« 謹賀新年2015・・・の巻 | トップページ | 松炭ブルース・・・の巻 »

2015.01.08

オレ的には企画室・・・の巻

Haeujae0006

  本年リポート第1段は、さる12月に訪れた大韓散歩にてスタートо(^ヮ^)о
  とある郊外の街角にイカした壁画発見!

Haeujae0009

  まんまドテンと「肥桶門」……。

Haeujae0011

  内部。色彩がステキ(゜゜;)

Haeujae0015

  やってきたのは「トイレ博物館」。なにしろあらゆる博物館がお出ましになる大韓である。ひょっとしてこんなのもありはしまいかと思い、ネットで「화장실박물관=ファジャンシルパンムルグァン(トイレ博物館)」と検索をかけてみたところ、これがそのままズバリでヒット。そうなれば訪ねないワケにもいかないのが一連の“大韓ケンチャナヨ散歩”だ。そこで、ソウル駅前から水原方面ゆきバスを捉まえてやってきたのでありMASITA。

※ココ요:해우재 화장실박물관

Haeujae0017

  もちろんいたって真面目な施設である。以下、パンフレットからの抜粋。

  トイレ文化展示館である解憂斎は、寺のお手洗いを意味する解憂所という言葉にちなんで、憂いや心配を解く家という意味で名付けられた。故・沈載徳(シム・ジェドク)さんは、世界トイレ協会の設立を記念して世界の人々にトイレの重要性を伝えるため、30年あまり暮らした自宅を便器の形に改築して「解憂斎」と名付けた。
  解憂斎は2007年11月11日に完成し(中略)、展示、体験、教育などの機能を備えたトイレ文化センターおよび世界トイレ体験館を建設し、世界初のトイレテーマパークを完成させる予定だ。(引用ここまで。解憂斎=ヘウジェ)

  という次第で、館内と野外にあれこれ展示物があって楽しい。

Haeujae0025

  済州島名産・黒豚。
「済州島の黒豚はなぜ旨いか?」(抄録)
  と記したのは、桑原史成氏だったと思うが……。

Haeujae0032

  子の心、親知らず?

Haeujae0021

  こういうシャレっ気がイイんだよねо(^ヮ^)о。
  ふと思った。文字どおり黄金のウンコオブジェを道楽でつくってみたいもんだ(実行した御仁は、世界中に500人はいるハズ)。

Haeujae0033

  ドサクサに紛れてホンモノを設えてみたいという衝動が起きないでもない(笑)。

Haeujae0038

  ソウルの定宿で居合わせたオーストラリア人男性にコレをみせたところ、「おおっ、ロダン、ロダン!」と大爆笑で大喜び。相棒の女性に「今日はココにゆく是!」とハリキっていた。

  ところで、ココ「トイレ博物館」の直訳は「化粧室博物館」。トイレを化粧室と言い換えるのは日本と同様である。ホントにあそこで化粧を施している女性がどれだけいるかはとくに男にとっては深遠なナゾではあるけれど、どうも違うような気がするよなァと思わないでもない。どうでもいい話ではあるが、自宅のトイレには雑誌やら書籍やら地図帳やらが山積みになっている(ひところ「ガラスの仮面」が山積みになっていたのは作曲家・デラTの自宅トイレ)。で、ようはそんなのをテキトーに拾い読みしながらあれこれ戦略を練っているのである。大韓散歩のアイデアであるとか、ただいま目論んでいる某国散歩コースなどなど。まぁ、企画の場なワケですよ。ということは、むしろ「企画室」とするのがトイレにふさわしい呼び名なんじゃないかと思うのだがいかがであろうか。

Haeujae0047

  展示館。道路向かいにある建物(文化中心)の屋上からこのトイレ形が俯瞰できるが、工事中につき館内のポスターで雰囲気を。

Haeujae0053

  万国トイレピクトグラム。タイ、カナダ、トルコがお気に入りだが、SMチック(?)なブラジルも楽しい。

Haeujae0060

  子どもはウンコが大好き(中野まり子の便おっと弁を思い浮かべた)。しかし、「企画室」では大きいのばかりじゃなく小さいのもお出ましになる。ところが、クローズアップされているのはでかいほうばかりで、これではションベンの立場がないではないか(笑)。소변차별금지(小便差別禁止)(゜゜;)(゜゜;)(゜゜;)

Haeujae0083

  転用法。

Haeujae0075

  ヘウジェファジャンシルパンムルグァンのみなさん。감사합니다m(__)m

Haeujae0205

  オリジナルグッズの数々。手提げを持って汽車に乗っていたら、乗り合わせた若い女性グループにチェックされた(笑)。

  行き方。ソウル駅前バス乗り場から7900、7800番などで「동원고교・해우재입구(トンウォンコギョ・ヘウジェイック)=東園高校・解憂斎入口」下車、徒歩5分。地下鉄1号線・成均館大駅からマウルバス3-2も利用可(ヘウジェ下車)。
  つづくо(^ヮ^)о

|

« 謹賀新年2015・・・の巻 | トップページ | 松炭ブルース・・・の巻 »

コメント

な、なんというか・・・・、すごい発想ですねcoldsweats01

TOTOやINAXなどトイレメーカーの展示場みたいなのはあるでしょうが、ここまで斬新?なのは大韓だから???
恐るべし、まさにケンチャナヨ!

投稿: T田 | 2015.01.14 17:51

heart02なんとも、愛情の感じられる施設でした。
ちなみに、入場は無料。ソウル駅前からは40分ぐらい。日帰りトリップのオススメ物件ですsun

投稿: 猫池 | 2015.01.14 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68500/60907430

この記事へのトラックバック一覧です: オレ的には企画室・・・の巻:

« 謹賀新年2015・・・の巻 | トップページ | 松炭ブルース・・・の巻 »