夕食もネコと一緒だったし……。

Kb_0306

  ネコ中のネコといった風情がイイのだ。

Kb_0342

  ややウチの子ちゃん柄。ペトペトニャーニャー甘えてきたので、離れるのが辛かった。

Kb_0315

  このコもニャーニャーо(^ヮ^)о

Kb_0379

  ヒザ上に乗ってきたりしてもう大変♪

Kb_0366

  ざっとした観察にすぎないが、マレーシアというかコタバルではネコがみんなにかわいがられているような印象を受けた。いかつい顔をしたムスリムのおとっつぁん──ひとクセもふたクセもあるイスラム商人といった面構えであったが──が店番をしながら商品棚で寝そべるネコをなでなでしていた情景には頬が弛んだものだ。

Kb_0368

  なんにしてもいじめられているといった様子は見られず、したがってニャ〜ニャ〜と通りすがりに甘えてくるネコがそこここにお出ましになるワケです。

Kb_0331

  ネコが平和に暮らす街はいい街なのだ。

Kb_0328

  おっとネズミも……。さりげにこちらを警戒しているふうではあったが、しばらく我慢比べをしつつカメラに収めた(だからぢうしたって話でもないのだがフンギリってモノが必要ではないか・笑)。

  ところで、コタバルと聞いてあの憎たらしきコッタバル(花束。@「ファンコ」)を連想する日本人(大韓人もか?)が500人はいるハズ。このコッタバルのせいで、コタバルだのジョホールバルなどの「ル」の発音が「r」になっちゃって困る……というのはついでの話だが、ひさびさに見てみたあの“萌えゴロシの第6話”のさんしらはやはり♥であった(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)



  1分34秒目ぐらいにお出ましになっている(と思いつつアップしてみれば、いきなり画面に鎮座していますなぁ・笑)のが、問題のコッタバルだ●~*
  つづくо(^ヮ^)о

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.01

ワニの王国?・・・の巻

Bangkok_0094

  7月某日。今年3度目のタイにやって参りMASITAо(^ヮ^)о

Nrt_0014

  ちょうどいい航空券があったので、珍しくANAに搭乗。それはそれとしても、成田空港でこういう乗り方ができるとは、迂闊にも知らなかった(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)
  久々の祖国エアライン国際線ということもあり、あれこれ期待を抱いていたものの、大韓散歩で馴染みのアシアナと比べて劣っている面が多く感じられたのが残念。さしあたり具体的な言及は差し控えるけれども(タマタマの巡り合わせかもしれないし、ビジネスクラスなどではいざ知らずといったところではあるが)。

Srt1707

  今回の最初のランナーはこの37列車。バンコク・クルンテープを起点にタイ深南部最深部の街・スンガイコーロクを目指すタイ国鉄最長距離列車である。そのタイトルに敬意を表しつつ、1等寝台個室のひとり利用(マオホーン)としてみた。タイ国鉄の指定券は乗車日の60日前からの発売。タマタマそのころにタイにいたといおうか、つまりは前回のタイ散歩のおりに乗車券を確保しておいたのがこの切符である。合計2253バート(およそ7000円弱・1室占有<マオホーン>加算500バートを含む)はタイ国鉄の切符を買ってはじめて「高ぇ〜」と思った。なにかの間違いかもしれんと思い、買ったのと別の窓口でその旨を確認したほどだったが、考えてみれば、特急の1等寝台車で、それも1159kmもの長距離がその値段なのだから、物価差を考えても十二分にィ安い。わが国のJRであれば合計で3万470円(約9800バート。本州幹線で計算──東京から香椎の手前までの距離に匹敵)もかかってしまい、仮にコレで往復すると今回の航空券代金を軽くしのいでしまうのであった。

  その汽車旅の話はおいおいするとして、今回の散歩でなにがあったかといえば、まずはワニがいたということになるо(^ヮ^)о

Bangkok_0067

  現場はクルンテープ駅のすぐ近く。悠然とといいたいが、こちら側の岸に向かっているらしいさなかにアヤシイ人影(つまりはオレ)に気づいたのか、反対側に踵を返して(?)しまった。下水管に手をかけたりしていたので、そういうところにもお出ましになるのかもしれない。もっとも、トカゲかなにかの一種という可能性もあるが、するとワニとトカゲの違いを説明できないということにいまさらながらに気がついた(笑)。

Rp_0288

  マレーシアの国境の街もとい村・ランタウパンジャンで目撃。コレはワニではないと思うが、すると正体はいかに?  ちなみに、ヘビみたいに舌をベロベロしていた。

Sin_0682

  ジョホール水道にて遭遇。

Sin_0686

  帰宅してから調べてみたところ、コイツもまたその正体が判明したワケではないが、シンガポールにも野生のワニがいることがわかった。ジョホール水道はいうまでもなく海水。しかし海水に適応している種類もいるらしいし、さしあたりはワニだと思い込んでおくほうが楽しいではないか(もろもろの正体をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示いただければ幸いですm(__)m)。

Bangkok_0042

  で、件の37の発車は15時10分。それまでいくらかある時間をどうやって過ごそうかと思っていたが、3、5月につづきネコ寺(ワットアルン)のネコたちの様子を窺いに繰り出してみた。

Bangkok_0029

  シアワセそうにzzzzz・・・о(^ヮ^)о

Bangkok_0032

  クロボウズもスヤスヤ。

Bangkok_0044

  ネコの寝姿ってのは、ヒトをシアワセな気持ちにさせますね。

Bangkok_0054

  ふと「有明フェリータ」(@『東京漂流』藤原新也。・・・再読に辛いエピソードである)を連想してしまった寝姿(もちろん生きてますがね)。

Bangkok_0056

  雨期ということもあり、なんとなく冴えない天気ではあるものの、東京あたりよりはよほどに涼しいバンコクであった(最高気温でも30度を下回っていたハズ)。が〜。そのわりにはネコの姿が少ないのはどうしたことだろう………そう思った。

Bangkok_0052

  なんと“牢屋”に閉じ込められていたのである。

Bangkok_0053

  このおふた方、前回の散歩のさいにデビューしていた。なんらかの事情で保護しているのだろうか?  少なくとも水の常備はしておいてほしいと思うが。

Bangkok_0057

  スラリとしたクロボウズ。やはりネコは自由じゃないと。

Bangkok_0060

  ハトを狙っております。

Bangkok_0087

  ワットトライミットにも元気なネコが。写真を撮ってたらイソイソと近寄ってきて「にゃー♪」。きゃわゆ。・・・とかなんとか散歩した足でクルンテープ駅に向かっていたところに件のワニと遭遇したというワケでありMASITA。
  つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.27

ネコ寺再々巡礼・・・の巻

Tyobi_0085

  おすまし顔のウチの子ちゃんо(^ヮ^)о

Tyobi_0068

  ピントが後ろの花に合ってしまったが……。

Tyobi_0067

  3月中旬にクロボウズが他界して以来、ますます甘えん坊になってしまったちょびである。それまではこちらが寝る前の風呂に入るまでクロボウズと居間のソファでスヤスヤしていたものだった。風呂から出てくると、後ろ向きになって風呂場の前にチョコン。で、「寝るんでしょ?」といった風情でペタペタしてくるワケだ。ところが、ひとりになってしまうや22時ごろには2階の仕事部屋に上がってきてヒザ上を所望するようになってしまった。こっちはまだ仕事中であることも多いのだが……。やはり寂しいんだろうねぇ。おかげで、また新たに子ネコをちょびが連れてきた夢まで見せられるハメになってしまったものだ。

Bangkok_0025

  で、バンコクの“ネコ寺”(まっ、オレが勝手にそう呼んでるだけでね。正しくは「ワットアルン」)に足を運んでみた次第。すでに49日+幾日。クロボウズがこの地に転生しているとしたら、その姿をみかけることだってできるだろう。
  そしたら……。

Bangkok_0017

  や〜〜ん、きゃわゆすぎ♪

Bangkok_0038

  3月の巻のときに取っ組み合いをしていたコだろうか?  だとするとずいぶんと色が濃くなったものだ。

Bangkok_0027

  ネコってのは、こうしたふれあいが好きなのだ。

Bangkok_0029

  母子で寛ぐ。ただ、ノミだかそのテの皮膚炎らしき症状が見られるのが気になる。薬品やエサを寄付するとしたら、どこにすればいいのだろう?

Bangkok_0013

  なんつうか、とにかく暑かった。わかっちゃいても、歩いていればたちまちグッタリ。でもこうしてくっついていたいんだろうねぇ。

Bangkok_0036

  こちらも母子。

Bangkok_0034

  水の管理はきちんとされているようで安心。

Bangkok_0043

  コレはコレで朝方などに訪れれば散歩していたりする姿を眺められるのであろうが、基本的には寝てますねぇ……。

Bangkok_0042

  きゃわゆ〜♪

Bangkok_0026

  前回によちよち歩きだったクロボウズだろうか?

Bangkok_0044

  こっちの奥にいるほうかもしれないが、寝てばっかりで確かめることもできん(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Bangkok_0040

  しかし、あえて転生しているとすれば、このコなんかがそうかもしれないなと思った。やっとこさ目が開いたころのようだが、こちらの姿をみとめるや、覚束ない足取りで近寄ってきた。元気に育ってもらいたいものだ。

Bangkok_0019

  じつはこの日は帰国の日。地方からバンコクに戻るや、アユタヤでも散歩すっかと漠然と思っていたが、ふと思い立ってネコ寺のネコたちに会うことにしたのであった。これはこれでのんびりとした価値あるひとときではあった。

Bangkok_0023

  そんなこんなで平和なネコ寺散策でありMASITA。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.28

ネコ寺に遊ぶ・・・の巻

Bangkok_0019

  バンコク。早朝の「チャオプラヤーエクスプレス」に乗り込む。なぜかといえば、トンブリー駅を7時30分に発つどん行列車を捉まえるため。トンブリー駅はバンコクのターミナル駅ひとつだが、市街中心部に近いメインターミナル・クルンテープ駅とは異なり、市を二分するチャオプラヤー川の対岸に位置するなど、アクセスにやや難がある。前泊したパヤータイからBTS(高架鉄道)2路線とチャオプラヤーエクスプレスに乗継ぎ、ワンランで下船して徒歩15分程度。BTSは5時50分ごろから走っているので余裕はありそうだが、それでもスリルがあるアクセスだ(パヤータイだが、電車内の放送がオレの耳には「ピヤータイ」に近く聞こえる。同様に、繁華街のひとつサイアムにしても「シィアム」としか聞き取れないのはオレの耳だかアタマだかがおかしいのか?  この話はまたいずれ)。

  ▼コレは「CIAO(チャオ)ちゅ〜る」ぞなもしо(^ヮ^)о



Bangkok_0908

  チャオプラヤーエクスプレスは、サートン(船着場)がBTSのサパーンタークシン駅と接続。船内アナウンスの類はないが、前回(昨年4月)に同じルートを乗った体験から、左岸の船着場をいくつか経て最初に右岸に達するとそこがワンランということがわかっていたので、迷うことはないだろうと思った。その右岸の船着場。ワンランの文字はないし、こんな寺院があったかなとも訝ったものの、桟橋のたたずまいがよく似ているように思えたのでともあれ船を後にした。が〜……。

Bangkok_0035

  降りてみて、ココがワンランなどではないことがわかった。後でわかったのだが、ルート(船着場)の一部が以前とは変更されていたのである。困ったことになったけれど、そこではクロボウズ軍団がオレを待ち受けていた。

Bangkok_0038

  こうしてみると、クロネコってのはみんな同じような顔をしてますなぁ……о(^ヮ^)о

Bangkok_0020

  白いソックス。ちょっと毛並みが荒れているのが気になった。

Bangkok_0023

  もちろんいるのはクロネコばかりではないYO。

Bangkok_0930

  平和そのものの情景。繁華街などでのノラ生活は大変だろうが、ココが仏教寺院(ワットアルン)の一隅であることを考えると、おそらくはいじめるニンゲンもおらず、安心して暮らしているに違いないと思う。

Bangkok_0024

  白黒3兄弟о(^ヮ^)о

Bangkok_0021

  取っ組み合いをしております(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Bangkok_0025

  オヤと思しきキントラさん。

Bangkok_0028

  個人的には、この右端にいるクロボウズがお気に入りなんですよ。

Bangkok_0040

  なんつうか、ウチのクロボウズとよく似ている(早朝ゆえボケてしまったが)。守ってあげたくなってしまうようななたたずまいがココロを刺激するのであった。

Bangkok_0928

  で、どうしても気になって仕方がなかったので、地方から戻った足で現場を再訪。最初の印象より肉づきがよかったが、なぜか足がよたよた……。しかも、オヤを探しているんですよ。撫でてあげるとシアワセそうに目を細め、ペットボトルの水を分けてあげたらチョビチョビと飲んでくれた。できることなら、わが家に連れ帰ってちょびに負けないぐらいの巨大ネコに育てたいが、それは叶わぬ願望というものであろう。

Bangkok_0043

  ちゃんと水入れも用意してある。再訪のときには空になっていたので、こちらにもペットボトルから水を注いだ。しばらくすると、寺院前(土産屋などが集まっている)のボランティアらしきおばさんが、ドボドボと水を足していてホっとしたものだ。

Bangkok_0932

  この小旅行を前に旅立っていったクロボウズを思い出すが、ひょっとするとこの地に転生するのかもしれないと思った。それゆえ、ココにこうして降り立ったのではあるまいか?  自らの転生をクロボウズが伝えるためにオレをここに導いたのかもしれないではないか。この常夏の地、それも仏に見守られながら暮らしていけるのであれば、ネコにとってはこのうえない幸せのように思える。

  それで、こんなときに携えていた本というのが『なにも願わない手を合わせる』(藤原新也・文春文庫)だった。偶然の演出というのはよくできている。帰国前の再訪のときは、歩き回るのも暑くて億劫なので、チャオプラヤー川の畔でのんびりと読書のひとときともなった。

Bangkok_0921

  クロボウズ母子。シアワセなひととき。

Bangkok_0924

  ふと、シンクロ。やっぱ血ですかねぇо(^ヮ^)о

Bangkok_0911

  次回のタイ散歩のさいにも立ち寄ってみようかと思う。
  つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.22

ネコの歩く街・・・の巻


  ただいま国外逃亡中であります(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)
  自主企画ページではありませんが(?)、隔月刊誌「旅と鉄道・2017年5月号」(朝日新聞出版・発売中!)に「台湾のローカル線探訪 平溪線とレトロタウン九份の旅」ほかを寄稿しました(4月号増刊「JR30年物語」も併せて発売中。こちらにも何本が寄稿させていただいております)。書店等でおみかけしましたら、お手に取っていただければ幸いです。

  ところで、平溪線の旅といえば、以前このブログでもアップした猴硐猫村がはずせない。件の記事でも主役のひとつとして登場。……という次第で台湾と大韓のネコ模様をо(^ヮ^)о

Gamcheon0656

  大韓の猫村系(かもしれない)釜山の甘川文化村。ブログ用に整理してアップしないママになっていたネコたちの風景。

Gamcheon0662

  こういうときっていうのは、間違いなく視線の先になにものかがいる……。

Gamcheon0676

  あまりハンサムではないが(大きなお世話)、たらふく食えているようでなにより。

Gamcheon0677

  視線の先にはこの白黒オールカラーがいたんですねぇ。なんだか気の弱そうな御仁で、茶トラの視線から逃げるように隠れてしまいMASITA……。

Gamcheon0631

  猴硐も甘川も石段や坂道のなかに家々が集まっているというロケーションはやや共通。

Gamcheon0620

  まぁ、こっちは都会ゆえ集落のスケールが大きいワケだが。

Gamcheon0621

  病気なのか、咳き込んでいた。感じからすれば、だれかが面倒をみているのだろうけれど、ちょっと心配だ。

Seoul0745

  こちらはソウルの鐘路。シッポの先がモノクロになのはこのテの柄の特徴。

Yemi_0730

  太白線・禮美駅構内に優雅なミケネコ。そいや、友人Sが「三毛猫ホームズ」のことを「黒猫ミケの大冒険」とか呼んでたなぁ。かれこれ30年以上前の話ではあるが。

Osong0004

  忠北線・五松駅。ィ夜のホームを闊歩していたクロボウズは、なんとなくふてぶてしい風情であった。

Jingtong_0488

  一方、こちらは台湾・平溪線の菁桐駅。

Pingxi_0445

  平溪老街にキントラさん。

Pingxi_0447

  おっと、クロボウズ。

Shihfen_0274

  十分にて。生きてる……よねぇ?

Shihfen_0276

  ウチのちょび(全長およそ1000ミリ、体重10キロ弱)に慣れているせいか、小柄なネコだとどうも物足りなくなってしまうのであった。

Maokong_0664

  猫空にもキントラさん。が〜……。

Maokong_0657

  이봐! 개!!
  猫だっていうのに、猫空にはなぜかイヌのほうが目立った。暑い盛りにイヌ版クロボウズってのもさぞや暑かろうと思うのだが、強烈な陽射しとのコントラストがまたイイんだよねо(^ヮ^)о

Maokong_0679

  이봐! 개!!
  イヌだとは思うが……。しかしなにもこんな日なたで寝っころがってなくってもねぇ……。
  その猫空。いつものように現地で観光パンフなどをあれこれ入手したのはいうまでもないが(コレは仕事上での習慣)、帰宅して整理していると大韓語版(つまりハングル)をチョイスしていたことが判明。大韓散歩のときは日本語版があればそれもいちおういただくが、それでも大韓語版も確保しておくようにしている。たぶん、ついそのクセでなにげに手にしていたのだろうなぁ……と思った。

Maokongh

◆ついしん

Kurobouzu1703190

  コレをアップした18日深夜(19日0時すぎ)、クロボウズが生まれ変わりの道へと旅立った。
  前日に食欲がないのが気にかかっていたが、18日も夜明けとともに外出。「まっ、人間だって食欲のないときはあるわな」と思っていたところ、いつもより早めに帰宅したので、「土曜日だし半ドンだったか」と笑っていた矢先のできごとであった。食欲は皆無。珍しく下痢便。しかもこれも珍しいことに嘔吐したかと思ったら猫回虫らしき妙な物体がいた。明日にでも獣医に連れてゆくかと思いつつも、表でなにかがあったのか(外傷はなく、触診してもいやがる気配がない)、それとも持病由来の内蔵疾患の類が臨界点を越えてしまっていたのか、専門家でもなんでもない単なるネコ好きにわかるハズもない。少し汚れがついていたので、ぬるま湯で湿したティッシュで顔や身体を拭いてやった。ひょっとすると覚悟が必要かもしれないと気づいた。

「明日、元気になったら、おいしいものをたらふく食べような」
「にゃ……」

  寝ころがったまま、わずかにこちらの目を見ながら返事をしたのが最後の会話になってしまった。そのほぼ1時間後。取材旅行前の準備をあれこれしつつ、ふと様子を窺いに行ったら、体温を残したまま息が絶えていた……。クロボウズのあだ名が妙にしっくりとくるやんちゃなネコであった。寂しい。
  20日の朝から不在となる直前の不幸ではあったが、この手で葬ることができるのがせめてもの救いといったところだろうか。なんとなく、生まれ変わりがわが家にやってきそうな予感もするクロボウズの短い現世であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.10

ネコひるね・・・の巻

Tyobikuro_0405

  そいや、わが家のネコどもの出番がすっかり減ってしまったなと思うが、便りがないのはよい頼りのたとえのごとく、とりたててなにが起きているワケでもない。だって、寝てばかかりですからねぇ……。
  そんななか、クロボウズがメスあさりをおっぱじめた模様。気がついたら姿がなくてちょっとだけ心配させたが、ィ夜になったらこのとおり。興味をひいたのは、ちょびまでが安心したかのようにしていること。こんなふうに2匹で寛いでいるのをみるのはかなりひさしぶりなことかもしれない。ちなみに、ちょびはノミアレルギーによる皮膚炎(?)が冬の間も完治せず、なんだか哀れな雰囲気。そろそろ暖かくなるし、これからの季節が心配だ。

  それはそれとして、ィ夜になると帰ってくるというのが、すっかり人間の暮らしに溶け込んだふうではある。ネコって、本来は夜行性なんじゃないかと思わないでもないのだが、クロボウズはクロボウズゆえ夜間の出歩きは危険極まりない(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Bangkok_0954

  こちらは、前にアップしたネコカフェ@バンコクのクロボウズ(別カット)。

Bangkok_0957

  タイもまた「ニャ〜」であることを教えてくれたスタッフ。またタイ訪問時には帰国前のひとィ休みにでも立ち寄ってみようかと思う。

Bangkok_0956

  ウチのクロボウズもこんな恰好をいたします。なかなか写真を撮るチャンスがないけどо(^ヮ^)о

Bangkok_0962

  タイにおけるネコのイメージか?

Bangkok_0766

  こちらはクルンテープ駅をアジトとしているクロボウズ。

Bangkok_0777

  どん行の車窓にネコとおっかさん。

Chiangmai_0515

  チェンマイの某寺院にいた賢そうなネコ。

Chiangmai_0513

  でも、やることは一緒なんですけどね。ちなみに、ちょびはこのガリガリを家のなかではほとんどやらない。せいぜいときおりカーペットをひっかくぐらいで、そのテのそそうをしないのである。一方のクロボウズはまったくのお構いなしでこっちのアタマを抱えさせているのだが。

Chiangmai_0526

  キントラさん。この柄はおひとかただけいたことがある。

Chiangmai_0590

  街なかのネコにありがちな視線であった。

Chiangmai_0602

  で、同じくチェンマイの街角にて……。

Chiangmai_0596

  きゃわゆ♪

Chiangmai_0603

  きゃわゆ〜♪

Chiangmai_0599

  いゃ〜〜ん♪

Chiangmai_0600

  いゃ〜〜んо(^ヮ^)о

Chiangmai_0609

  そいや、チェンマイのネコはみんな首輪をつけていたような気がする。ウチのちょびも拾ってきてからずっと首輪をつけていたのだが、あるときを境にしなくなった。なぜかっていうと、でかくなりすぎちゃって、合うサイズがないからなのだ。それでも、LLだか特大だかみたいなのを買ってみたけれど、それすらアウト。あれには参ったо(^ヮ^)о

Tyobikuro_0406

  それはそれとして、ありがたいことに例年3月までは大忙しの毎日。めずらしくほとんどィ休みなしに仕事に勤しんでいるハズなのに、ふところが寂しいママなのはナゼ(笑)???  ふと気づけば確定申告やらなにやらの締切も迫るし、そろそろ片づけないとねぇ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)