2012.12.31

冬はネコの季節...の巻

Momiji6021

 庭のカエデが紅葉したのがついこの前だっていうのに、もう気づいてみれば大晦日。

Mikan0861

 ミカンがなりMASITA。

Uri0856

 冬枯れのなかにふとみつける彩り。

Tanutyo0841

 そんな季節だからこそネコである。

Tyobi0843

 暖かいところをよくわかっていて、自然と集まってくるおふたかた。

Tanutyo0818

 枕がわりにしてるしo(^ヮ^)o

Tanutyo0820

 まっ、みているこっちまでポカポカしてくるではありませんか。

Tanutyo0817

 平和でイイでしょ?
 ところが……。

Tanutyo0822

 最後はなぜか取っ組み合いになったりする。
「なが〜(あっちいけ=나가)!」
「しろ! よぎ ふっくぬっくなに ちょうんごかって(イヤ! ココぬくぬくして気持ちイイんだもん=싫어! 여기 후끈후끈하니 좋은 거 같애)!」(すぐに使える大韓会話DESITA)

Tyobi0873

 で、なんか姿がないなと思うと、ひとの布団にもぐって寝ていたりする。

Tanunbo0867

 ひなたぼっこのシアワセ。

Kagee0870

 という次第で、本年もお世話になりMASITA。来年もよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.11.07

静かに、深まる・・・の巻

Niwa0024

 柿、山椒、ミカン……。

Niwa0027

 気がつけば秋。なんつうか、今年の秋の訪れは、「まだまだ若いゼ!」などと粋がってみせたはいいものの、そのじつしっかりと歳相応の明け暮れ……という人間の悲哀に通ずるものがありましたにゃぁ。

Tuki0004

 空も澄んでるし(「そら」を変換しようとしたら、「昊」という字が出てきた。呉智昊=オジホ──名前が丁寧ですね──の「ホ」は「そら」であったか。どうでもいいが)。

Tanunbotyobi0019

 で、そんなのにカメラを向けていたら、ネコどもが「なにごとか?」とゾロゾロ……。

Tanunbotyobi0018

 たぬんぼは、自室のベッドで寝てばっかりで、写真を撮るのが難しい。

Tyobi0021

 冬が近づけばネコが布団に寄ってくるo(^ヮ^)o

Tyobi0030

 ネコは正直でござる。

Tanunbo0031

 ココはファンヒーターの温風の通り道。

Nekokiraware01

 ところで、宣伝に釣られてこんなのを買った。「ネコごらくの巻」の再現をするのが狙いだったのだけれど、なぜか今回は反応なしもふ。

Nazonomusi0028

 おまけ。壁に残されていたナゾの抜け殻。クモのようだが、巨大な(甲長20ミリ弱)ダニ類のようにもみえる。なんなんでしょうねぇ……?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.08

ネコごらく...の巻

Tyobi0821

 スヤスヤ……。
 前にもちょこっと載せたけれど、「世界ネコ歩き」(NHK)とちょびとの邂逅をあらためてアップの巻。

Tyobi0815

 最初はこんな風情で無関心っていうか寝るのが最優先だったのだ。

Tyobi0819

 無心のトロトロ状態だし。

Tyobi0823

 ところが……。

Goki0822

 そんなちょびを目覚めさせたのがコイツなのだった。テレビの音よりもかすかなゴキ音に反応するってのは、ああみえてもやはりケモノである。そしたら……。

Tyobi0824

「おっ!?」ってワケですよo(^ヮ^)o

Tyobi0839_2

 たまらず画面に駆け寄って。

Tyobi0842

 もう夢中!

Tyobi0844

「あまり近づくと目を悪くするよ」なんていってもわからんだろうねぇ。

Tyobi0831

 まっ、これはこれで真剣なようだ。

Tyobi0834

 これだけ熱心に見入ってくれれば、つくったほうだってシアワセなのに違いない。

Tyobi0832

 なんつうか、ドラマなんぞをみてつい入り込んじゃうようなものですかね。

Tyobi0837

 なんか興奮してるし。

Tanunbo0854

 で、画面のなかでネコが「わーわー」にらみ合ってるシーンがあったんですよ。そしたらちょびも一緒に「わーわー」仲間入りしたのだが、その騒ぎを聞きつけてたぬんぼ参上(>_<)!

Tyobi0812

 とある平和なひとときでごぢいMASITA。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.09

あっ! おりんぴっく...の巻

Gunsan0388

 前回のつづき@群山。京岩洞・ペーパーコリア線跡散歩のオチに「あっ! タイヤ」。油断できんとはこのことだが、どうせならこんなんじゃなくてハンイェスルにでも歩いていてほしかった……よなぁ。
 まっ、それはそれとして、今回はちょっとイカレた物件が登場なのだo(^ヮ^)o 

Daegu0509

 しゅぽと同様、バスの車窓ってのはコイツと遭遇する恰好のチャンス。コレ、陜川から高霊経由で大邱に向かう途中の邂逅。半分ウトウトしながらの道中だったのに、ふと目が醒めたと思ったら自然と手がカメラのスイッチを入れたのだ。で、そのまま窓の外に目をやるといきなりの「あっ! タイヤ」。この神業的タイミングを目撃していたのは隣でウトウトしていた盟友Sであった。が〜。こういう無意識の覚醒というのは案外あるものなのである。

Andong0601

 ところで。居間でテレビをみているとちょびがテーブルでおねんねってのはよくある話。つい先日もそんな案配で、そのときはNHKBSプレミアムだったのだが、ちょうど「世界ネコ歩き」のィ予告がはじまったんです。ぁあ、コレは安東ね。

Andong0664

 コレも安東。
 すると、だらぁんと寝そべっていたウチの子ちゃんがテレビのなかの「にゃぁ」に反応。「ん?」ってなふうに起き上がってテレビ画面を凝視するんですヨ。

Chungju0339

 そしたら画面にはつぎからつぎへのネコ参上(>_<)! こっちはこっちで「あらま、きゃわゆい♪」とかウレシがってるんだけど、ちょびはひたすら怪訝な表情。

Keonbseon0573

 そのうち「にゃっ、にゃっ……」と画面に向かってなにやら主張(?)。

Ktx0020

「ウチの子ちゃんよ、そりゃテレビだよ」
 とたしなめたところで理解するワケでもなし……。「ふぁんこ(ファンタスティックカップル)」のプリンセスだと声にも画面にもまったく反応しないんですがねぇ。

Yoeheon0068

 そんなことで放映当日o(^ヮ^)o

Tyobi0826

 あまりにイイ味わいだったので、そのうちあらためてアップするかもしれないけれど、とりあえずこんなかんじ。

Hongseong0490

 前半はず〜っと寝てたんですよ。テーブルのうえにのってグ〜グ〜って。ところが、とあるモノの羽音で目を醒まし、そんなタイミングでテレビのなかで「にゃぁ♪」。

Seoul0721

 番組が終わってスイッチが切られたテレビのあたりを、いつまでもウロウロしてMASITAにゃぁ……。ちょっと気にしているふうだったので、翌日からは録画をちょびがいない隙にみるハメになったのでした。

Haeundae0166

 閑話休題。そんなこんなで、ふとした拍子に「あっ! タイヤ」ってのはよくあること。たとえば海雲台駅を降りて駅前通りを眺めてみたら、ちょっとした彼方に「あっ! タイヤ」。黄色くて目立つからイイんだよね。が〜。

Suwon0529

 こういう偶然のなせる技もあり。水原華城を歩いていて、なんとなく撮った1カット。自宅で整理しながらチェックしてみると、ブツが鎮座してるんだもんなァ。

Boryeong0642

 遠景ということでは、先日の保寧のブツなんかもそのひとつ。お花の向こうに「あっ! タイヤ」。で、このあと汽車の時間になったのでそのまま駅に戻ったのだが、いきなり視界に飛び込んできたのが問題のブツというか今回の主役。

Boryeong0643

「あっ!」ならぬ「わ! タイヤ」。

Ikusan0252

 オマケ@益山。コイツを撮っていたら、女学生が「なに撮ってるんだろ?」みたいな顔をして通り過ぎてゆきMASITA。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.16

毎年恒例? 土用サスペンス2012...の巻

Tyobi0746

 ある夕方……。こういうたたずまいのときってのは、案外ロクなものでないことがしばしば。

Tyobi0748

 すぐさまカメラを持って近づいてみたのだが。

Tyobi0752

 真剣。

Tyobi0753

 凛々しいでしょ?

Tyobi0747

 でも、なぜかこんなクマったような顔をする。「(コンヒョジンの)困った顔がたまらん」というのは盟友Sだが。

Tyobi0749

 まっ、予想以上でも以下でもなしもふ。以前のと同じ種類のようだ。クリック注意(笑)。

Hebi0754

 苦手なひとにはアレだろうけど、大人しくて邪気のないヤツであった。

Tyobi0755

 それにしても。ホントに好きだよねぇ……。

Tyobi0765

 もとより、ふだんはこんな案配。

Tyobi0768

 人見知りは激しいしすこぶる臆病なのに。

Tyobi0780

 そんなものといえばいえるのであろう。

Torigundan0776

 ある日、いきなりトリ軍団。気づかずに物置で昼寝していた模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.28

待つ...の巻

Bon0741

 6月24日3時30分……。

Bon0757

 ぼん逝去。

Bon0759

 口内炎発症から3年近く。すっかり痩せてしまっていたが、このところ食欲が旺盛で、これまでそんなことをまったくやらなかったのにパンやら茹でトウモロコシを失敬したり。それどころかパウル(巨大クモ)に襲いかかって平らげてしまうぐらい元気だったのに、事態は極めて急速だった。

Bon0761

 23日午後。突然のように足腰が立たなくなってしまったのだ。そして慟哭に満ちた(ように聞こえた)声をあげる。夜はもっともかわいがっていたオフクロのベッドに自ら登り(ときおり寝床にしていたようだが、ここ1〜2週間はやってこなかったらしい)、その深夜に息を引き取った。
 死際に姿を消すというのはネコにまつわる言い伝えのひとつで、モノゴコロつくころからず〜っとネコと暮らしてきて十分に実感させられている。さくらのケースでも、かなり弱っていたなかで最期をみとることはかなわなかった。が、もちろん例外はあるのであり、こうして看取ることもあるのである。

Bon0777

 ぼんがやってきたのは、いまの家に引っ越して間もなくのこと。新築した家の物置に、いつの間にか居着いていたのである。すでに青年といっていい感じの成猫だったが、どこから来たのかもわからないまま、自然とわが家の一員となったのだった。こうしておとなになってからというケースはゼロではないが、ちょっと不思議な出会いだったといえるだろう。
 アタマのいいネコだったが、外で落とした自分の首輪を翌日になってくわえて持ち帰ってきたのには心底驚いた。つけなおしてくれというのである。こういうのはほかに遭遇したことがない。したがって、埋葬のさいに首輪をどうするかかなり迷った。つけたままにすべきか、それとも“形見”にしようか。個人的には心情的仏教徒を自認していて、ココロのなかで輪廻転生を信じていたりする。そこで、帰ってくるときのためにあえて外すことにした。

Bon0778

 ちょびがわが家に来たときに面倒をみてあげていたのも驚いたことのひとつ。メスの場合には、“他人”であろうと受け入れる(成猫の相手をするケースもある)ことはママあるが、ぼんはオスである。それが、いじめることも一切なく、いい遊び相手になっていたのだ。オヤからもはぐれていたちょびにとってはシアワセだったのではないだろうか。
 で、ぼんがあるとき部屋にいたオレを呼びにきた。腹でも減ったのかなと思ってついてゆくと、エサ場ではなく庭についてこいという。ひとの顔をみながら先導してゆくのだ。すると、物置の前に立ち止まり、またひとの顔を窺う。みれば、ガラス戸ごしにちょびの姿が。ウッカリ閉じ込められてしまっていたようなのだ。それを教えにきたのにも驚かされたが、似たケースは知人の家でもあったらしい。呼ぶといえば、熟睡中(?)でも名前(あくまで自分の名前だけ)を呼ぶと、「にゃぁ」と返事をする律儀なところもあったにゃぁ……。

Bontyobi0762

 そうした面倒見のよさは、ある種リーダーシップとして発揮されることもあった。
 あるとき、庭によその子ネコが迷い込んできてちょっとした騒ぎになった。もっとも騒いだのはちょびで、わーわーと威嚇。ぼんも曰くありげな顔つきで子ネコに迫ってゆく。3匹の位置関係は△状。半ば取り囲まれてしまったような子ネコだが、そこにベージュがいそいそとやってきた。ベージュは、やはり物置に住み着いていて、いちおうエサをあげていたわが家の半住人。病気が疑われたことなどから物置専門だったネコだ。すると、寄ってくるベージュのところにぼんが歩いていって、「おまえはいいから」と諭すような態度をとったのである。「わかったよ」とばかりに素直に寝床に戻るベージュ。あれは不思議な光景であった。ちょびはわーわーやってるだけだったけど。

Tyobi0745

 家族がいなくなったことは、ネコもわかるのだろうか? 子ネコを失って気がふれたようになってしまったネコはかつていたが……。

Tanunbo0784

 自分のベッドで寝てばかりのたぬんぼだが、27日の夜はぼんがよく寝転がっていた玄関のあたりをしばらくウロウロしていた。

Bon0783

 また帰っておいで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.05.23

王家の散歩・・・の巻

Aikan45

「愛してるっ!! 韓国ドラマVol.45」が発売中。今号では、連載「韓国歴史紀行」第2回「昌慶宮」のほか、「韓流OST魅力の秘密」の2本を寄稿しました。OST(オリジナルサウンドトラック)記事では、本ブログでお馴染みの(?)盟友“でらT”こと斎藤恒芳(作曲家)にも登場してもらいつつ韓流劇伴の魅力と楽しみ方に迫ってみました。もちろん、最新ドラマ&役者情報も満載! 引続きましてのご愛読のほど、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

Ring

 日食甘食ショック療法。

Tyobi1036

 同時刻のちょび。マイスタンダードな生き方でございます。

Tyobi0978

 ちょびのマイブーム。ネコは寝床さがしの天才なのだ。

Niwa0979

 わが家の庭は、いちおう芝生を施してあったりするのだが、雑草に対する薬剤などによる防除は一切していないため、小さな花がいろとりどり。

Niwa0981

 虫の憩いどころにもなっているので、放置しておいたのだが、さすがにいくらか整理せざるをえなかった。

Niwa0982

 しかし、ふつうに虫が飛び交ってるってのも悪くない。

Niwa0987

 花もいろんなのがあるんですよ。

Tyobi0983

 ちょびにとって格好の散歩場でもある。

Tyobi0984

 ソウルの秘苑(庭園)はかつて王族の散策路でもあり、地形や植生などに大きな改変を施さずに造園されたというが、ちょびにとってはこの庭(園はつかないが)こそが秘苑といったところでござろう。
「日本人のお客さんも増えて、“ちょな〜(王様〜)”なんて言うひともいるんですよ」
 という話を秘苑で聞いたが、自分んとこのネコやイヌを王だの世子(セジャ)だのと呼んでる飼い主もいるのではあるまじろ?

Tyobi0986

 なにをやってるかといえば、虫をとったりとかそんなのなのだが。

Tyobi0985

 まっ、ネコにとってはいい庭なんだろうねぇ……。

Kizi0959

 キジ夫婦もいるでよ。こうしてみると、保護色の女房をより目立たせなくするために亭主が派手に装ってるのかなという気もする。それにしてもでかい。喰いでがありそうだ。

Bon0994

 ぼんの寝床は相変わらずこんなとこ。

Bon0993

 口内炎や歳のせいもあって痩せてしまったけれど、食生活は王家気取りの毎日。マグロアジサバイカカニカマetc.ときおりネコカン&カリカリ。そりゃいいとして、翌日にはもう飽きちゃって喰わないのはどうしたワケか……。史上最強のバカネコといいたいところだが、落とした首輪を翌日になってくわえて持って帰ってきたり、ネコ離れした行動もしばしば。ちょびはごくフツーのネコ(ただし大きさ以外)なんですがねぇ。
 関係ないけど、明日から大韓散歩でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.11

寝床...の巻

Leesoomi0297

 前々回と同じいすみ鉄道。

Leesoomi0309

 あれから2週がすぎて桜が咲きMASITA。
 で、じつはただいま大韓散歩中o(^ヮ^)o 明日(12日)は桜スポットに突撃しているハズでございます。昨年はドンピシャだったけれど、今年はいかに???

Bon0539

 そんな春。

Bon0544

 ぼんの寝床。

Bon0593

 小屋。

Bon0588

 就寝中。

Bon0590

 起こしちゃってゴメスの浮気。

Semi5662

 ナゾめいたセミの抜け殻。昨年の落とし物か、はたまた気の早いヤツの仕業か……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.04.05

庭でポカポカ...の巻

Tyobi5622

 庭にツクシ。

Tyobi5618

 ゴロゴロ……。

Tyobi0601

 まっ、ネコもうれしいんだろうねぇ。春がきてさ。

Niwa0594

 ここ数日の大風でせっかくのウメもすっかり散ってしまった。ニュースなどでは「台風並み」がどうのとたとえられていたけれど、もとより御大、おっと温帯低気圧だって発達するときはするのであり、大風や大雨はなにも台風の専売特許というワケではないよねぇ……。もとより、先日のが超ド級であったことは間違いないのだが、その後(たとえば今日)の大風の様子は、例年なら2月末から3月にかけて現われる気候のように思わないでもない。それが遅れたぶん南側の大気がより暖められていることから件の発達となったのではないだろうか。地球というのは面白いものだ。

Niwa0602

 ということでウメのような“スター”はかくのごとしだけれど、よくよくみれば小さな花ざかり。

Niwa0603

 ささやかな彩りもまたよろしo(^ヮ^)o

Niwa0606

 スイセンなんかも植えてある。

Niwa0611

 えーと、コレはなんでしたっけ?

Niwa0609

 アジサイ。

Niwa0612

 ボタンも準備中。

Tyobi0596

 てなジジ臭い写真を撮っていると、かならずやってくるのがちょびでございます。

Tyobi5623

 以上、わが家のポカポカ模様でございMASITA。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.23

扉を開ける...の巻

Hukujusou0781

 庭の福寿草が咲きMASITAo(^ヮ^)o

Hukujusou0783

 ささやかだけど、コレが顔を出すととてもホっとする。梅あたりはまだツボミにもなっていないけど。

3iki0005

 が〜。まだまだ冬仕様である。ココ、石油ファンヒーターの温風の通り道なんですよ。

Tyobi0035

 ソファでシアワセ気分?

Tyobi0036

 シッポのたたずまいがオシャレなんだよネ。で……。

Tyobi0050

 ネコ小屋。

Tyobi0052

 入れ物と大きさが変わらないヒト。

Tyobi0051

 まさか入れるとは思わなかったが、いちおう入ってみた模様。とっさのことでカメラを持ってくる間もなかったので携帯電話でパチリ。

Thedoor

 SFの名作『夏への扉』(ロバートAハインライン)には、ヒトは一生のうちどれだけネコのために扉を開けてやるのかみたいなくだりがあるんだが、ちょびもまた例外にあらず。もとい、開けるのは自分で開けるんですよ。勝手しったるわが家の風情で。しかし困るのが暖房を入れている部屋の扉を開けっ放しにして散歩に出かけちゃうこと。それも、ひとが風呂に入って部屋を空けているスキに出ていってしまうのだ(すぐに帰ってくるけど)。いつもながらに開けっ放しはやめてくれと思うのだが、「開けっ放しはバカネコだけど、閉めていったら化けネコだよ」とはデラTの弁(ライブラリのブツが行方不明なので、表紙画像はKより拝借。コレ、さりげにウチの子ちゃん柄。だからどうしたって話ではあるが)。

Tyobi0006

 そりゃそれとしても、まだ「夏」どころじゃありませんネ。気持ちよさそうにしてるけど。

Yeseul4435b

 ついしん。
 明日よりこのヒトの国に突撃(いつものことだが・笑)。コレ、どこのだれべぇかわからないうちにSが慶州だかどこだかで撮ったらしい(イイ歳してなに撮ってんだか……ととりあえず突っ込んでおきましょうネ)。こっちに「どこが清純派なんだ」だのなんぞとさんざん悪態をついといて(あっ、そりゃSじゃなくてデラTか)、こんなのを撮ったってことは「あっ、キレイなヒト」ぐらいに思ったってこったろうねぇ……?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧