« 妙なものを・・・の巻 | トップページ | 時刻表...の巻 »

2005.02.18

ブラックバスシンポジウム・・・の巻


 3月12日、合同シンポジウム「子孫に残そう日本の自然を! 〜つくろう、ブラックバス駆除ネットワーク」(主催:立教大学ウエルネス研究所/共催:自由民主党自然との共生会議・全国内水面漁業協同組合連合会・生物多様性研究会)が開催されます。

 ご存知の方も多いとは思いますが、きたる6月に「特定外来生物法」が施行されます。この法律は、日本本来の生物に対して、その生存などに悪影響を及ぼすとされる外来生物の販売や所持、移動などを規制する目的で制定されました。規制を受ける生き物は多種にわたりますが、とりわけブラックバス(オオクチバス・コクチバス)はフナやモツゴなどの魚をはじめとする在来の生き物食い荒らすことから、なんらかの手立ての必要性が長く議論されてきたものです。

 今回は、この法律施行を前に、規制種としてブラックバスが間違いなく指定されることと、指定後に行なわれる駆除などについて意見をまとめていくものです。基調講演を小池百合子環境大臣、開会にむけての挨拶を鳩山邦夫衆議院議員が行ないます。また、現場で活躍している市民団体やNPO法人などからの代表も多数主演予定です。みなさまのご参加をお待ちしております。


 ■ご案内はこちらからご覧ください。


|

« 妙なものを・・・の巻 | トップページ | 時刻表...の巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68500/2977255

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックバスシンポジウム・・・の巻:

« 妙なものを・・・の巻 | トップページ | 時刻表...の巻 »